2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年11月 6日 (月)

秋の低山歩き

連休の最終日、とてもいいお天気そうだったので、秋の山に行くことにしました。
といっても、すでに超早起きする気力はないし、連休最終日の渋滞に巻き込まれたく
ないので、電車で行かれるところ、という条件です。
 小田急線で本厚木まで行って、そこから北上するバスに乗ると、宮ケ瀬ダムと湖の
方に出ます。今回はその東側にある、3つの低山、高取山、仏果山、経ケ岳をぐ
るーっと縦走し、また、違う路線だけど、バスで本厚木に戻ってくるルートにしまし
た。3つとも800mもない低山ですけど、3つ登ったり、下ったり、それなりに
山っぽい景色と、季節の紅葉と、相模湾までバババーンと見える眺望が楽しい山歩き
でした。
 この高さの山は、暑い時期は虫が多いし、丹沢はヒルもいるしで、この季節がとて
も快適です。紅葉もちょうど見ごろで(といっても、神奈川県中部、常緑樹も多いで
す)、日差しもあったかくていい気持ち。小田急線も、快速急行っていうのがなにせ
早くて、バスの時間と合わせていけば、とても快適です。
 あたし、高い山を目指す気持ちは全然なくって(そのわりには、今年は赤岳とか北
岳とか、主峰を登ってきたけど)、こんな低い山でも、とってもきれいだし、気分は
いいし、満足です。
 といっても3山登ったら、全行程で850m登って、1085m下って、歩行距離
9.8キロとなっていたので、そこそこ歩いて気分よく電車でスムーズに帰宅。気持
ちのよい秋の低山歩きでした。これからは、日も短くなるので、遠くの山、高い山は
行きにくくなります。その分、葉っぱが落ちちゃった陽だまりはあったかいので低い
山も楽しいです。
 このところ、年齢的なものも多いのか、お友達で山歩きする人がボチボチいます。
そういう年齢なのかな。普段の筋トレをしながら、長くマイペースで山を楽しみたい
です。
1509926721029.jpg

2017年10月 2日 (月)

大岳山1266m

秋の気持ちのいい休日、山歩きに行こうとお友達を誘いました。今週は、泊りの出張もあってお疲れ気味だからたいへんすぎないところねえ、なんていって奥多摩の方に電車で行くことにしました。御嶽駅までホリデー快速にのっていき、御嶽駅からバスでケーブル乗り場まで。ケーブルカーに並んでいる人を横目に、ケーブルカーの代金を倹約しちゃって山を登りました。ここが急!御嶽神社にお参りして、奥の院(なんだか瞑想している団体とかいて不思議だった)を通って、鍋割山(この名前の山、他にもあるよな)→大岳山1266mです。御嶽まであーんなに人がいっぱいいたのに、どこへ行ってしまったの?というくらい道中が静かで山らしい山でした。高さはたいしたことないんですけど 、岩登りあり、山道ありで、十分楽しめる山です。ここから、奥多摩駅まで、鋸山を通り、鋸尾根を降りていくんですが、下りが長い!コースタイムで3時間、えー?1200mの山なのに?結構な岩を登ったり下りたりを繰り返し、山気分満載です。奥多摩駅について、歩行距離16キロ、高低差1300mと十分な山歩きでした。あれ?あたし、軽い低山歩きに来たんじゃなかったっけ??

 写真は大岳山からの眺望、うっすら富士山が見えます。そういえば、このルートの後半、御前山に行ったとき(奥多摩湖から登った)の戻りのルートでした。駅近くの愛宕神社で思い出しました。大岳山、近くって電車のアプローチもよくって(奥多摩駅からも往復できます)、山気分も十分ないい山でした。Mちゃん、ありがとうございます。お疲れ様でした。(Mちゃんのスマホのアプリで、本日の歩行は320階分登った、と言われたそうです。320階!登りませんね、すごい!)


1506864244906.jpg

2017年9月27日 (水)

惚れちゃったお皿

あたし、山旅に行っていると、基本的にお金をあんまり使いません。朝ごはんをホ
テルか山小屋で食べて、歩いているか自転車に乗っているか。せいぜいが、山小屋で
お昼を食べるか、場合によっては、お昼食べるところがないので、朝サンドイッチを
買っていくか、そんなくらいです。日本みたいにあちこちにコンビニも、自動販売機
もないからねえ。せいぜい、レンタル自転車くらい?あとは飛行機代(高い)と、ホ
テル代や山小屋代があれば終わり。ホテルや山小屋にも、自動販売機とかないからね
え。コンビニも12日間、一度も見なかったなあ。街に降りたら、もちろんお店はあ
るけど、しまるのが早くって、たいがい開いてないし、土日はもっとやる気がないか
ら、買い物ってしないんですよね。せいぜいがスパイスくらいしか買ってこないのが
山旅。ところが今回、ちょっとした古道具屋さんの店先で、お皿にひっかかってしま
いました。あー、お皿!あたし、自分ちにももちろんいっぱいあるし、別宅にもいっ
ぱいあるし、所有者がゼロになった義父宅にもいっぱいお皿があるので、これ以上必
要性はゼロなんですよ。でも、旅先で、ちょっと出会うとたくさんじゃなくっていい
から、1枚でいいから、旅の気持ちとともに欲しくなっちゃうんですよね。やばいな
あー!2日ほど考えたけど、えいっ!って買ってきて、機内持ち込みで運んできたの
がこのお皿。今回の山旅の思い出です。

*3回目のドロミテの旅なので、イタリア自体には、そんなに驚かないんです。イタ
リア人がいっぱい甘いものを食べることも、ご飯がどこでもおいしいのも、山が岩だ
らけなのも、すでに経験済。でも、山は一つ一つ、すごく不思議で綺麗で面白いで
す。あと、10年くらい山歩きができるかな、の年齢なのですが、足腰鍛えて、また山
旅に行きたいです。おっと、そのために稼ぐのも忘れないようにしなきゃ。
1505912097232.jpg

2017年9月25日 (月)

キノコ狩り

コルティナ・ダンベッツォに3泊したのですが、ある日、朝から雨が降っていたの
で、お寝坊してしまい、ホテルの朝食時間ギリギリにあわてて朝ごはんを食べまし
た。
 イタリア人は、朝ごはんにともかく甘いものを食べるのです。カプチーノにケー
キ、みたいな感じです。イタリアの人が、日本に旅行にきて、和風旅館の朝食がなに
せ、塩っ辛くって(つまりしょうゆ味とか和食なので)食べられないんだそうです。
朝から、塩気は食べられない!!というのが彼らの主張で、朝からこーんなケー
キ!?って思うのがあたしたちですが、普通のクロワッサンかと思うと、クリームが
入っていたり、パンには砂糖がまぶしてあったり、ともかく甘いもの!!それにせい
ぜい、チーズとハム。朝ご飯はあんまり手をかけないで、甘いものと甘いコーヒーだ
そうです。エスプレッソも、10時が3時や夜や、朝ごはんの他にはしょっちゅう飲
むんですけど、朝ごはんには、カプチーノなんです。いや、朝から、ケーキ類が
たーーぷり!
 というわけで、ともかくあわてて朝ごはんを食べて、この日は山登りは無理そうな
ので、川のそばのウオーキングルートに出かけることにしました。歩いているうちに
雨もあがってきて、あまりにも周り中の木々がきらきら綺麗なので、どんどん山の中
に入っていって、easywalkingのつもりが、どんどん山歩きになっちゃったんですけ
ど。

 森の中を歩いていたら、足のあんまりよくなさそうなおばあさんが、杖を突きなが
ら、森の中にいました。手には、ズタ袋みたいのを持っています。なんだろう?と
思ってみてたんですけど(ほとんど人なんかいないところです)、すこーしずつ動い
ているんですね???で、ボンジョルノ!って話しかけてみたんです。まあ、共通言
語は、それだけなんですがね(涙)。そしたら、雨あがりなので、彼女は、季節のキ
ノコ狩りに来てたんですよ。この季節、日本名でアンズ茸っていう、オレンジのエノ
キのでっかいみたいのが雨あがりだといっぱい採れるんですって。で、洗って干して
瓶詰にするんですって。足腰がわるそうで、杖みたいのついているのに(で見た目、
体もまがっている感じなんだけど)、ゆーっくりキノコを採っているんです。で、あ
たし、これですか?あれ?こっちも!?あっちも?と言っているうちに、だんだんキ
ノコが見えてきて、キノコ狩りしてしまいました。たのしーー!!もちろん、ホテル
であと1泊したら、帰国するので持って帰ったり料理したりできるわけじゃないんで
すけど、こういうのの採取っていうだけで、そのおばあさんと、これこれ、こっちに
いっぱい!なんていいながらキノコを採るのが楽しくって、彼女の袋いっぱいになる
まで、せせっせとキノコ狩り。共通言語がないはずなんだけど、なんだか楽しくキノ
コ狩りしてしまいました。こういうの大好き!おばあちゃん、今ごろ、瓶詰作ってい
るかな、と思うとなんだかニヤニヤ。
 このアンズ茸っていうのは、料理にも使われていて(季節なんだろうね)、なかな
かおいしいです。日本では、あんまり見ないけどねえ。
1505911953697.jpg

2017年9月24日 (日)

コルティナダンベッツォ


 コルティナダンベッツオというのは、冬季五輪もやったことがある有名なスキーリ
ゾートです。ほら、白馬に白馬コルティナっていうスキー場がありますよね。あれ
は、このコルティナです。で、周り中がドロミテの山です。街の中からも山ばっかり
見えます。北イタリアの東の方で、もうちょっといくとオーストリアっていうところ
です。このコルティナと、ドッピアーコと、オーストリーのリエンツというところを
結ぶラインを自転車で走りました。その後、コルティナで自転車を降りて、山歩きを
楽しんだのですが、有名なリゾート地であることがよーくわかる、四方を特徴ある岩
山に囲まれて、川が町の中を流れている、小さな、綺麗な町でした。もちろん、主要
産業は観光業ですから、ホテルとレストランがあるだけで(それもたいした規模じゃ
なくって)、町も中心部は小さくって、初日の最初の2時間でメインストリートはも
う5回も通っちゃったよ、というくらいの街です。周りの岩山は、どどどーんとでか
くって、大きくって、四方それぞれ趣きが違って、とてもきれいです。小さな、かわ
い町の真ん中に教会があって、インフォメーションセンターがあって、昔は鉄道が
あったの、鉄道の駅舎がそのままバスセンターになっていて、周辺にすこーしホテル
とレストランがあって、冬がオンシーズンなので、今はなーんとなく、閑散としてい
て、山ばっかりどどどーんと見える、そんな町です。かわいく、きれいな、イタリア
の北東のリゾート地でした。
 こんな山がどこからでも見えます。
1505911884265.jpg

2017年9月23日 (土)

今年も自転車旅行

2泊3日ご一緒したガイドさんと縦走を下りた街で分かれて、これからはずーっと
自分たちで行動します。まずはドッピアーコからコルチナ・ダンベッツォ、そして、
オーストリアのリエンツという街の周辺で3日間、自転車に乗る予定です。去年、自
転車縦走した時、なにせお尻が痛くてたまらないとブログに書いたら(あおむけで寝
られなかった)、お友達が昔履いていたという自転車用のハーフパンツをくださった
ので、今回は下にそれを履いて乗りました。まあ、多少の効果はあったけど、やっぱ
りお尻は痛かったです。オットは全然痛くないらしいので、座り方の問題なのか、お
尻の形やお肉の問題なのか、わかりませんが、あたしはお尻が結構痛いです。
 南チロル地域は、自転車道(自転車と歩行者だけの専用道路)がとても整備されて
いて、車道とは別にサイクリングやウオーキングを楽しむことができます。車道と隣
接しているところもあるし、かなり離れているところもあります。今回は、以前、自
転車で走ったところより、東側の部分を自転車で走ったのですが、牧場地域で綺麗に
山が見えるところあり、渓谷のそばあり、山のほとんどギリギリのキワの部分あり、
とても変化にとんだサイクリングでした。そして、イタリアからオーストリアにまだ
がっているので、自転車で国境を越えて、オーストリアの街にも入りました。国境
たって、日本の県境よりロクに何も表示がなく、探してやっと、ここかあ、ってわか
るくらい。あたし以外の誰も気にしていませんでした。滝があったり、牛が寝ていた
り、山がせまってきたり、橋があったり、まがったトンネルがあったり(もちろん車
道とは別のトンネルです)、変化にとんだサイクリング。これも、ドロミテの楽しみ
です。
1505911820311.jpg

2017年9月22日 (金)

今回の縦走

北イタリアの山の拠点に行くには、かなり時間がかかります。羽田からパリのシャ
ルルドゴール空港まで11時間くらい。乗り換えに2時間弱。そこからヴェネチアま
で飛行機にのって、やっと地上に降ります。荷物が出てくるのを待って、駅まで行っ
て、そこから列車に3時間以上。やっと山の拠点の街につくと、すでに午後。いい加
減疲れています。翌日から山歩きですから、シャワー浴びて何か食べて寝たい気分で
す。ふーー!イタリアの山は遠いですわ。
 翌日は、オットと2人で日帰りで山歩き。バスを2本のりついで、ロープウエイに
のって、そこから2500mくらいの山までの日帰りハイキング。街でサンドイット
を買ってもっていって、ものすごい景色を眺めながらのランチタイム。すごい山容で
した。
そして、その翌日(つまり3日目)から、トランクを預けて、ガイドさんと一緒に縦
走にでかけました。縦走の日は、朝ご飯をがっつり食べます。今年は2泊したボル
ツァーノのホテルチッタというホテルの朝ごはんは、フルーツやチーズが豊富で本当
においしいので、朝からがっつり食べてでかけます。
 今年の縦走山旅は、まず、岩山の上にロープウエイであがり、そこからう岩山をぐ
るーっと一周まわって。反対側からすばらしい景色を堪能して、山小屋まで少し降り
てくる、というコースでした。こーんなところにある山小屋なのに、あったかいシャ
ワーが出て(トイレとシャワーは共同だけど)、寝室も暖房がきいていて、お食事も
ものすごくおいしいのです。食堂には、ワイファイもあるし、ほーんとすてき。で、
眺望も立地もものすごい山の中なんです。こんな世界のこんな場所にいることが不思
議に思えるくらいの山小屋にとまっての縦走山歩き。すばらしい景色です。
1505911722491.jpg

2017年9月21日 (木)

三回目のドロミテの旅

9月7日、仕事を終えて後、羽田からパリ経由で、3度目のドロミテの旅に行って
きました。今回は、ドロミテの東側を中心に歩きたいということで、パリで乗り換え
て、ベネチア経由です。ベネチアは、大観光都市で、ここに寄ったらドロミテはどっ
かに行っちゃうので、残念ながら素通りで、ドロミテに入り、ドッピアーコ、コル
ティナダンベッツオあたりを中心に過ごしておりました。
 8月に出かけた去年より、ほぼ1か月遅い夏休みになったので、もう全体、すっか
り秋になっていて、また今年は例年より秋が早いとかで、念のために持っていったは
ずのウルトラダウン(ユニクロ)をずーっと着ていました。一回は。平地でも雪が
降ったし(さむっ!)、山の上は雪があって(そこまでは登らないこともあったけ
ど)、すっかり秋景色でした。温度も低めで歩きやすく、過ごしやすいヨーロッパの
秋を堪能してきました。今回は、山小屋泊まりの縦走(2泊3日)を一回、自転車旅
行2泊3日を1回、あとは町の小さなホテルにとまって日帰りの山歩きっていう旅で
した。すばらしいドロミテの山を堪能し、歩いてきた旅でした。あー、信じられない
ほどきれいな山と町でした。そんな旅のことを、少しだけ書きます。
1505911645195.jpg

2017年9月20日 (水)

とりあえず帰っております

ただいまー!とりあえず、イタリア(そして、オーストリアにも、ちょっと入りま
した)の山旅からパリ経由で戻っております。あーあーあー!夏休みがおわっちまっ
たよ!
 というわけで、時差ボケで、ぼーっとしておりますが、すぐ仕事が始まり、あっと
いう間に日常が戻っております。
 また、元気で、旅ができるように働きます!
1505803313351.jpg

2017年9月19日 (火)

ただいまーのはずが、パリで足止め中

 ただいまー!といってる予定でしたが、ベネチアからパリ乗り継ぎで羽田にかえるはず日。ベネチアからの便がメチャクチャ遅れてーさんざん、前の便にのせてくれと交渉したのに、ノープロブレム、飛行機は待ってくれるといったくせにーパリ発の便は、もちろん待ってくれず、予定にないパリ滞在になってしまいました。まだ、帰国できておりませーん。

とりあえず、パリのホテルの、クロワッサンはおいしかった!

なーんていってる場合じゃないのだ!Img_20170918_155926


より以前の記事一覧