2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年7月22日 (土)

マダムフローレンス

音痴じゃない人が、音痴に歌うって難しいんだろうなあ、って思います。それをみ
ごとにやって、醜悪じゃなくって、なんだかかわいく思えちゃうところが、すごいメ
リルストリープ。あの、気弱なたれ目男のヒューグランドが、彼女を愛する旦那さん
を演じています。
最初は、なんだ?このおばさん(でっぷりふとったおばさん)、お金にものを言わせ
て、めちゃくちゃヘタな歌を聴かせるわけ?で批判されないように手回しするオッ
トって??って思ったんだけど、だんだん、彼女のものすごく純粋にかわいいところ
が、憎めないように思えてきて、ついに憎めないどころか、すばらしいことのように
思えてくるの。歌ってうまさじゃないのかも、音楽って、思う気持ちなのかも、ま
あ、めちゃくちゃヘタすぎて聞くのが苦痛かもしれないけど、その苦痛の向こうに、
なんだかすごい音楽愛がある気がしてくるところがすごい。はあ??って始まった映
画が、なんだか拍手したくなる。そして、何より、これが実話だということ。つまり
人って、ごくごく限られた人じゃなくって、大衆って、すごい許容範囲と、鋭い愛を
感じる気持ちを持っているんじゃないかということ、すごいなあ。
1500473032291.jpg

2017年7月14日 (金)

すれ違いのダイヤリー

タイの映画です。タイの小学校の先生、2人が主人公。なので、あれこれ字を書く
けど、タイ語って、ほーんと不思議な文字で、字をくるくる書いているだけでおもし
ろい。たぶん、ひらがなだって、同じように面白いんだろうけど。
 2人の先生が、時期がずれて、同じ分校、それも水上にある分校(湖の上らし
い)、地面がない、そういう分校の先生になるのだ。生徒は数人。船で島から通って
きて、月~金までは分校で先生と暮らす。週末は家に帰り、先生も都会に戻る。い
やー、びっくりな水上の学校。子どもはかわいいし、お天気がよければ、すごくきれ
いなんだけど、なにせ、校庭はないし、台風なんかきたらたーいへん。生活も全部、
水上。すごいのだ。そういう学校の先生と生徒。そういう先生が、前任の先生の残し
た日記を読む、っていうストーリー。単純だけど、まったくの異文化の中でのあれこ
れ、世界は広い、いろんな場所といろんな生活があるなあ、ってつくづく思う。単純
ながら、楽しめました。

1498055446162.jpg

2017年7月12日 (水)

アダプテーション

 脚本賞とかとってる作品なんだけど、うだつのあがらない脚本家の双子をやってる
ニコラスケイジが、なんだかちっともよくなくって、つまんない。蘭(花の欄)に魅
せられちゃったうさんくさいオジサンと、彼を取材するニューヨーカー誌の記者(こ
れがメリルストリープ)が、蘭とその男にはまっていくところも、全然納得できな
い。なんで、こんなのにはまる??メルリストリープって、ものすごく肌がきれいだ
なあ、なんて余計なことを考えちゃうくらい、感情移入できなくって、奇妙な脚本家
も、気持ち悪い感ばっかりで、あたしには全然だめな映画でした。結構評価が高い映
画らしいけどね。すいません、わかりませんでしたなんだろうね。

1498055378115.jpg

2017年6月16日 (金)

ブリジットジョーンズの日記

あの、大ヒットしたブリジットジョーンズから、16年?17年?ブリジットは、
43歳になりました。まあ、43歳にしては、あんまり太ってないし、かわいい感
じ。相変わらず、テレビ局で働いていて、ドジも踏んでいて、それなのに、同僚とは
結構うまくやっていて、ドジだけど、人気がある感じで、いい人生じゃない?結婚し
てないと不幸って誰が決めたのかしら?友達もいて、同僚ともいい感じで、なんでも
話せて、仕事もあって、何がいけないのかしら?ロンドンで、そこそこいい感じのア
パートに住んでいて、あたし、全然いいと思うけど。スポーツクラブで汗を流して、
ゲイのお友達もいて、いいやない?ステキな人生だと思うけどねえ。でも、お誕生日
を祝われるのはつらいとか、一人でさびしい夜だとか、そんな風な刷り込みがいかん
のじゃないの?何がいけないの?独身だったら、ダメなの??
 ブリジットがフジロックみたいなお祭りイベントにいって、一晩遊んだ男が、なー
んと、出会い系サイトをやってる億マン長者@アメリカ人ということがわかって、ま
た、かつての恋人の弁護士が離婚調停中ということで、そっちともまあ、関係があっ
て、なーんと、43歳のブリジットが妊娠!!というドタバタ映画。あたしだった
ら、絶対に、ノー天気なアメリカ人を選ぶなあ、皮肉やのイギリス弁護士じゃなくっ
て、って思うけど、まあ、イギリス人の考えることはわからないや。この映画、女性
で独身で子どもがないのが、負け犬負け犬っていうスタンス過ぎていやになるけど、
貞操とか言わないところはいい。どうせなら、DNA的にどっちの子どもであろう
と、共同体で育てるくらいに覚悟して欲しかったけどさ。誰が誰と寝ようとも男であ
ろうと女であろうと、どうでもいい、誰の子であろうと、人類の子孫だ、世界の宝
だ!になってほしいなあ。
1496325268203.jpg

2017年6月15日 (木)

湯を沸かすほどの熱い愛

 宮沢りえさんが、お風呂屋さんの奥さんを演じて、そして、余命2-3か月という
ひどい病気がいきなり見つかるっていう設定です。
 そんな余命になるまで、普通に元気に暮らしていられる?っていうのが、おかしい
でしょ。全身に転移してから、見つかるかなあ?とかいう疑問はおいておいて、
 ダメ亭主が、オダギリジョーなんですけど、もうこの人のダメっぷり、で憎めな
いップリはいやになるくらい。あまりにも憎めないオーラを出すので、返って、うん
ざりしちゃう。少しは憎たらしくやってくれよ。憎めないじゃないか、ダメすぎなん
だからさ。で、オダジョーって、妙な色気があるのか好きな人は、めちゃくちゃ好き
よね。あたし、全然、こういう汚い系のダメっぷり男はダメなので、ふん!って思っ
てみてる。ダメだよねえ、こいつ。逃げてばっかりで、なんでも奥さんに押し付け
ちゃってさーーー!!
 とダメっぷりオットに対して、しっかりものすぎる奥さんがリエさん。女優さん
て、辛い商売だわ、こんなに疲れた顔、アップでさらさなきゃならなくって。で、強
いリッパな奥さん。もっと死ぬのが怖くって、死にたくなくって、わがままいって、
周りに頼ればいいのにさ。立派すぎで、しっかりものすぎ。こんなのが美談じゃたま
らないよ。
 私は杉咲花ちゃんのよさが全然わからない。鼻ペチャで、かわいくないやん。だめ
だ。 最後は、びっくりな結末。いや、りえさんが亡くなるのは想定内で、で、
え??それってまずいんじゃないの?というような結末。法的には、まずいです。は
い。
1496325203899.jpg

2017年6月13日 (火)

明日の私に着替えたら

かわいくって、コケティッシュだった、メグライアン。最近は、全然見ないけど、
どうしたんだろう。これ、90年代前半の映画で、メグライアンが、かわいい奥さ
ん、10才くらいの女の子がいて、結構お金持ちのダンナがいて、幸せいっぱいなは
ずなのに、旦那に浮気されて、怒り心頭して、で、もう一度、自分のやりたいことを
見つけようと動いてみるっていう女性を描いています。
 なんていうかすごく、今の時代の移り変わりの速さを感じました。何不自由のな
い、ハウスキーパーがいるようなすごいすてきなおうちで娘と暮らす若い奥さん。
サックスデパートで、エステして、ネイルして、すてきなお洋服や、下着を専門店
で、買い物したりして、お友達は、女性誌の編集長さんもいて、交友関係も家族も、
経済的にも、マンハッタンのセレブなわけ。
 そんなときに、オットが(って、オットは一度も画面に出てこないんだけど)、デ
パートの香水売り場の女性と浮気。売り子と???っていうクラース意識があるわ
け。やけに色っぽい感じの、メグライアンとは真逆な女性との浮気だけど、ステイタ
スも、なーんもない「売り子」と!!?!?!?!
 怒り心頭して、離婚したろうとか考えるわけだけど、じゃあ、好きに自分のしたい
ことをしようと思い、デザインして、ショーを開催しちゃうわけ。いきなりよ?そう
いうセレブなわけ。そんなことをしていたら、オットとの関係もまたうまくいきそ
う、っていう話、おいおい、これに同感するアメリカ人って、あるわけ?っていう、
バブリーな時代な映画で、その後のアメリカの荒廃、トランプを支持する層の拡大を
知っていると、こういう時代の雰囲気だけの映画って、悲しいなあって思っちゃう。
普遍的なものって何なんだろう。
1495460709348.jpg

2017年5月27日 (土)

モリー先生との火曜日

古い映画です。スポーツライターとして、アメリカ中を飛び回り、取材だ原稿だ、
電話だ連絡だ、と超多忙な日々を送っている働き盛りの男性が主人公。歌手(のたま
ご、今はバックコーラスとかやってる)美人の彼女と付き合っているけど、合う時間
もあんまりないし、会っていても、電話だ、メールだ、仕事だ、連絡だ、原稿だ、と
せわしない。ゆっくり会話も楽しめない。そんな日々。
 学生時代に大好きだった、恩師が難病にかかって、余命いくばくもないことがわ
かって、恩師を訪ねることにして、彼といろんな話をしているうちに、自分の今の人
生に疑問をもってくる。こんな周りの人間と幸せに暮らせない暮らしがいいのだろう
か?毎週、火曜日に恩師の自宅を訪ねて、食べ物をもってったり、彼女を紹介したり
するうちに、もっともっと大切なことって何なんだろう、と考えるようになる、って
いう映画です。恩師が、全然説教臭くなくって、ユーモラスで、友人みたいで、楽し
くって、病気だけど、ぐちっぽくなくって、若い元の教え子に、いろんなことを気づ
かせてくれるのが、すてき。こういう風に老人になっていきたいって思う。いい映画
だったわ。
1495460261675.jpg

2017年5月 1日 (月)

最高の人生の選び方

アメリカらしい映画。お父さんは大リーグの有名選手、だけど、妻と子をおいて離
婚しちゃってる。とっくに引退しているけど、あちこちでサイン会とか、トーク
ショーとかやりながら、お酒びたりで暮らしている。ムスコは、お父さんに憧れが
あって野球選手にはなってみたけど、マイナーリーグのさえない地味な選手。
 そんなとき、母親が心臓病で倒れて、元オットに会いたいと言い出すのだ。ムスコ
としては、試合をほっぽりだして、父親を連れていかなきゃならない。でも、はい、
そうですかって、やってくる父親じゃない。この父親を母親のところに連れていくた
めに、あれこれ道中があり、初めて父と息子の旅となり、父を知ることができるの
だ。いい加減で、酒のみで、母親が苦労したのはこの男のせいだと思ってはいたけ
ど、この人といたら、憎めないし、楽しく過ごせる気持ちが、だんだんわかってくる
のだ。自分は野球が好きなのか、自分は何をして生きていきたいのか、改めて、父親
との旅で考えるムスコ。自分の人生は、何をしたら、一番幸せなんだろうって、みー
んな悩み、選択はそれぞれ。
1491020609137.jpg
そんな映画です。

2017年4月27日 (木)

はじまりはヒップホップから

ニュージーランドの老人、64歳から84歳までのご老人が、ヒップホップの世界
大会に出る!っていうドキュメンタリーです。えーえーえーえーえ!!ヒップホッ
プ!?手が自由に動かない人も、車椅子の人もいるんです。で、ヒップホップです。
クラシカルなダンスじゃなくって。彼らが目標を持つことで、ものすごくがんばっ
て、生き生きとしていく様子、そrを支えるインストランクターの苦心、やさしく、
時には厳しく指導するんです。だって、すぐ忘れちゃうし、ちゃんと練習しないし
(爆)
 ヒップホップっていう若者のダンス大会で出会う、同じ志(レベルはずいぶん違う
けど)を持つ若者との出会い、交流、ベガスの世界大会に参加を認められるけど、な
にせベガスは遠いので、旅費もかかる。働いてないし、親もいないし、少ない年金や
たくわえから出さなきゃならない。悩むよなあ。のあれこれ。でも、なんだか元気に
年を取ることが楽しみな気分になります。そう、ダンスに年齢はないのだ(笑)
1491020153360.jpg

2017年4月19日 (水)

ストリートオーケストラ

ブラジルの実話を元にした映画です。
 あるバイオリニストと、スラム街の子供たちの交流の話題です。音楽が、どれだけ
人の心を豊かにして、救いになるかっていう面と、スラム街の現実の厳しさの両方が
あって、見ながら子供たちの環境に、苦しい気持ちになります。でも、人間の可能
性っていうか、前をむける気持ち、よくありたいと、幸せになりたいという強い気持
ちが、決してなくなることはないんだ、っていう気持ちもよくわかって、希望が見え
隠れします。隠れもするんだけど。いい映画です。一見の価値あり。
1491020545386.jpg

より以前の記事一覧