2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« そういえば、ビワ煮のゼリー | トップページ | さしす梅 »

2017年7月21日 (金)

真実の檻

商品の詳細

 

 たぶんはじめてくらいの作家さんんです。

 

 自分の母親がなくなって、遺品を整理していたら、たまたま彼女の若いときの手紙やらが出てきた。彼女の恋の話があり、え??自分は育てられた父親のムスコじゃないのではないか、と思い出したわけです。両親は晩年に離婚していて、母親の遺品を整理していたのです。で、自分は今まで父親と思っていた人の子供じゃなかった、ということだけでも衝撃なのに、母のかつての恋人は、なーんと死刑囚??ということになり、ずーっと昔の自分が生まれる前の犯罪について調べることになります。

 

 あれこれ、意外な展開と、苦悩、自分は殺人犯の子供なのか、という不安、いろんな人に支えられて、青年が調べながらも成長していく様子。家族や子供を思う気持ち、最後まで一気よみでした。下村さん、2冊続けていいので、ちょっと読んでみたいです。

 

« そういえば、ビワ煮のゼリー | トップページ | さしす梅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/66417493

この記事へのトラックバック一覧です: 真実の檻:

« そういえば、ビワ煮のゼリー | トップページ | さしす梅 »