2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

夏野菜のやきびたし

 夏野菜って、一山いくらで売っていてたくさんあるし、あんまり冷蔵庫で保存した
くないし、ともかくたくさん食べたいですよね。野菜はおいしーー!揚げ浸しって、
おいしいんだけど、揚げる??っていう行為が、あぢーーー!とんでもなーい!って
思うので、いやなんです。誰かあげてくれれば、もちろん大好き。ナス揚げなんて、
油いっぱい吸っているけど、おいしいもんね。でも、自分じゃ揚げたくない。ので、
焼いてみました。
 夏野菜をみーんな焼いてみて、そして漬けるだけ。めんつゆみたいな出し汁でいい
し、ちょっとピリカラ味(七味を入れたり、赤唐辛子をハサミでチョキチョキした
り、韓国唐辛子の粉を入れたり)にしてもいいし、柚子味にしてもいい。ナス、ピー
マン、できればカラフルな色のも入れて、しめじとか、エリンギとか、ズッキーと
か、全部まとめて焼いて、漬けちゃう。ちょっと、くたっとしても、冷たくっておい
しーー!
1500473671834.jpg

東京ドーン

商品の詳細

 

 実は少し前から「読書メーター」というアプリに参加しております。読んだ本を登録する仕組みなのですが、私はそもそも読んだ本をブログにも書いているし、自分でもアナログな手帳に記録してますから、あんまり必要ないのです。このアプリで面白いと思うのは、相性がいいと勝手に紹介してくれる読書家さんがあって、彼らが読んでいる本やおすすめの本を教えてくれるのです。あたしが読んでいる本も、誰かに相性がいいですって、ご紹介されているのかもしれないけど。そこで、へえ、へえ、こんな本があるんだって知る本がいっぱいあって、主として新刊ばかりが宣伝されたりして巷の話題になるのに対して、新刊じゃない面白い本を知ることができるのです。へえ、読んでみたーい!と「読みたい本」リストにポチっとしてしまい、読んだ本の登録より、読みたい本の登録ばかりが増えています。これって、うれしい叫びなんですよ。

 

 これもその本の一つ。連作短編集なんだけど、東京のあちこちの地名とそこでもがく若者の姿が、ちょっとおかしくって、ちょっとせつなくって、カッコよくなくっていい。へえ、みっけもんだったわ。

 

2017年7月30日 (日)

なすのくたくた煮

 毎週、なすを2袋買っている気がします。煮たり、焼いたり、カレーに揚げなす入
れたり(これは、ハードルがとても高いけど、でも、絶対においしいので食い気にま
けてやる)、マーボーナスにしたり、グラタン系にしたり、ナスってえらいなあ。和
食にも、イタリアンにも、中華にも、なーんでもオッケー。浅漬けにだって使える
(ちょっと色が悪くなるけど)、辛し和えだっていいし、ナスはえらい。それに、ナ
スって育ててみると、ほーんとに長い間、実がなるんだよね。えらいったらありゃー
しない。
 ダシで冷たく煮て、冷やしておくのも、大好き。私はかつおぶしとかであっさり煮
るのも好きだけど、おじさんが、すぐベーコンとか、しらすとか、入れたがって、そ
れも大量に投入したがるので、いつももめる。上品なおかずって、うちではなかなか
食べられないのかなあ。あーあーあーあーあ!
1500473611342.jpg

家族病

商品の詳細

 

 家族の問題って、あれこれ著書があり、私も両親との問題とかを考えることが多いので(特に、彼らの高齢化によりいろんな問題が顕在化しているんだけど)、あれこれ読みます。その中に、そっかー!と目からウロコが落ちるような気がするものもある一方、一般的なのかもしれないけど(一般的かどうかは私には判断できないのだけど)、私には響かないものもあります。ほーんと、家族の問題って個別で、それぞれ違うよね。これは、私にはあんまり響かない感じの本。なんていうか、そういう家族もあるんだろうねえ、まあ、こういう逃げ方もあるんだろうねえって思うけど、私の両親や私の家族の問題とはちょっと違う。家族って、性格とか生活スタイルや人生の価値観の上に、経済的な問題、介護や教育、保険、金融問題まで背負っちゃうからものすごくもつれまくりになっちゃうってよーくわかる。家族だけに、保険・金融・扶養・介護問題を背負わせているからいかんのじゃなないか、だって、血縁者だからって、必ずしも気持ちも考え方もシンパシーが高いとは限らない。逆に考え方が違うのに、妙なシンパシーが断ち切れずに苦しむことの方が多いように思う。それを整理して、これは人間として、あるいは育ちからくる感情、考え方の違いはこれ、経済的な扶養問題はこういう風に対処、保険・金融・介護問題はこういう風に解決としていけると、もうちょっと楽になるんじゃないかと思う。ぐちゃぐちゃの中で苦しむのはつらいだろうなあ。

 

2017年7月29日 (土)

僕たちのカラフルな毎日

商品の詳細

 

 新聞とかで何度か取り上げられた、結婚式をあげた弁護士のゲイカップルのエッセイです。二人は京大の農学部生と、法学部生として、出会い、恋愛してお付き合いして、就職したけど、離ればなれになるのがいやで、2人で弁護士を目指して勉強して、めでたく司法試験にうかって、2人を中心とした事務所を開設して、働き、一緒に暮らしています。

 

 写真をみると、かわいくもなーんともない、普通の丸顔に2人のニーチャンなんだけど、エッセイは、性別を忘れる、ごく普通の恋愛なのだ。出会って、好きになるけど、告白できなくって、彼が誰か他の人に告白されたなんて聞くと、つらいけど、「つきあえば?」なんて言って、双方が傷ついたりしている、って、普通の大学生の恋愛だよね。

 

 

 

 その後、家族や友人にカミングアウトしても、わりと受け入れられて、職場でも奇異な目であまりみられることなく、結婚式をすることになるっていうのも、なんていうか、本人たちが、ちゃんとまわりに受け入れられる仕事なり人間関係なりを築いてきたからなんだろうね。まあ、心無い人にはいやなこと言われたりもしてきたみたいだけど、ごく普通に互いを思いやって、恋愛して、結婚して、喧嘩しながら仲良く暮らしているカップルの物語。あたし、まったくいーじゃん!!って思ってよみます。かわいい青年の恋愛だわ。

 

2017年7月28日 (金)

むね肉の南蛮漬け

南蛮漬けといっても揚げたくないので、ムネ肉をフォークで刺して、塩コショウし
て、片栗粉つけて焼きます。あとは、千切り野菜をあれこれ、にんじん、きゅうり、
セロリかな。ピーマンとかあってもいいです。これ、おしょうゆ味の南蛮漬けでも、
カレー風味もおいしいです。トマトとかいれて、エスニックなスパイスを振ってもい
い。ともかく冷たくして、保存がきいて、おかずになって、そんなものばっかり食べ
ている季節です。

1500473553561.jpg

コーイチは高く飛んだ

商品の詳細

 

 体操の青春スポーツ小説。とーっても体操が上手な兄ちゃんがいて、まあ、お父さんとお母さんも元体操選手で、今はコーチをやっているという体操一家。ある日、妹が歩道橋から転落して、意識不明の重体になってしまうという不幸な事故があり、と展開していきます。

 

 

 

 数年後、この体操選手のビデオを幼い子供たちが見るっていうシーンと、過去の体操選手の活躍や、妹の事故の真相を知ろうとする時代とか交互に出てきながら、あれ、どうなるんだろう、という期待を持たせながら進んでいくんだけど、私は体操選手としての活躍や家族のあれこれがあることによる不安な気持ち、苦労、体操選手同士のライバル意識などに焦点をあてた前半の物語の方だけでいいなあ、って思います。最後に、ビデオを見ているのが誰なのかっていうのがわかるんだけど、どうも人物像がうまく連続的に考えられない、キャラが違うような感じがする、ムリヤリ感が残るんだよね。こんな風にしなくてもよかったのに。ストレートに体操、青春スポーツ小説を描き切った方が、あたしの好みだわ、と思います。

 

2017年7月27日 (木)

ゆで豚とトマトのしょうゆマリネ

暑くて、こんな季節でも、保存がきくものを簡単につくって、さっぱり食べたい、
という日々が続いています。食欲がなくなる、という単語を知らないんじゃないかと
いう我が家のメンバーは(もちろん、あたしもだけど)、ちゃんと食べます。でも、
ちゃんと作りたくない、煮込んだりしたくない、暑いもーん。
 これは、ヒラヒラの薄い豚肉を、さっとゆでるだけ。なんだったら、チンでもい
い。火にかけるのは最小限の時間。それに、野菜を加えて、ともかくトマトは必須
で、あとは玉ねぎ、きゅうりなど、お好きに。しょうゆ味のマリネ液に浸しておくだ
け。しょうゆを減らし気味にして、ゆず塩(ゆずと塩で常備品、冷蔵庫に入れなくて
も塩だから大丈夫)を入れて、さっぱり風味もおいしい。あとは、お魚を焼くくらい
でご飯にしちゃう。さっぱり簡単、ボリューミーで、野菜いっぱい。終わり。
1500473500176.jpg

オムライス日和

商品の詳細

 

 伊吹さんのBAR追分の2巻目です。居候みたいにしてシナリオライターを目指している青年、劇団の役者を経て、今は休んでいる青年、そしておいしいものを作るのがうまい女性。フリマをやったり、ポスターをはったり、おいしいものを食べたり。

 

 おいしいもの、決して豪華じゃなくってもいいけど、ちゃんとどうすればおいしいか、どういう風に食べたいか、食材に向き合って、丁寧に気持ちと手をかけたものを食べるってことは、気持ちの上でも、それが自分のやりたいことや、やろうとしていることや、そして人に対する行動や気持ちまで大きく変えていくことになるなあって思います。幸せの源泉は、ちゃんと食べてちゃんと寝られて、そういう生活に基本満たされていることなんじゃないかなあ。出てくるものが、どれもこれもおいしそうで、ちゃんと食べていこうって改めて思います。

 

2017年7月26日 (水)

コリンキー

八百屋さんで、コリンキーっていう札を見ました。コリンキー???動物の名前か
と思うような名称。これ何?って聞いてみたら、生で食べられるかぼちゃみたいな感
じのもの。っていうのが八百屋のおじさんの説明。メロンみたいな、ズッキーニみた
いな感じだと。はて??見た目、マンゴー色、でも、マンゴーじゃない。黄色い太っ
たズッキーみたいなかぼちゃみたいな。ふーん。面白いので買ってみて、ネットで検
索してみたら、どうやら、たいしたクセのある味でもなくって、なんでもよさそうな
感じだったの。
 で、カットしてみたら、メロンみたいに芯に種があって、ま、ちょっととってみ
て、スライスして、かじってみた。強いクセはないです。で、軽くチンして、サラダ
にしてみました。色がとーっても綺麗。これ何?パプリカ??みたいな反応だったの
だけど、食べてみて、さらに??へえ、新しい野菜。何でも合う感じ。とっても綺
麗。サクサク。コリンキーでした。
1500473432211.jpg

君と暮らせば

商品の詳細

 

 本の中で登場人物も言っているけど、子連れ再婚した両親が事故でなくなってしまったことで、中学生の妹と、大学生のお兄さんが残されます。お兄さんは、大学をやめて、地元で就職して、家族で暮らしていた家で、少し年の離れた兄と妹との暮らしです。これがマンガなら、なんだかステキな展開もあるんでしょうけど、ごく普通のお兄さんと妹で、迷いこんできたネコを飼い、ごはんを食べ、友達のお姉さんに紹介するために、お兄さんを映画に連れ出し、なんていう普通の暮らしです。

 

 ほのぼのしていて、毎日の暮らしを丁寧に、きちんと働き、食べ、眠り、暮らしていくことができることが幸せなんじゃないかと思える小説です。

 

2017年7月25日 (火)

焼き肉の翌日

 別宅の帰路にコストコに寄るようになって、焼肉屋さんに行くことが激減しまし
た。もともと、あんまり行かなかったので、ほとんど行かなくなったといえます。コ
ストコで、焼き肉用のお肉を選んで、っていうと、おじさんは眼を輝かせて選んでお
ります。それを、2-3回分にわけて、密封性の高いラップみたいなやつで、完全密
封して冷凍。これで、うちの焼き肉です。まあ、5000円くらいしても、1回分、
2000円しないので、ずいぶんお得。野菜もいっぱい食べられて大満足です。
 だいたい、山に行く予定のある日とか、遅くまで遊んで帰る予定の休日には、「焼
肉にしよう」ということになりーだって用意が簡単―完全密封してあるお肉を冷蔵庫
にポンと出しておきます。タレは赤ワインとリンゴ、にんにく、などの自家製タレで
す。肉につけておき、半量は各自の小皿に出して食べるようにして、ピーマンやエリ
ングなどもたくさん焼いて、サラダ菜やサンチュを山盛りに出して、自家製焼肉で
す。

 がーーー!!そういうときに、「オレ、今晩いない」とかいうのが、ムスコです。
いいんです、もう青年からおじさんに足を踏み入れているムスコですから、誰とどこ
に行こうが、何しようがいいんですが、解凍しちゃった焼肉のお肉が多すぎです。お
じさんに食べろといえば、いくらでも食べそうですが、それはまずいでしょ、という
ことで取り分けて翌日、こんな風に炒め物です。エリングとイタリアントマトで炒め
た一品。ま、しょうがないけど、ちょっともったいない気持ちも・・・。いいお肉を
使った、野菜炒めですわね。
1500473380407.jpg

ひみつのローソンスイーツ開発室

商品の詳細

 

 ちょっとローソンの宣伝むいてるイラストエッセイです。へえへえ、コンビニのスイーツって、あたし出張の時とかに買うんですよ。だって、わりとおいしいのありますよね?フォークがついてるロールケーキとか、疲れた外出時には、おいしくいただきますよ。

 

 その開発の苦労とか、工夫とかのマンガです。いや、売るものを作るってたいへんですよねえ。ほーんとに。甘いもの好きですから、へえ、へえ、とこだわりと工夫を楽しみながら読んじゃいました。

 

2017年7月24日 (月)

具の大きいシーフードカレー

私が長年使っている生協の配送=パルシステムに、「具の大きいシーフード」って
いうのがあります。パルシステムの購入額は、あんまり増えないけど、定番品やお米
は、何もしなくても、玄関外に届けてくれるので、ありがたいです。基本的に、食品
の買い物に行くのいやなので(重たい、時間が惜しい・・)。カタログもいっぱい
入ってくるけど、基本、食料品を中心として、いつも決まったチラシしか見ないんで
すけど、どんどん素材が減っていって、加工品や、セット料理品が増えているなあっ
て思います。お忙しいお母さんが増えて、それでも、なんとか夕食を作り働き、子育
てしたいっていうニーズが強くなっているんだなあって思います。今の家に越してき
て22年、ずーっと週1の配送を頼み続けてきて、いつもひき肉(バラ冷凍)とか、
野菜などを買ってるだけで、加工品やセット料理品はあんまり買わないんですけど
ね。お菓子とか、ほーんと工夫して、あれこれ変化を持たせてるなあって思います。
 で、ずーっとある「具の大きいシーフード」です。これ、具が大きいので、カレー
とかシチューとかに使います。カレーにするときは、タマネギとセロリ大量、じゃが
いもにんじんなしでシーフードを楽しむ感じ。トッピングにナス揚げなんてあるとす
ばらしいけど、このクソ暑いのにナス揚げはないよな。水を一滴も入れずに、野菜の
水分とシーフードのうまみだけで作るシーフードカレーも、うまいです。
1500473102133.jpg

愉快!痛快!アラスカ暮らし

商品の詳細

 

 アラスカって、行ってみたいけど、アンカレッジ便がないのと、あとは夏は蚊がすごいので行けないなあって思っている憧れの地です。冬は寒すぎだしね。そんなアラスカ、フェアバンクスの近くで、もっとも北極圏に近いところで暮らしている日本人家族のお話です。

 

 あまりにも寒いということで、土地が解けて凍るのを繰りかえすから家が傾いたり、ゆがんだりは当たり前とか。ちょっとあったかくなると、溶けて凍って、アイススケート場みたいになるから、あったかくなったときが危ないとか。ひゃーーー!極寒地の暮らしにびっくりすることばかり。

 

 そして、寒いからこその、いろんな食べ物、エスキモーの文化を背負った生肉や、生の内臓や、スープ類。アラスカの不便といえば不便な暮らしを楽しみ、工夫して暮らしている様子が、あまりにもあたしの日常と違うので楽しいです。

 

 著者の方が、違う文化をおもしろがって、敬意を払いながらも、挑戦して取り入れようとしている様子、楽しんでいる様子もいいです。

 

2017年7月23日 (日)

見渡す限りの人生

イタリア映画です。大学院で優秀な成績をとって卒業したんだけど、就職できな
くって、派遣でコールセンターみたいなところに就職した女性が主人公。このコール
センターが、びっくり。歌と踊りで、気分を高揚させて、ガンガン電話させるし、営
業マンにも、体育会系的な、妙な感じで(ほら、地獄の特訓とかみたいな)、販売さ
せる、っていう手法。へえ、へえ、イタリアにも、こんな風な体育会系?を狙って気
分を高揚させて、ガンガン売りましょ、みたいな企業が存在しうるんだあ。っていう
のがびっくり。イタリア人が、そんなことで動かさせるとは思わなかったけど。
ひゃーー!びっくりだわ。でも、やっぱりイタリア人、まじめなようで、陽気で笑え
る。映画自体は、途中、退屈でいやになっちゃったけど、最後には、まあ、なんとか
ほのぼの、円満終了的になっていたけど、ちょっと冗長な感じは否めないなあ。
1500472969181.jpg

カボチャも発見

 今年は猿君があんまり来てない(他によい餌場を見つけたのか?)とお隣のSさん
はおっしゃいますが。じゃあ、なんでうちのかぼちゃんはないんだろう!?と思って
いました。
 うちの別宅の庭=畑は、夏場は雑草が元気すぎて、どこに何があるのかわかりませ
ん。みょうがもシソもぐっちゃぐっちゃ!!しばらく、さつまいものつるを寄せて、
大き目の雑草を引き抜いていたオットが「あった!!!」と大声を出すので、何が
あったのかと思ったら、かぼちゃでした。サルが来なかったのか、身に来たけど、雑
草が多すぎて、作物が見つけられなかったのか、かぼちゃは無事に3つ発見すること
ができました。うふふ!去年は、サル被害が多くって、かじられちゃったのとかばっ
かりだったから、うれしー!!かぼちゃも収穫できて、うれしい夏です。
1500472569547.jpg

女子力男子

商品の詳細

 

 おしゃれで、肌の手入れもして、お料理も、お弁当もつくる、いまどきの若い男のこのことを、あたしから見ると、十分わかい著者が書いています。でも、この著者、若者研究所とかやってるけど、ライフスタイルはかなり旧態依然としてる感じで、何から何まで奥さんにまかせて、仕事してる。で、おしゃれで、お弁当を作る男の子を、珍獣か、新生物を見るようにみてるんだよね。

 

 あたしは、あんまり違和感がないです。まあ、おしゃれといっても、レディースの製品を着るかどうかは、体型によるだろうけど(どうもそこまでキャシャなのがまわりにいないんだけど)、たとえば、インストラクターって、シャワーを浴びる回数が多いから、肌の手入れの基礎化粧品はつけてるし、すねだすから足もきれいにしている人も多いよ。

 

 美容院に行くのは男性だって当たり前だし(そんなこと驚くのは30年くらい昔)、男性が料理するのなんて当たり前だし、必要ならお弁当だってつくるし、お菓子だって焼いたっていいじゃない?うちのオトコズは、パンだって作るよ。料理だってするよ。なんだか、女子力っていうか、そのあたりは人間力でしょ。あとは、男だから、きれいにしないでいいということはないし、きたないよりきれいな方がいいし、清潔でさわやかで、イケメンで、おしゃれな方がいいじゃない?ブサイクな男の方がいい?なんだろう、違和感ないんだけど、あたし。

 

2017年7月22日 (土)

マダムフローレンス

音痴じゃない人が、音痴に歌うって難しいんだろうなあ、って思います。それをみ
ごとにやって、醜悪じゃなくって、なんだかかわいく思えちゃうところが、すごいメ
リルストリープ。あの、気弱なたれ目男のヒューグランドが、彼女を愛する旦那さん
を演じています。
最初は、なんだ?このおばさん(でっぷりふとったおばさん)、お金にものを言わせ
て、めちゃくちゃヘタな歌を聴かせるわけ?で批判されないように手回しするオッ
トって??って思ったんだけど、だんだん、彼女のものすごく純粋にかわいいところ
が、憎めないように思えてきて、ついに憎めないどころか、すばらしいことのように
思えてくるの。歌ってうまさじゃないのかも、音楽って、思う気持ちなのかも、ま
あ、めちゃくちゃヘタすぎて聞くのが苦痛かもしれないけど、その苦痛の向こうに、
なんだかすごい音楽愛がある気がしてくるところがすごい。はあ??って始まった映
画が、なんだか拍手したくなる。そして、何より、これが実話だということ。つまり
人って、ごくごく限られた人じゃなくって、大衆って、すごい許容範囲と、鋭い愛を
感じる気持ちを持っているんじゃないかということ、すごいなあ。
1500473032291.jpg

ブルーベリーもはじまった

なんだか、梅雨はどこいったのよ、あついじゃないかーの夏です。うちのブルーベ
リーは、今年も元気にいっぱい実をつけています。カーン!!と照るといい色に色づ
いてきて、8月の酷暑の頃が、いっぱい採れるのですが、まあ、8割は落ちちゃった
り、鳥さんたちのご飯になったりしちゃうんです。毎日、小さなザルいっぱいずつ収
穫するというのがただしい収穫の仕方なんだけど、そんなことできないので、7月と
8月に自分たちで2回くらい、シルバー人材センターの方に頼んで2回くらい、計4
回くらい収穫するだけです。それでも、去年は全部で10キロ近くなって、お友達に
もいっぱいくばり(なにせ、国産、無農薬ブルーベリーですので)、別宅の冷凍庫や
義父宅の冷凍庫に入れて、ずーっと楽しみました。いや、まだ甘煮にしたものが瓶に
あります。猛暑でブルーベリーも採れ始めました。キラキラ!あまずっぱいいい香り
です!
1500114166266.jpg

神様の休日

商品の詳細

 

 実話に基づいたお話で、東日本大震災で、家族や大切な人を失うという体験、震災じゃなくっても、病気や事故でなくなる人との、つらいわかれ。人生には幸せな出会いもあるけど、同じ数だけ、つらい別れがあるよね。そういう体験を経て、お別れをする気持ちをこめて仕事を選んだ人の物語。

 

 震災は神様が休んでたんじゃない?っていうけど、ちょっとのお休みとしては、あまりにもひどい。そっかー、休んでたのか、とはなかなか思えないなあ。

 

2017年7月21日 (金)

春雨サラダ

うちのオトコズは春雨が好きです。マーボー豆腐より、マーボー春雨の方が人気が
あります。春雨スープも好きですねえ。中国の緑豆はるさめ、常備品です。春雨サラ
ダも人気です。サラダといっても、春雨が多くって、まあ、豆だから、ひろーい意味
で野菜なんでしょうけど、野菜をたーくさん食べるっていう感じじゃないです。なん
でもいいんですけど、春雨に沿うように基本、細長くカットすることだけかな。きゅ
うり、にんじん、は彩りに必須、あとは何でも。キクラゲとか、ベビーコーンとか入
れてもおいしいです。今回は水菜とハムを入れて、ゆでた春雨と、味付は、しょう
ゆ、お酢、お砂糖、ゴマ油。コクを出したかったらオイスターソースをちょっと入れ
れば完成。辛くしたかったら、ラー油とか入れても。まあ、酢醤油味ですから、夏場
もさっぱりの春雨サラダ。そういえば、義母もよく作ってたな、だから、オットが好
きなのかな。
1500472799359.jpg

さしす梅

 先月の別宅で梅がたーーーくさん採れたので、梅仕事しました。梅酒(入れるだ
け)、ウメシロップ(炊飯器保温機能活用で大量制作)の他に、お友達がおしえてく
れた、さしす梅っていうのを青ウメで仕込みました。本当は小梅の青ウメでカリカリ
と食べられるものができるらしいのですが、うちのは小梅というよりは大きい中梅く
らいです。で青いのを選んで、塩とお酢と砂糖につけただけ。瓶に入れて、冷蔵庫で
2週間くらい放置しました。小梅だったらこのまま、カリカリなんだろうけど、と取
り出して食べてみたら、あらまーすってきにさわやかにおいしいんです。でも、
ちょっとでかい。これ、どうしようかな、と思って、種を抜いて、刻んでみたら、あ
ら、ステキなご飯のお供になりました。おにぎりとかにすると、すんばらしくおいし
い。もちろん、普段にご飯にのせても白米が進みます。瓶に入れて会社のデスクに隠
しており、お昼に1つ2つつまんでもいます。すっぱあまくて、おいしいです。
 そして、漬けたお酢ですが、たっぷりあるのですが、梅の香の自家製ビネガーとし
て、大活躍。野菜の和え物においしいです。というわけで、今年は青ウメが取れたの
で(単に、その時期に別宅に行くことができたっていうだけですが)、こんなものも
作ってみました。うふふ!!教えてくださったPさん、POさん、ありがとう!!
1500472661783.jpg

真実の檻

商品の詳細

 

 たぶんはじめてくらいの作家さんんです。

 

 自分の母親がなくなって、遺品を整理していたら、たまたま彼女の若いときの手紙やらが出てきた。彼女の恋の話があり、え??自分は育てられた父親のムスコじゃないのではないか、と思い出したわけです。両親は晩年に離婚していて、母親の遺品を整理していたのです。で、自分は今まで父親と思っていた人の子供じゃなかった、ということだけでも衝撃なのに、母のかつての恋人は、なーんと死刑囚??ということになり、ずーっと昔の自分が生まれる前の犯罪について調べることになります。

 

 あれこれ、意外な展開と、苦悩、自分は殺人犯の子供なのか、という不安、いろんな人に支えられて、青年が調べながらも成長していく様子。家族や子供を思う気持ち、最後まで一気よみでした。下村さん、2冊続けていいので、ちょっと読んでみたいです。

 

2017年7月20日 (木)

そういえば、ビワ煮のゼリー

6月の別宅に行ったときに、ビワを大量に収穫して(といっても、見た目まったく
変わらないくらいなっていたんですけど)、少し持ち帰って、むこうで鍋いっぱいむ
いて(これが手間で手間で)、冷蔵庫にあった白ワインと砂糖で煮て持ち帰りまし
た。これをジップロックに入れて冷凍庫にポンして、すっかり安心しておりました。
ビワって、売っているのは高くて、こんな加工するものじゃないけど、でもなんてい
うか、普通に食べれば、まあ、やさしい味のフルーツですが、パンチの効いた味じゃ
ないんですよ。甘煮にしてみたら、まあ、びわって、こんなもんかーっていう味のボ
ンヤリしたものになりました。うーむ。ジャムとしてもたいしておいしくなさそうな
ので、この甘煮、どうしようかって思いながら放置しておりました。でも、冷凍庫で
死蔵してもなあ、っということで、1/3くらいゼラチンで固めてみました。ちょっと
甘い、なんかフルーツが入っているゼリーっていう以上のものにはなりませんでした
が。口当たりはさっぱりするかな。びわのゼリーです。
1500472734615.jpg

シソはどこからやってくるのか

別宅の庭=雑草だらけの畑 には、今月になると、シソが大きく茂っています。一
度も種をまいたこともないけど、季節になると、元気にいっぱい、あちこちに出てき
ます。このシソ、東京で苗を買ったり、種をまいたりしてベランダで育てている都会
育ちのやつとはちがって、めちゃくちゃ元気で、丈夫で大きいのです。最近では、東
京で育てるのをやめて、別宅から数本、ひっこぬいてきて東京の家のベランダに植え
替えちゃいます。急に狭いところに引っ越してきてびっくりで、お気の毒なんですけ
どね。
 どこからやってきたかわからないシソの木(草ですが)が、畑のあちこちに、葉っ
ぱを数百枚ひるがえして元気にしげっております。薬味にいーっぱいつかって、帰宅
後使うようにたくさん収穫して帰ります。数本、ひっこぬいて東京の家のベランダに
植えちゃいます。
 いったいどこからやってくるのかのシソですが、元気に青々して茂っていると、夏
だなあ、って思います
1500276200234.jpg

転がる空に雨は降らない

 

 小野寺さんです。とても不幸な事故からスタートします。サッカーのうまいお父さんとサッカーをしていた9歳の少年が、ボールを追って道路に出て、車に引かれてなくなってしまいます。もう不幸としかいいようがない。少年はもちろん、家族にも、そして、突然、少年が出てきて、はねてしまった運転している方にも、ものすごく不幸ですよね。こういう痛ましい事故からスタートします。

 

 

 

 もちろん、この事故は誰も幸福にはしないんですけど、自分の子供が交通事故でなくなって、それから夫婦仲もうまくいかなくなって、離婚したサッカー選手、おじさんになって、キーパーなんだけど、試合に出られることがほとんどなくなって。という人生と、交通事故を起こしてしまって、自分のせいではないけど、少年がなくなってしまったことを病んで、自殺してしまった方のムスコとが、不思議な縁ですこーしずつかぶりながら、すこーしずつ前をむいて生きていく姿があります。

 

 人はいいことばっかりじゃない。不幸なこともやってくる。それでも、少しずつでも、一歩ずつでも、前を向いていく様子が、静かだけど、いい小説でした。

 

2017年7月19日 (水)

ミョウガもいっぱい

別宅には、みょうがの茂みが、大きく2か所あります。一つは夏ミョウガ、8月下
旬までこちらがとれます。もう一つは秋ミョウガ、8月終わりから10月まではこち
らです。見た目、同じ、ササみたいな葉っぱなのですが、まるで申し合わせたよう
に、役割を分担していて、決して重なることがない2つの塊なのです。オットが、
みょうがをとても大切にしていて、まわりの雑草をとってやったこともあって、この
茂みは、年々拡大しており、みょうががたくさん成長しています。冬には、まるで何
もなくなっちゃうんですが、春になると青々としげっております。ミョウガって、
芽って書いたことあるかもしれませんが、花のつぼみ、っていう感じです。6月に
は、葉っぱは茂っていたのに、一つもなかったけど、今月はいーっぱいあります。も
ちろん夏みょうがの方ですけどね。売っている水耕栽培のきれいなみょうが(3つで
150円くらいで売ってますね)とは、別物の香りです。まな板の上で包丁の刃先か
ら、むせるほどの香りが立ち上ってきます。
 あー、いい香り!みょうがの季節がやってきました!!
1500114000406.jpg

オレンジシルク

商品の詳細

 

 神田さんです。たしか3冊目くらい。

 

 世田谷区の信金につとめて、とーっても地味な暮らしをしている恋もしたことがない30歳の女の子が、ある日、ちょっとしたマジシャンに一目ぼれしてしまいます。すごーく笑顔がすてき!!!って恋に落ちちゃうんです。美人のファンがいっぱいいるマジシャンで、美人でもなく、地味なあたしに、振り向いてくれることなんて、って思うんですが。そこからの彼女のがんばりがすごい!

 

 仕事の合間に手伝いに通い、さらには仕事をやめて、マジシャンの修行までしちゃうわけ。このすごいチャレンジングな彼女の一世一代の恋と、チャレンジの物語。なんだか読みながら応援する気持ちでいっぱいになります。一気読みです。あー、かわいい!!

 

 

 

2017年7月18日 (火)

ジャガイモの収穫

7月の別宅に行ってきました。月に週末はおおよそ4回、他の用事とか、あれこれ
あって、別宅に行かれる日は、なんとか1回確保しようとしているのですが、たいが
い他の用事(たって、遊びとか、ヤボ用とか、金曜日の出張とか)の都合できまるの
で、作物の成長具合とか、ましては天気予報とかで決められないんです。せっかく日
程をとって、大雨だったりすると、ほーんと困ります。特に、芋類の収穫時は、ほっ
て、一定乾かさないと保存できないので、雨はいやです。でも、天気予報を見て、今
週はやめて、来週にしようと思えるほどの日程の余裕はないんです。
 ともかく、今月はじゃがいも(メークインを植えています)を収穫しなきゃならな
いので、雨降らないでくれよおーーー!!の気持ちです。
 今年は、どうもじゃがいもの生育がよくなく(師匠のSさんは、連作障害だよと
おっしゃいますが、作ってる作物種類が極端に少なく、家の庭しかないので、連作し
ないで場所を動かすって、かなーり無理なのですよ)、小ぶりな感じです。だって、
じゃがいもの木が細いんですもの。ともかく収穫。去年は豊作で、半年以上、じゃが
いもをまったく買わないで暮らせましたが、今年はそうもいかなそうです。とほ
ほ・・・・・
1500113935459.jpg

2017年7月17日 (月)

梅ジャム好評

6月の別宅で、今年はやけにたくさん梅が採れました。お友達にもくばって、洗っ
て、乾かすために我が家のリビング&玄関は、梅がずーっと広がっていました。うち
に帰ってくると、家中、梅のいい香り!!でも、季節柄、うちの中の梅はどんどんど
んどん熟してしまうんです。梅酒は仕込んだし、冷蔵庫に入れられるだけいれても、
そーんなに入りません。瓶だって、そんなにたくさんありません。炊飯器活用梅シ
ロップでどんどん作りましたけど、炊飯器だって、そんなにイッペンにはできないん
ですよ。毎晩、毎晩、作業してましたけど(平日の夜中)、梅はまっぴるまにどんど
ん熟していきます。
 過去梅ジャムって、何度が作ったことがあるんですが、どうも酸味が強いのか、い
まいち人気がなくって、あんまり減らないんですが、まあ、これだけ熟した梅がある
からと、鍋1つ梅ジャムにしました。瓶でいうと、2瓶。これ、すっぱいけど、完熟
梅で作ったせいか、とーっても香りがいい!!パイとかに塗ったりもおいしそう。期
待値低かったわりに、おいしい梅ジャムができて、大満足。梅シロップも一年分作っ
たし、梅酒も仕込んだし、もう一つ、新しいものにも挑戦してみたし(→今度書きま
す)、今年も梅、楽しませていただきました。ありがとう!!

1498206417982.jpg

スタート

商品の詳細

 

 中山七里さんです。巨匠といわれる、でも、病気でもう命が長くなさそうな映画監督の撮影現場が舞台です。演出家、プロデューサー、そして資金難から、製作委員会方式をとられてテレビ局や代理店の人が入ってきて、キャストから、テレビやスキャンダルで人気のタレントを使うことから口を出してきて、大荒れな様子。

 

 そこで、照明器具がおちたり、材木が倒れてきたり、ついには殺人事件まで起きちゃう!有名な映画監督のもとで働く映画屋さんの情熱みたいなものと、ミステリーたっちのストーリーとで楽しくどんどん読み進めます。

 

 映画の製作現場の熱い気持ち、関係者のいろんな思惑、そして、ちょっとしたミステリー、楽しいエンタメです。

 

2017年7月16日 (日)

じゃがいもと、いんげんツナの煮物

 夏野菜って、おいしいですよね。あたし、年とともに、いんげんが何せ好きでたま
らなくなってきました。いんげんです。いんげん。いんげん大好き~
 ソテーもよし、和風クタクタ煮もよし、胡麻和えとか和え物もよし、サラダもよ
し、煮物もよしのインゲン。好きだなあ、夏の野菜で、6月くらいから見かけるよう
になるインゲン。もう、たまりませんよ。今回は、ツナとじゃがいもの煮物。なんだ
かいんげんいれると、普通の肉じゃがより、ツナとかにしてみたい気分になります。
なーんてことないお惣菜だけど、インゲン入っているだけで、ニコニコ。いんげん
ばっかり拾って食べていて、怒られる。

1498293234389.jpg

緑と赤

商品の詳細

 

 何の色かな?と思ったらパスポートの色のことでした。日本人は赤ですが、在日韓国人は緑なんだそうです。日本人であることをまったく疑わずに育った金田知英さん、16歳になったときに、在日韓国人で、永久滞在資格をもっているということをお母さんから聞いたけど、あんまりピンと来なかったという、ごく普通のお嬢さん。大学に入って、夏休みに友達とグアムとか行こうよ、ということでパスポートをとることになって、初めて、色が違うパスポート、ということで自分の国籍ということに思いを寄せるようになったというお嬢さんです。

 

 このお嬢さんが知り合う、在日韓国人の男性、Kポップ好きな友達、ヘイトスピーチ反対運動をしている人、いろんな視点で、日本と韓国の関係を描いていきます。自分は何なのか?あたしがあんまりこれまで考えてこなかったことだけに、そして同じようにあんまり考えてこなかった女の子が直面していくいろんなことを、そうだよな、そういう気持ちわかるなあ、って思いながら読みます。ふーーーむ。

 

 

 

2017年7月15日 (土)

焼き餃子

あたしの希望としては、月に1回くらい餃子を食べたいです。できれば、家族がそ
ろったときにやりたいので、休日(しか作らない、こういうものは)で、夕食に揃う
日っていうのを、それぞれの予定を確認して、聞きます。じゃ、○○日は餃子ね!と
いうわけです。よって、揃う日の餃子確率が高いのです。
 ネギ、ニラ、キャベツを刻んで(フープロガーーーもあり)、ひき肉にオイスター
ソースとしょうがとにんにくを入れて、混ぜて包むだけ。最近は、皮は買うことが多
いです。皮から作るとおいしんだけど、ちょっと敷居が高くなります。水餃子なら皮
作りたいし、作ると格段に違うからやってもいいけど(冬場限定)、夏場は焼き餃子
でしょう!焼き餃子なら、皮は買っちゃえ、夏場は粉遊びはいやだ、というわけで、
30枚入りの餃子の皮を買って、ホットプレートでイッペンに焼きます。これなら、
ガス台の前で暑い思いをする必要もないし、ホットプレート出すとオトコズがせっせ
と働くので、あたしは冷たいものを飲んで川上の方に座っていればよし。餃子はおい
しい、たのしい、ラクチンです。うちの餃子、野菜いっぱいですごくおいしいです。
知人が、おいしい、って言ってた餃子屋さんに食べに行ったことがあるんですが、夫
婦で「うちの方がおいしい」と帰ってきました。幸せなことですわ。

1498055152036.jpg

咲ク・ララ・ファミリア

商品の詳細

 

 60過ぎて4人のむすめがいるおじさんがいます。奥さんは、30年以上前に若い男(娘の家庭教師だった)と逃げてしまって、離婚して男手一つで、娘を育てきたお父さんです。といっても、長女がやけにしっかり者になって、あまりにもしっかり者なので独身。次女は結婚して家を出ており・・・と4人は40近くの長女を頭にすっかり大人です。

 

 このお父さんが、実は一緒に暮らしたい人がいるっていうのです。えーえーえー!お父さん、再婚!!と娘たちが色めきたったところ、連れてきたのが、20数歳も年下の40歳の、ここまではありかもしれない。娘とたいして年齢が変わらない、もあるかもしれない、「男」だったのだ!男!!!これは、かなーりびっくりしますね。翻訳家で、結構売れる本の翻訳をしていて、美形だというこの「彼氏」??と同居することになる、ドタバタもあり、娘たちの反応もあり、元妻の反応もありの、顛末記。ま、最初は男!?と思ったけど、まあ、家族になるのに、役割を押し付けなければ男か女かというよりは人間の問題。それをしみじみ思うようになります。ふむ。やっぱり現実としては、びっくりだろうけど。だめじゃないけど。

 

2017年7月14日 (金)

すれ違いのダイヤリー

タイの映画です。タイの小学校の先生、2人が主人公。なので、あれこれ字を書く
けど、タイ語って、ほーんと不思議な文字で、字をくるくる書いているだけでおもし
ろい。たぶん、ひらがなだって、同じように面白いんだろうけど。
 2人の先生が、時期がずれて、同じ分校、それも水上にある分校(湖の上らし
い)、地面がない、そういう分校の先生になるのだ。生徒は数人。船で島から通って
きて、月~金までは分校で先生と暮らす。週末は家に帰り、先生も都会に戻る。い
やー、びっくりな水上の学校。子どもはかわいいし、お天気がよければ、すごくきれ
いなんだけど、なにせ、校庭はないし、台風なんかきたらたーいへん。生活も全部、
水上。すごいのだ。そういう学校の先生と生徒。そういう先生が、前任の先生の残し
た日記を読む、っていうストーリー。単純だけど、まったくの異文化の中でのあれこ
れ、世界は広い、いろんな場所といろんな生活があるなあ、ってつくづく思う。単純
ながら、楽しめました。

1498055446162.jpg

西洋菓子店 プティフール

商品の詳細

 

 あたしは、甘いものが好きです。ケーキ類も大好きです。自家製の焼き菓子も、超適当で作りますが、買うのも大好き。幸い、あれこれケーキ屋さんがあるので、買うのも楽しく暮らしています。これは、おじいちゃんがやっているケーキ屋さんを手伝う孫娘、もちろん修行中を中心とした、何人(彼女の仕事仲間、彼氏、仕事仲間の男性を思う女の子など)かが、それぞれ1章ずつの主人公になっている、うまい連作短編集。お菓子の話?っていうだけじゃなくって、働くっていうこと、自分の仕事と恋やおしゃれや、生きることのバランスや関係、自分を素直に出すっていうことと、人に好かれるためにどういう態度をとるかっていうことと、すごくありそうなことがいっぱいで、あたしはケーキ職人じゃないけど、でも、生きること、人と付き合うこと、自分の主張をするってこと、いろんなことで納得したり、そーだよなって思うことがいっぱい。こんな風に悩まないこともういっぱいあるけど、こういう丁寧な表現って大事にしたいなあって思います。

 

2017年7月13日 (木)

抹茶ババロア

ツルン系ばかり作っております。で、当然ながら面倒なことはしたくないので、抹
茶ミルク(森半)を使って、固めただけです。かんたーん!それにスプレーホイップ
乗せれば、簡単デザート!ふん!

1498055095438.jpg

よそおい手帖

商品の詳細

 

 調子がよくなくって、がっつり本が読めないなあっていう日があたしにもあります。今回は原因が明確ですから、まあ、心配することはないんです。吹っ切れればいいだけなので、どーってことないです(しぶといです。あたし)。

 

 あたし20代から30代くらいにかけて、この方のニットの本とか、あこがれてよく見たなあ、って思い出します。そのころ、大人の入口にいて、この方の描く、大人な女性のイラストやおしゃれが、ステキに見えたものです。すでに、あたしが十分な大人です。彼女が描いていたオシャレでステキな大人になっているか?というとはなはだ疑問ですが。

 

 あの西村さん、この本では72歳!えー!えーー!!お嬢さんがいらして(お嬢さんが最近の流行とかおしゃれに敏感な感じです)、時々待合せたり、お昼を一緒にしたりしながら、美大かイラストの学校で、時々イラストを教えたりしながら、原稿仕事も少しして、相変わらずおしゃれに暮らしている感じです。そして、わかい人のオシャレな様子を、おもしろがって、組合せや色合わせ、チャレンジもあたたかく見ながら、自分でも取り入れられるものは取り入れようとしてる72歳!さすがです。そして、ファストファッションとかも、チャレンジしながら、体型の崩れもあれこれ気にしたり体重増も自分に戒め(72歳ですよ!!)、良いものをちゃんと知り、着ながらも、一部、流行のファストファッションも取り入れようとする感じがステキです。あたしは、かつては年齢がある程度いったら、安物じゃなくて、良いものを長く持つような暮らしっていうのが定番の教えだった育ちをしてきましたが、加齢してきた時代が、デフレまっさかりの時代で、日本の物価が20年余、まったく上がらず東洋の低価格国になってきたわけです。そんな中で、今頃は、ユニクロなどに代表される安い服をどんどん消費する国になってきた面もあります。

 

 安いんだからいいじゃない、と数多く買って、ワンシーズンや2シーズンで捨てていく生活っていうのは、どこか私にはできない感じもあります。でも、安くていいものもあるよね。そんなバランスにちょっと迷う気持ちもあったこの頃、西村さんのこの感じは、とってもいい感じで、見習いたいなあって思いました。ぜーんぶ、ファストファッションじゃあ、満足できない。でも、うまく取り入れて、うまく使って、全体として安っぽくない大人でありたい。

 

2017年7月12日 (水)

アダプテーション

 脚本賞とかとってる作品なんだけど、うだつのあがらない脚本家の双子をやってる
ニコラスケイジが、なんだかちっともよくなくって、つまんない。蘭(花の欄)に魅
せられちゃったうさんくさいオジサンと、彼を取材するニューヨーカー誌の記者(こ
れがメリルストリープ)が、蘭とその男にはまっていくところも、全然納得できな
い。なんで、こんなのにはまる??メルリストリープって、ものすごく肌がきれいだ
なあ、なんて余計なことを考えちゃうくらい、感情移入できなくって、奇妙な脚本家
も、気持ち悪い感ばっかりで、あたしには全然だめな映画でした。結構評価が高い映
画らしいけどね。すいません、わかりませんでしたなんだろうね。

1498055378115.jpg

ママがやった

商品の詳細

 

 井上荒野さん。あたし、この方の作品を読んでは、「もうやめよう」って思う。もうこの人の作品は読まないことにしようと。でも、そう思ってもまた作品を読んでしまう。で再び思う、で、また読んで、また思う。の繰り返しを何度してきたことか!これもそう。やっぱりもう読むのはやめようって思いながら読み進めて、最後まで読んで、やっぱり、もうやめようって思います。

 

 ある男性、だらしない、働かない、こまったダメンズ、この男性を母親が窒息死させちゃう、ってところから物語が始まります。なーんてことないように、死んじゃったのよ、あたしがやったの、意外と簡単だったわ、っていうのです。で、そこで、その死体が寝ているところで家族で普通にごはんとか食べちゃう。なんかいなくなっても、誰も悲しい感じもしなくて、なんだかホットしている、そういう男性。

 

 そこから、時間が遡って、その男性のだらしない様子、人に取り入るのがうまいこと、妙にかわいげがあるところ、憎いんだけど憎めないようなところ、でもずるいところ、あたし読みながらイライラします。こういう人にかかわるのが人生の醍醐味な人はいいですが、あたしはイヤです。で、最後に殺しちゃう、よーくわかる。でも殺しても益はないので、できればかからわない人生がいいな。イライラしまくり、ムカムカしまくり。関わりたくない。

 

 

 

2017年7月11日 (火)

フローズンヨーグルトイチゴ味

焼き菓子はもうしばらく作りたくなーいの、季節になってきました。いや、冷やし
て作って食べてもおいしいんだけど。バニラアイスと、濃いガトーショコラの組合せ
とかね(←妄想)
 とりあえず、ツルン系、アイス系です。フローズンヨーグルトって、以前はパルシ
ステムで買って食べてましたが、作れば簡単、で、おいしいです。生クリームを、
もったりするくらいまで泡立てて(プレーンヨーグルトくらいですね)、プレーン
ヨーグルトと合せます。その時に、好きに加糖したり、フルーツや、フルーツ缶を入
れるだけです。今回は、ロクなフルーツがなかったので、加糖せず、いちごジャムを
混ぜてしまいました。同じでしょ?というわけで、フローズンいちごヨーグルト。
 これを冷凍庫に入れて固めます。入れて寝てしまってはいけないのです。数時間
後、忘れずにフォークで、全体をまぜておくと、カッチカッチになって、とれなー
い!!取るだけで大汗かいちゃう、なんてことが避けられます。ガシガシと凍りかけ
をまぜて、空気を入れておきます。たっぷりのフローズンヨーグルト、いちご味で
す。マンゴー味とか、モモ缶味とか、お好きな缶詰でも、バナナでも、ブルーベリー
ならすごくおしゃれですわいっ!
1498055037711.jpg

余命二億円

商品の詳細

 

 タイトルだけ読んだら、誘拐されたとか、あるいは2億円あれば特殊な手術とか移植とかできて、命が助かるとか、そういうことかな、と思って読み始めました。全然違いました。

 

 ある工務店をやっているオヤジさんが、近所の女の子がトラックに轢かれそうになっているのを助けてけがをします。たいしたけがじゃない、よかったよかったと思ってたところで、脳内に衝撃があって、危ない!もしかしたら植物状態?っていうことになっちゃうわけです。ムスコは2人いて、それぞれ事情を抱えているんです。

 

 

 

 さて、ここに出てくるいやらしい弁護士という金勘定が得意な男のいうこと、人はすぎたことにお金はかけない、未来には使うんですよ。葬式はだましあい、見世物ですよ、と。この兄弟、決して仲が悪くないし、父親のことも十分大切に思っている。仲もいい。それでも、お金とこれからの人生の可能性を考えてしまうのは人としてしょうがないんだろうなって思います。介護とか、それも植物状態になったときの介護とか、父親の同棲相手(老いらくの恋?)の出現とか、ありそうなことがいっぱい。そして、人間、悪人じゃなくて、みーんないい人なんだけど、愚かしい、あ、あたしももちろん含めてね、人の世の常。この複雑さがかえってリアルで一気読み。うまいわ。

 

 

 

2017年7月10日 (月)

すっぱオイスター

夏場の作り置きによく登場する野菜ものです。にんじんと、セロリと、ピーマンが
必須。あとはパプリカとか、しいたけとか好きに足します。ただ、細長目にカットし
て、軽くいためてあるのですが、味付けが、オイスターソースと、お酢、ごま油
ちょっと。塩コショウ終わり。スッパ系で、コクがある感じかな。彩りよく、野菜
いっぱい食べられる感じです。
1498054968843.jpg

失恋延長戦

商品の詳細

 

 山本幸久さんです。読み始めて、しばらくしてから「読んだかも」って思い出してきたけど、すっかり筋は忘れてるし、楽しいからいいや、と再読(たぶん)です。

 

 田舎の高校生の恋がテーマっぽいんだけど、実はそれより、その女子高生と飼ってる柴犬のベンジャミンの様子がすごくいいです。ベンジャミンって、柴犬なんだけど、柴犬っていうか、家族っていうか言葉わかってる感じで、冷静でしもべみたいな、長じると執事みたいな、そんな感じで、最後までお嬢さんを大切に思ってそばにいる様子。恋愛して、うまくいかなくって、後輩のかわいいこぶりっこに取られて、自分はどうもパっとしなくて、でも、ずーっとベンジャミンが見守ってくれる感じ。あー、恋愛小説?っていう感じでもなくって、なんだか楽しいです。

 

2017年7月 9日 (日)

台湾じゃこセロリ

セロリの大束をあると、作っておきたいスッパ辛一品。クウネル本で台湾セロリっ
ていうのが出てて、それにオリジナルでジャコを入れてみたら、定番化しちゃった。
ごま油でセロリとジャコを炒めて、砂糖、お酢、おしょうゆで味付けて、唐辛子の辛
みをちょっとつけるだけ。ご飯にのせるとご飯が進みすぎるので要注意。スプーンで
すくってバクバク食べたい!
1498054921196.jpg

彼女に関する十二章

 

 いやーあ、面白い。中島さん、こういうのうまいなあ、50歳の聖子さん。ほぼ??同年代。ムスコが巣立ち、あんまりかわいげのない女の子と一緒に住んでいるという。夫婦2人暮らしになって、自分はずーっとパート仕事で経理の仕事を手伝っている、そういう聖子さん。ふと読み始めた60年前の女性論っていうのが、古い本なんだけど、自分の生活のあれこれととてもシンクロする。ふしぎだーー!この聖子さんが、新しい職場(知り合いのところで手伝ってくれといわれていく)、オットとの関係、オットの仕事のこと、義弟の同性愛のこと、ムスコと彼女の結婚のこと、あれこれありながら、それに一つ一つ考えながら、同時に女性論を読み進めていく感じが、とてもうまくて、楽しい。そう、本質は実はあんまり変わってなくって、でも、若々しい気持ちの聖子さん。いいなあ、これ。

 

2017年7月 8日 (土)

ナポリタン

昭和生まれのあたしは、こういうスパゲッティ(決してパスタじゃなくって、スパ
ゲッティ)って、なんだかなつかしです。玉ねぎとピーマン、そして、ソーセージ、
トマトソース味じゃなくって、ケチャップ味。決して、アルデンテじゃなくって、太
目のパスタをゆるめにゆでる(爆)、喫茶店にあったようなナポリタン。ナポリの人
もびっくりなナポリタン。おじさんと懐かしいねえ、おいしいねえ、とペロリです。
1498054853770.jpg

2017年7月 7日 (金)

かぶの甘酢づけ

カブって、夏の作物じゃないと思うんだけど、まだ普通に売ってますねえ。この暑
い時期にどうやって、葉っぱがこんな風にできるんだろう、と思いながら買っちゃい
ます。定番の浅漬け(カブ、にんじん、きゅうり、たまねぎ、キャベツ、それに時期
によっては、みょうがやなす、シソなどを、ゆず塩でまぜてジップロックに入れてお
く)は、みーんなが大好きなので、カブがあるとつい買っちゃいます。この自家製の
浅漬けに、かつおぶしを乗せて、自家製ゆずポンズをかけると、ほーんとおいしいで
す。去年から作っている(たって、合わせておくだけ)のゆず塩が、一年中、おいし
い浅漬けを助けてくれます。ゆずってありがたいわーーー!
 というわけで、かぶを買うのですが、浅漬けで半分使って、残りはっ甘酢漬けにし
ました。これは、しょうがとお酢と砂糖で終わり。翌日以降。味がしみておいしくな
ります。パリパリで、さっぱりで、いくらでも食べられる。この季節、こういう冷た
いおかずがおいしいです。
1498054803326.jpg

テミスの休息

商品の詳細

 

 ある弁護士事務所で事務員としてはたらく、シングルマザーが、その小さな弁護士事務所の弁護士さんの仕事を助けながら、ごくごく普通の感覚で悩んだり、考えたりする様子です。このお母さんも、離婚してムスコを育てながらっていうのもあり、弁護士さんと先を急がない淡い恋をしているのもあり、零細弁護士事務所として仕事はほしいけど、っていう気持ちもあり、平易な筆致で、淡々としているけど、市井感情ってこういうことを言うのだったらとーってもよくわかるんです。人のあら捜しをして、糾弾することで炎上するような市井感情ばっかり身近になってきていると、なんだか恐ろしい気がするこの頃に、ほっとします。

 

2017年7月 6日 (木)

チャプチェ

 たまーに食べたくなる、あの韓国ハルサメのモチモチ感。最近、カルディでは品揃
えが悪くなって、なんだか小さい袋で日本人向けのものしかなくなっちゃった。以前
はいかにも、直輸入!みたいな大袋があったんだけどなあ。チマチマした、カスタマ
イズされた商品ってつまらなーい。
 ま、しょうがないので、それを2袋使って、チャプチェにします。ニンジン、ピー
マン、パブリカ、あとはしいたけでも、きくらげても、ひき肉でも、おごって牛肉で
も、ベビーコーンでも、しめじでもなんでもいんです。野菜あれこれ。炒めて、ダシ
汁を韓国ハルサメにしっかり吸わせればできあがり。このモチモチ感って、ふし
ぎーー!
1498054734014.jpg

四十路の悩み

商品の詳細

 

 太田垣さん、前読んだことがあるんだけど、しばらく読まないうちに、バーテン(お店をなさってる?)男性と結婚して、お子さんも生まれてたんですね。で40代になってたわけです。

 

 以前のように、イラストレーターとしての仕事を中心に旅行に行ったり、毎日のように飲みに行ったりの生活はガラっと変わって、なにせオットさんが夜の仕事だから、子供をオットに預けて飲み歩くこともしにくい、子供中心で、かつママ友もできるという生活の変化もあり、結構高齢出産だったので、体型の衰えとか美貌の衰えとか、自分にかまうヒマがなくなってることとか、あれこれもある感じ。まわりのちょっと年下のお友達(仕事関係)や、同年代の独身の友達ともあれこれ。みたいな内容。

 

 あたし、すでに40路の悩みでもないんだけど、ま、子育てたいへんな時期って、やっぱり忙しかったし、いろんな欲求がうまく回転しないなあって思うことがいっぱいあって、パンパンになっていた時期もあったなあ、と今ではなつかしく思います。まあ10年くらいだけど。それと加齢は少しずれていたので、また40代になって体力と気力の衰えを感じる時期のあせりっていうか愕然とする気持ち、自分を保とうとする気持ちはまた別で、それが子供で忙しい時期と合わせ技できちゃった太田垣さんの悩みっていうのがあるんだろうな、と少し時期的なことも思ったり。あんまり新しいネタもなかったけど、晩婚、晩産になるとこういう風になるんだろうな、ってことです。

 

2017年7月 5日 (水)

セロリのスープ煮

長い間、セロリ難民でした。セロリを思う存分買える八百屋さんがなかったので
す。がーー、数週間前、偶然通りがかった八百屋さんで、大束を買うことができたの
です!!うれしーーー!!それから週末のたびに、その八百屋さんルートを通ったお
散歩をするあたし。これはすでにお散歩ではなく、セロリを買いに行ってるだけのよ
うな気がします。

 あれこれ、セロリセロリとセロリを食べておりますが、暑くなってきて、ただのセ
ロリノスープ煮。これをスープごと冷やしていただきます。コンソメ味をつけて、あ
とは、いただきもののスエーデンのスパイス。書いてある単語が何一つわからないの
で、よくわからないけど、オレガノとか、タマネギとか、セージとか入っているミッ
クススパイスみたいな香りの瓶。北欧のスパイスって、瓶がでかい(人間もでかい)
ので、いっぱいあるのを入れて、ただのセロリの香り煮。冷たく冷やしてパクパク。
大束の半分くらいは煮ちゃいました。来週もお散歩!!
1498054672233.jpg

はれのちブーケ

商品の詳細

 

 ある大学の同級生が、つきあって10年して、やっと結婚することになり、二人と同じゼミだった友人が、久しぶりに結婚式で神戸に集まるっていう設定です。30歳になった男女ですから、結婚することになった2人もいろいろあるし、独身もあれば、でき婚した人もあり、恋愛中の人もありと、それぞれな感じなんですが、人生って、いろんな選択肢を選択できるってことは、つまり選択しなかったことで失ったこと、ある選択をしたことで、結果的に選ばなかったこともあったわけで、そういうことに思いをはせながら、読みます。あたしも30歳じゃないけど、いろんな選択してきたし、たぶん、今もしてます。そしてあとから、あれが大きな分かれ道だったなあ、って思うこともある。そんなことをぼんやり考えながら青春と恋愛と、それぞれの選択をやさしい気持ちで楽しみます。

 

2017年7月 4日 (火)

さばのパクチーソース

西原理恵子さん、漫画家さんです、最近は、高須クリニックの高須先生とのお付き
合いがネットで話題になったりするけど、まあ、誰と付き合おうと、サイバラさん
は、サイバラさん。枝元さんは、どんどん丸くなるけど、むかーし、中野のカルマっ
ていう無国籍料理店でシェフやってた(若い頃)とき、ほーんとおいしかったなあ
あ、写真でみると倍くらい太っちゃったけど。この2人の「おかん飯」っていう料理
本?対談本?があります。もう、料理本っていうか、おばちゃん2人のお笑い本みた
いになっていますけど。
 これを見てみて、アジ(の焼いた)のには、まあ、大根オロシっていうのが定番だ
けど、パクチーソースっていうのをかけてたんですよ。パクチーと、青唐辛子と、
しょうがとナンプラーとレモン、だったかな。青唐辛子は常備してないけど、パク
チーソースって、青い魚に合いそうだなあ、と大根オロシがないとき、やってみて、
サバでもオッケーな感じです。
 パクチーはみじん切りがいいんですが、あたしはカルディのパクチーの瓶詰(常備
してます)を使います。それに、ナンプラーとレモンを入れると、ぐーっと、エス
ニックな味になります。辛さを求めるなら、何か唐辛子粉とか入れればいいけど、あ
たしは求めてないので、おしょうゆ2滴くらい入れて終わり。さばをただ焼いただけ
(しかも、コストコの塩サバフィレ)に、このパクチーソース。さっぱり、パクチー
の香りです。

1498054614753.jpg

のっぴき庵

商品の詳細

 

 高橋洋子さんって、ずーっと以前は女優さんでしたよね。40代以上?の方にしかわからないと思うけど。もうずーっと見てないけど、お顔の印象だけはぼんやりありますね。今は女優さんというより(もうかなり高齢だろうけど)、エッセイストとか作家さんとかやってるみたいですね。へえへえ

 

 これは、元役者さんばっかりが集う老人ホームを伊豆に作って、そこで元有名な売れっ子も、元大部屋俳優も、暮らしているっていう設定。まあ、浮き沈みがあるから、売れたといっても、別事業に手を出したりして失敗しちゃっている人もいるし、家族のない人もいるし、いろいろよね。そこでまあ、のんびり海のそばで暮らしているんだけど、傾きかけた温泉旅館が、往年のスターの歌謡ショーをしたら、ちょっと老人客が喜ぶんじゃないかと思いついちゃうわけ。でも往年のスターにしては、プライドもあるし、そんな温泉旅館の宴会場で、畳で浴衣で酔っ払っている老人客のショーなんて、っていう気持ちもあるわけ。そういう話。

 

 自分の価値を自分で知るってある意味残酷なことでもあるけど、大人だから、そこも笑い飛ばせるようなところも持ち合わせたいなあ、とも思える、老人たちの元気な物語。

 

2017年7月 3日 (月)

スプレーホイップで遊んでます

夏場はつるんプリン系のデザートを作ることが増えます。作るのも簡単だし、食べ
るのもさっぱり。マンゴーババロア、抹茶ババロア、ブルーベリーババロア、なんて
いうのは、缶詰とか、抹茶ミルクの粉とか、煮てあるブルーベリーとかで簡単にでき
ちゃう。コーヒーゼリーも簡単。バニラアイスと苦味のあるコーヒーゼリーの組合せ
は大好きです(コーヒー好きです)。一方、生クリームもの、たとえば、ティラミス
とかは作らないです。火にかけないで簡単でいいけど、でっかいコストコのケースに
作るから日持ち的に不安だ。焼き菓子は作ってもいいけど、オーブンつけたらキッチ
ンから逃避しちゃう。暑いもん。売れ行きもよくなくなるから、焼き菓子はどうして
も作る頻度が落ちるわね。あったかいコーヒーに焼き菓子っていうシーズンじゃない
ので。
 つるん系のデザートに、スプレーホイップを1つ買っておくと、ちょっと見かけが
よくなります。すっぴんのあたしに眉毛書いて、リップつけたくらい(まあ、本質的
には変わらないってことだけど)。こういうスプレーホイップ、常備はしないんだけ
ど、この季節だけ1本だけ買ってみてます。オットはたくさんつけたがるけど、こう
いうのは、ちょっとだからオシャレなのだ、と主張して、ケチケチ、ワンシーズン使
うのだ。
1498054537859.jpg

エロスの記憶

商品の詳細

 

 やめればいいのに、また懲りずにアンソロジーに手を出したあたし。ブツ切れの時間の中で、どーっぷりはまらなくても読めるっていうのがアンソロジーなんだけど、これは期待値低くて、読み始めてみても、やっぱりなあ、とたいしたことなく終わった感じ。1-2作はまあまあ、のもあったけど(ってどれとは言わないが)、あとは、あーあーあー、って思ったのは、ネタが「エロス」というあたしのもっとも不得意分野だから、だけじゃないと思う。安易なアンソロジー反対!!

 

2017年7月 2日 (日)

むね肉の南蛮漬け

ムネ肉を柔らかくやいて、千切り野菜と漬け込むだけです。タレをチンしたところ
に、千切り野菜を入れちゃうので、ちょっとしんなりするので食べやすいです。チキ
ンは、穴をあけてから粉つけてやいて入れるだけ。2-3日たってからの方がおいし
いです。
 タレは、お酢としょうゆとみりんが基本、味付はまあ適当です。チキンだと、揚げ
ないのでいいので(小あじだったら揚げるよね)、簡単で、作る方も暑くないので、
ラクチンです。野菜いっぱいと食べるとおいしいです。たまねぎ、ピーマン、ニンジ
ン、セロリ、なんでもいいです。キュウリは水っぽくなるので、食べるときに添えた
方がいいかな。
1498054452287.jpg

閃光スクランブル

商品の詳細

 

 有川さんの絶賛を彼女の「倒れるときは・・・」で読まなければ読むことがなかったろう加藤さんの本。ジャニーズのタレントさんなんですって(←全然知らないですが)、なんだかデビュー作で賞をとった、ピンク?とかいう本はまだ読んでないんだけど(図書館の棚になかった)、彼の2冊目です。アイドルグループのメンバーで、有名男優さんと不倫している女の子が主人公。写真誌に取られたり・・・あー、仕事としてのアイドル稼業っていうことと、その限界、あほらしさをすごくよく実感している人なんだなあ、と思います。自分だって、一応、アイドル稼業なんだろうと思うのですが(ジャーニーズのタレントさんというだけでそう思っているのですが)、その虚像をちゃんと商売として認識できてるんだろうなあって。そう思うと、アイドルさんたちの発言も、わかっている人だったら結構面白いのかも、なんても思います。

 

2017年7月 1日 (土)

真夏のつくりおき

いよいよ、7月になってしまいました。むしあついーーー!!
 あたし、平日の夕飯(我が家の夕飯時間は22時!)は、基本作り置き派なんです
けど(平日、帰宅してから、えっちらおっちら作る気がしないのよ)、作り置き派に
は、不向きな季節になってきました。といっても、早く帰宅して、しめっきりの家
(だいたい、蒸しぶろ状態)で、そこから夕飯を作る気にはならないので、作り置き
をやめることはないんですけどね。でも、冬場とちがって、食べ物も傷みやすいの
で、いろいろと工夫したり、ない知恵を使ったりしながら、やっぱり作り置きで、帰
宅後10分以内で(着替えて、窓あけたり洗濯物とりこんでソファーにおいたり、お
弁当箱を片付けたり、手や顔をあらったり、全部した上で、ご飯もおかずも用意し
て・・・)夕飯にしたいんですよ。冷たい物も飲みたいしねーー。
 というわけで、夕飯はどんどんシンプルにしていくわけですが、私自身、結構お腹
が空いているので、ちゃんと食べることはやめられないのです。食べないと、すぐに
ばてちゃうし。この季節、作り置きにも、煮物とかが減って、マリネとか、南蛮漬け
とか、お酢を使ったもの、付け置きものが増えてきます。煮物みたいのも少しは作り
ますが、量を抑え気味にして、月曜火曜あたりに食べちゃう。もちろん容器はき
れーーいに食洗機で乾かして、水分を入れない、濡れた箸で取らないとかは徹底しま
す。酢とショウユとごま油、砂糖セット、レモン、オイル、ビネガー&スパイスセッ
トみたな味付が増えていきます。さっぱりして食べやすいっていうのもありますから
ね。私は味を濃くしたくないので、大好きなひじき煮とかも作らなくなります。そう
やって、9月半ばまでなんとかしのいで秋になると、煮物が食べたくなるもんです。
ま、そういうのもいいかな。写真は、シンプルにキュウリだけ。これも作り置きや
ん。今回は、キュウリしかなかったけど、ミョウガを入れたり、しょうがを入れた
り、ラー油でちょっと辛くしたりと、お安いキュウリでいっぱい作ってあります。ポ
リポリ・・・

1498054381331.jpg

海街ダイアリー(ノベライズ)

商品の詳細

 

 鎌倉で暮らす3姉妹のところに、腹違いの中学生の妹を引き取って暮らす映画、綾瀬はるかさんが長女で、DVDで見ました。1年以上前。原作はマンガらしいのですが、実は読んでなくって、マンガは図書館で貸してないし、持ってないので(買えってことか?)、懐かしくなってノベライズ版の文庫を読みました。ま、1時間~2時間で読めてしまう文庫なんですが。映画を少し前に見ているので、本を読むと映画のシーンが浮かび上がってきて、なつかしい気持ちと、映画ではボーっと見てしまって流れてしまったんだけど、長女には次女には、こういう思いやこういう性格を設定してるエピソードだったのか、と本を読まないと、超鈍感な私には思いが及ばなかったこともあったりで、再読みたいな感じだけど、わりと楽しく読みました。

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »