2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« むね肉のネギ味噌ソース | トップページ | 湯を沸かすほどの熱い愛 »

2017年6月15日 (木)

魔球

商品の詳細

 

 東野圭吾さんです。天才投手が入部したことで、突然強くなった野球部で、その投手の女房役のキャッチャーが殺されてしまいます。

 

 愛犬の散歩に行ったときに、愛犬とともにだれかに刺されて見つかるのです。

 

 いったい誰が??

 

 

 

 というときに、次はその天才投手が腕を切り落とされている状態の死体で発見されます。えー!という謎解きです。

 

 人生で身近な殺人事件にそうそう出会うわけでもないので、小さな町の野球部の中心選手が2人殺されるなんていう設定は、考えてみたら、もう大大大事件ですよね。ということから考えて、こーんな風に冷静に、事件の解決が進んでいくこと自体、こういう事件を想定すること自体、なんだかリアリティがなくって、事件のからくりを解くための事件みたいに思えてきちゃう。登場人物のやむにやまれぬ行動も同感できず。

 

« むね肉のネギ味噌ソース | トップページ | 湯を沸かすほどの熱い愛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/65935288

この記事へのトラックバック一覧です: 魔球:

« むね肉のネギ味噌ソース | トップページ | 湯を沸かすほどの熱い愛 »