2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 肉まんあんまん | トップページ | 休日のパンケーキ »

2017年4月16日 (日)

赤毛のアンナ

赤毛のアンナ (文芸書)

 真保さんです。児童養護施設で育ったあんなちゃんという女の子。25歳になって、どういう理由か男性を刺したということで逮捕されます。この25歳になったあんなちゃんは、一度も出てこないんです。彼女が、養護施設に入ることになった理由とか、養護施設でのあんなちゃんの明るく、元気な様子とか、学校時代のあれこれとか、いっぱい出てくる中で彼女の人となりを描いていきます。

 あの、あんなちゃんが!とかつての同級生や、施設の仲間が施設を出たあと、就職して生きてきた彼女の人生を知ろうと奔走します。そこで語られるあんなちゃんの様子を描くことで、一度も今のあんなちゃんが出てこないのに、彼女がどういう風に育ち、どういう風にがんばって、どういう風に生きてきたのかが、わかってきます。赤毛のアンにあこがれて、元気で前向きなあんなちゃん、どれほど辛いことを言われてきたか、それから逃れようと何度もがんばっても、何度も悪評が追ってくる、そんなことの繰り返し。読みながら、辛くってたまらない気持ちになります。

 生きていくことのたいへんさ、辛さ、そこで希望を失わずにがんばるあんなちゃん。彼女を助けようと必死になる友達たち。魂を込めて書いたという真保さんの渾身の一作です。

 

« 肉まんあんまん | トップページ | 休日のパンケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/65116728

この記事へのトラックバック一覧です: 赤毛のアンナ:

« 肉まんあんまん | トップページ | 休日のパンケーキ »