2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マーマレード入りマフィン | トップページ | うちのシュウマイ »

2017年4月24日 (月)

年下のセンセイ

商品の詳細

 

 30歳手前の予備校の事務系職員をやっている女性が、同僚と言っている生け花教室で、お師匠さんの孫?でお手伝いをしている、透センセー(といっても、高校卒業して数年の20歳くらい)と出会います。華道の名門の息子さんだけあって、センスはいいし、所作も落ち着いているけど、しょせん20歳の子どもです。いくつかの偶然があって、この2人に恋が芽生えるのです。ま、年齢差10歳くらいの年の差ですから、あるっていえばあるんですが、女性が30前の社会人で、今後の人生、職業なんかを考えるターニングポイントであるのに対し、男性は、これから大学に行こうかっていうところってことで、ちょっと意識的にも差があるんですね。うーむ、30歳と40歳とは違うよね。

 

 ただ、この小説がいいところは、この恋愛(遠距離になるんだけどー、東京と名古屋の)それで、会いたい会いたいだけじゃなくって、それぞれが、ちゃんと人生に前向きに取組んでいけるようになっていること。女性は、仕事の中で新たな挑戦をしようとするし、若者も目標を見つけてがんばろうって思っていく。恋愛が、人生のプラスになっている感じがさわやかな青春小説で、おばちゃんはニコニコ、ニンマリ。

 

« マーマレード入りマフィン | トップページ | うちのシュウマイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/65434567

この記事へのトラックバック一覧です: 年下のセンセイ:

« マーマレード入りマフィン | トップページ | うちのシュウマイ »