2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こげるぜ、ホットサンド | トップページ | 最後の白菜やきそば »

2017年4月22日 (土)

マル合の下僕

商品の詳細

 

 高殿さんは、たしか「トッカン」シリーズを書いていらっしゃる方でしたよね。数冊読んだことがあります。まる合ってなんだ??って思ったら、博士論文(つまり大学の博士過程の)論文を審査することのできる教授のことだそうです。へえ、へえ、知らなかった。この小説は、マル合どころか、助教授にもなれない、そこそこいい大学の博士課程まで出ているのに、非常勤講師を8コマとか9コマやって、月収10万円くらいがやっと、っていう生活をしている男性が主人公。大学で職を得るためには、ともかく空きがあるか、その空きを埋める人にコネがあるか、研究分野や専門分野は合うのかどうか、みたいなことらしく、誰のラインだとか、誰の弟子だとか、論文作成を手伝うとか、もうあれこれあって、彼はなかなかいい職に出会えないのだ。彼のお姉さんの息子が居候でいついているんだけど、そいつがデキスギな小学生で、家事全般をやってくれるなか、論文を書き、アルバイトをして、という中で、教授の手伝いとか、新しいバイトとか、中国人大家さんに頼まれたあれこれとかのドタバタ物語。全体として、一本もうちょっと何か入れた方がいいんじゃないかと思いながらも、結構楽しい。どの世界にもいる憎らしい人への復讐も舅半端な感じで最後はちょっと尻すぼみ。これが現実なのかもとは思うけどね。

 

« こげるぜ、ホットサンド | トップページ | 最後の白菜やきそば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/65116798

この記事へのトラックバック一覧です: マル合の下僕:

« こげるぜ、ホットサンド | トップページ | 最後の白菜やきそば »