2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 植えた葉っぱたち | トップページ | マーボ長芋? »

2017年4月26日 (水)

声のお仕事

商品の詳細

 

 川端裕人さんです。あたし、全然知らなかったんですけど、川端さんのお仕事が、いくつかアニメになったりして、彼はアニメのアフレコ?(声優さんの声入れですね)の現場を見たり、そこでのいろんなことを知ったりして、この作品を書かれたようです。あたし、アニメは、ほとんど見ませんので、声優さんもあんまり知らないし、その仕事の現場のこと、ご苦労、工夫など、未知の世界でした、この小説は、アルバイトをしながら、声優を目指している青年が、オーディションを受けて、ちょっとした役、なーんと最初は犬の役ですーを貰って、仕事をするわけです。そのプロセスで、他のちょい役も頼まれたり、犬もやったり、有名な声優さんたちの仕事をする姿をみたり、そこでの工夫、ダメ出しされたりをしながら、すこしずつ成長していく物語です。顔が見えなくても、いや、顔が見えないからこそ、声だけで臨場感抜群になるように工夫する声優さんのお仕事。演技も、声だけ。なーるほど、難しいなあ、その間合いとか、マイクの前での場所の配置とか、勢いとか、分割した録音とか、なーるほど、そういうことがあるんだあ、っていうことがいっぱいです。どんな仕事でもそうでしょうけど、難しいし、うまくいかないし、落ち込むし、たいへんだわ。

 

 そんな青年のお仕事小説。よかったです。

 

« 植えた葉っぱたち | トップページ | マーボ長芋? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/65436126

この記事へのトラックバック一覧です: 声のお仕事:

« 植えた葉っぱたち | トップページ | マーボ長芋? »