2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月30日 (日)

マンゴーチョコレート

コストコネタです。あたし、コストコのお菓子のコーナー、ちゃんと見て買ってお
ります。大好きなのは、古代せんべいというブツブツのお煎餅です。これ、お煎餅で
一番好きです。オットは、歌舞伎揚げのこぶくろになっているのを欲しがります。コ
ブクロになっているといっても、あけると、小さい袋1袋食べなきゃならないので、
気をつけたいんですが、やっぱり買ってるかな。あとは、アサイーとブルーベリーが
チョコでコーディングされているチョコボールみたいなお菓子。小さい袋は、近所で
も、カルディでも売ってるけど、結構高いので、大袋の格安感でついつい買っており
ます。小さい子どももいないのに、どんだけお菓子食べるんか!って感じですけど。
平日、うちに居ないのにねええ。

 そして、前回初めて買ってみて、これ、まじやばいわ!(←若者風に言ってみまし
た)と思ったのが、マンゴーをダークチョコレートでコーティングされているこれ。
ドライマンゴーって甘くて好きなんですけど、それがちょっと苦めのチョコでおおわ
れていて、甘さとチョコの苦みがよくって、限りなく食べられそうです。ジップロッ
クがついている袋だけど、いや、一袋食べちゃいそう。まずいよなあ、って思いなが
ら止まりません。あーーあーーーあーーー!といいながら、すでに2回目も購入しま
した。これ、絶対、カロリー高いだろうなあ、まずいなあ、おいしいなあ、といいな
がら食べ続けております。こんなもの、作ったらいかんよ。


1490069615423.jpg

日本の男を喰いつくすタガメ女の正体

商品の詳細

 

 タガメ??って何だろうと思ったら、田んぼにいて、カエルとかに食いついて、血を吸う昆虫なんですって。じゃあ、簡単につまり寄生している専業主婦とかをタガメっていっているのか?っていうと、全然そうじゃないの。そういう風に読めるタイトルだけど。家事手伝い(って昔はいたよね、今は言わないねえ、プーっていうのかしら)とか、専業主婦(ちゃんとやるとたいへんだろうけど、あんまりちゃんとやらないわよね、あほらしくて)とかだけを言っているのじゃなくって、男性でもタガメありだし、仕事していてもタガメありだし、って、男女のタガメ度をチェックする項目とか半分ジョーダンで書いているんだけど、そこには稼ぎの有無っていう指標はないのよ。なんていうか、自分のことを自分で考え、決断し、リスクもとり、責任もとり、次に進むことができるかどうかっていうことなんじゃないかな、言いたいのは。それをぜーんぶ、あるいはかなり人任せにして、そして文句言ったり、だって、だって、でもでも、って言いつづけたりするのがタガメっていう感じ。ちなみにチェックしたら、あたしもオットもタガメ度がかなーり低いっていうかなくって、それぞれ勝手に生きてるってことがわかったわけだ。タイトルは、売らんかなのセンセーショナルなものだけど、内容は極めてまっとう。アマゾンの紹介が、大外れ。

 

 ちなみにアマゾンでは

 

「「専業主婦」「家事手伝い」という姿で女性が現代日本を支配する特異な現象を、ユーモアを交えて実証する。」ってある。大嘘です。

 

2017年4月29日 (土)

わらびの煮物

別宅のお隣さんは、クレソンの群生地を教えてくださったのですが、「お肉の付け
合せじゃないの?」とたいして興味がなかったご様子。あたしが、狂喜乱舞して、収
穫しているのを見て「何につかうんのおお?」と不思議がってたので、サラダ、スー
プ、胡麻和え、天ぷら、おひたし、とか言ってたら、テンプラがやけにお気に入りに
なったご様子。「今年はクレソン、いっぱい採ったでええ」と喜んでくださいまし
た。
 そして、そのついでに採ったといって、わらびをくださいました。ついで??どこ
にあったんだろう!?
 ちゃんとゆでてあるワラビをいただいたので大喜び。厚揚げとニンジンと煮まし
た。山菜って採りたてはすごーく野菜の甘味があるんですよね。おいしいーーー!!
1493009083083.jpg

いつものチョコチップケーキにマーマレード

しょっちゅう焼き菓子を焼いておりますがーなので、常に分量テキトーでやってお
りますので、毎回、一期一会な味ですー最近のお気にいりは、チョコとマーマレード
の組合せです。マーマレードの苦みと、チョコの甘味とがマッチして、なかなかおい
しいです。自家製のマーマレード(別宅の夏ミカン活用)が、あんまり甘くなくっ
て、ほろ苦いからだと思います。で、最近、お気に入りのチョコチップ&マーマレー
ド。適当にザクザクと、はかりもしないで入れて作っております。
1490069546956.jpg

女性と子どもの貧困

商品の詳細

 

 日本の格差問題が指摘されるようになって、あれま、数十年前までは一億総中流って言ってたのに、あっという間に、貧困社会になってしまったこの国。なんとかしがみついて生きているけど、貧困は弱いものに直撃する。女性、老人、子ども、そうだよね。その実態、いや、こういうのってなかなか事件にならないから、新聞やネットに出ないけど、じみーにボディブローのように人間にきいてきて、根底から社会の力を奪っていくと思う。こういうことを、どうやったら救えるのか、わからないくらい深く、苦しい。

 

2017年4月28日 (金)

フキの煮物

 別宅で収穫してきた細いフキ。お友達にもおすそわけして(いや、引き取っても
らって、が正しいかも)、うちでも煮ました。こういうものを食べて育った体験がほ
とんどなく、興味があまりないオットが、去年うちのフキを煮たのが、めずらしくっ
ておいしかったらしく、あれはおいしかったねえ、また採って行こうと、やけに乗り
気です。ま、煮るのはあたしなんですけど。
 ガシガシ洗って、一晩水につけておきます。細いフキなので、たいしたアクはでま
せん。皮もむきません。ちょっとゆでこぼしてから(苦いかなって思って)、油揚げ
とかと煮るだけです。タケノコとか入れてもいいよね。ちょっとじっくり目に煮る
と、やわらかくって、フキのいい香り。おいしーーー!!
1493126850313.jpg

いわし缶と水菜のパスタ

ものすごくB級だけど、うちのオトコズも好きな超手軽なパスタです。生協でイワ
シ缶が3つセットになっていて、買い置きしているので、水菜さえあれば(なけれ
ば、クレソンでもいいけど、まあ、普通、クレソンなんてないわな)すぐできます。
イワシ缶をフライパンにあけて、にんにくと、コショウと、ちょっとしょうゆかだし
醤油で味付ておきます。でくずしておく。そこにゆでたパスタと、水菜を一緒に投入
してまぜておわり。簡単すぎるやろ、くらいな手間なしなんですが、ちゃんとおいし
いです。うちの3人だと、イワシ缶2缶使っちゃうけど、まあ、普通食の2人なら1
缶で十分な感じ。イワシ缶は甘い味付じゃないのを生協で買っています。簡単で、お
いしい、ジャンクなパスタです。
1490069470511.jpg

黙示

商品の詳細

 

 びっくり!空中で農薬散布していたラジコンが暴走(っていうか、孫に渡したのがいかんのだけど)して、人が集まっているところに農薬をまいてしまって、しかも濃度が半端なく濃い!大事件になります。被害を受けた子どもが、その農薬や肥料を作っている会社の研究者の息子だった!ということからはじまります。

 

 じゃあ、農薬は悪なのか?っていう論理に簡単につながるのですが、じゃあ、農薬がなかったら、こんなに大量の人間を食べさせる農産品が作れるのか?っていう問題もあり、研究者の努力もあり、実は海外との問題もある。真山さんですから、そのへんはうまいです。あたし、別宅で家庭菜園やっていますが、クスリや肥料を使わない収穫量はたしかにとーっても貧しくなるんです。農業従事者がこれだけ少なくって、1億人の人間が食べられるわけないよね?今でも、自給率が低いものね。じゃあ、もっと食べ物を高価にして、大勢が農業をすればいい?それはまた、違うと思う。ね、問題は深いよね。そんなことを考える本です。

 

2017年4月27日 (木)

山椒を楽しみに

あたし、先月だったか、去年収穫した山椒の実を冷凍しておいたのを使って、ちり
めん山椒を作ったのです。そーれーがー!!ものすごくおいしくって、お弁当のおに
ぎりにケチケチと使って満足しているんです。あれは、去年の5月に収穫した山椒で
した。一昨年、6月に収穫した山椒は、辛くなりすぎていて、とてもとても辛くっ
て、ほーんのちょっとだけ、マーボー豆腐に使うくらいしか使えずまだ大量にあるの
です。今年も5月に収穫しなきゃ、と思って、山椒を確認に行くと、先月は葉っぱも
何もまったくなかった枯れ木が、今月はちゃんと成長しているのでした。えらいわ
あ!これ収穫するのって、チマチマ手間だし、チマチマやってる時間にいっぱい蚊に
食われるんです。山椒の実って、どこの庭でもできるもののくせに売っているのは高
いのは、きっと、このチマチマした手間のせいだろうと思うの。面倒だけど、ちりめ
ん山椒がとーってもおいしかったので、来月、チマチマすることにします。ちゃんと
青い実になってねえ!!
 梅の実も小さくなっていますし(これは6月)、ブルーベリーの花も盛りです(収
穫は8月ですが)。別宅は春満載!
1492999566772.jpg

はじまりはヒップホップから

ニュージーランドの老人、64歳から84歳までのご老人が、ヒップホップの世界
大会に出る!っていうドキュメンタリーです。えーえーえーえーえ!!ヒップホッ
プ!?手が自由に動かない人も、車椅子の人もいるんです。で、ヒップホップです。
クラシカルなダンスじゃなくって。彼らが目標を持つことで、ものすごくがんばっ
て、生き生きとしていく様子、そrを支えるインストランクターの苦心、やさしく、
時には厳しく指導するんです。だって、すぐ忘れちゃうし、ちゃんと練習しないし
(爆)
 ヒップホップっていう若者のダンス大会で出会う、同じ志(レベルはずいぶん違う
けど)を持つ若者との出会い、交流、ベガスの世界大会に参加を認められるけど、な
にせベガスは遠いので、旅費もかかる。働いてないし、親もいないし、少ない年金や
たくわえから出さなきゃならない。悩むよなあ。のあれこれ。でも、なんだか元気に
年を取ることが楽しみな気分になります。そう、ダンスに年齢はないのだ(笑)
1491020153360.jpg

さといもの肉じゃが、肉さといも?

すーーかり放置していたのですが、11月に別宅で収穫したさといもが、干からび
気味になって、ダンボールの底に残っていました。あーー、これ、使っちゃわない
と。あったかくなってきたので、とんじる?という気分でもなくって、肉じゃが風に
甘辛で煮てみました。なぜかシラタキを入れたところが、妙に牛丼?スキヤキ風なん
ですが。甘辛なご飯のおかずです。さといもの肉じゃがって思ったけど、自己矛盾
じゃん。肉さといも?変なの。
1489499459443.jpg

笑う赤おに

商品の詳細

 

 ある福祉にとーっても力を入れている町が舞台。まちのある部分を福祉住宅っていわれていて、手厚い保護がされている地域があるっていう設定。でも、そこで、死体が2つ出てきて、そんな手厚いところで、どうして?っていう話と、あっち側にはいきたくないっていう人の気持ちと、いろんな立場の人が行きかうんだけど、なんだか福祉や、生活保護の恩恵を受ける人をどこかヤユしている感じがあったり、全体として半端な気持ちが私はぬぐえませんでした、長編ミステリーっていうけど、そうか??

 

2017年4月26日 (水)

クレソン狩りはたのしー!

3月に引き続き、楽しみなのが、クレソンの収穫です。水がわいているところなの
で、足元がすごく悪いところに行くために、長靴を履いて、スーパーのビニール袋を
5つくらい持って、帽子かぶっていさんででかけます。徒歩20分くらい。
 途中、誰にも合わないんですけど(そもそも、人家がほとんどありません)、で
も、ちゃんとあたしたちがでかけているということが、お隣のSさんに伝わっている
んです。田舎って、ふーしーぎー!!クレソン君たちは、先月よりさらに拡大し、そ
れぞれが大きくなって元気いっぱいに茂っておりました。また、たーくさん収穫し
ちゃった!
 クレソンは、チキンサラダにしたり、スープにしたり、胡麻和えもおいしいし、い
くらあってもうれしい。お友達にもおすそわけすると、こーんなに香り高いクレソン
を大量に食べたのはじめて!って喜んでもらえるし(ヨーロッパに住んでいたことの
あるお友達が2人いるんだけど、あっちじゃたくさん食べるみたいでとっても懐かし
がってくださいました)で、うれしいな。またいっぱいお持ち帰りです!
1492999476153.jpg

マーボ長芋?

長芋って、不思議な歯触りで楽しいです。今回は、ちょっとボリューミーなおかず
にしたくって、ひき肉と炒めてみました。炒めながら、オイスタソースを入れたり、
ちょっとピリカラにしたらいいかな、なんて適当に味をつけていたら、あれま、こ
れって、マーボー風?って思えてしまって、マーボー豆腐、マーボー春雨、マーボー
白菜に次ぐ、マーボー長芋?じゃね?みたいになってしまいました。
 長芋のシャキシャキと、ちょっとピリカラな感じで、ごはんのおかずにおいしいで
す。
1489499389952.jpg

声のお仕事

商品の詳細

 

 川端裕人さんです。あたし、全然知らなかったんですけど、川端さんのお仕事が、いくつかアニメになったりして、彼はアニメのアフレコ?(声優さんの声入れですね)の現場を見たり、そこでのいろんなことを知ったりして、この作品を書かれたようです。あたし、アニメは、ほとんど見ませんので、声優さんもあんまり知らないし、その仕事の現場のこと、ご苦労、工夫など、未知の世界でした、この小説は、アルバイトをしながら、声優を目指している青年が、オーディションを受けて、ちょっとした役、なーんと最初は犬の役ですーを貰って、仕事をするわけです。そのプロセスで、他のちょい役も頼まれたり、犬もやったり、有名な声優さんたちの仕事をする姿をみたり、そこでの工夫、ダメ出しされたりをしながら、すこしずつ成長していく物語です。顔が見えなくても、いや、顔が見えないからこそ、声だけで臨場感抜群になるように工夫する声優さんのお仕事。演技も、声だけ。なーるほど、難しいなあ、その間合いとか、マイクの前での場所の配置とか、勢いとか、分割した録音とか、なーるほど、そういうことがあるんだあ、っていうことがいっぱいです。どんな仕事でもそうでしょうけど、難しいし、うまくいかないし、落ち込むし、たいへんだわ。

 

 そんな青年のお仕事小説。よかったです。

 

2017年4月25日 (火)

植えた葉っぱたち

雑草で緑になっている畑(とは人からは見えない、荒地?に見えるだろうなあ)、
の中に、先月に植えたものがあるはず。はずなんだけどねえ、と探してみました。
じゃがいもは春の植え付けをしたし、菜っ葉の種もまいたんだけどなあ。あったかく
なってきたから出てるはずなんだけどなあ。と雑草の間から探し出し、間引きして食
べちゃいます。ごめんねー、何もしないで放っておいてといいながら。
 春の植え付けシーズンです。サトイモの種イモ(ホームセンターで購入)とかぼ
ちゃの苗を植えました。雑草に負けずに大きくなっておくれ!!
 畑の周辺部にはフキがいっぱい生えておりました。細いフキだけど、いい香り。
葉っぱは捨てて茎だけお持ち帰りです。
1492999381763.jpg

梅入りパウンドケーキ

6月の梅の季節までに、地味に梅酒梅を使っております。梅酒梅って、黄土色くら
いの色なので、パウンドケーキにすると、とてもとても地味なんです。なので、台湾
で買ってきたドライフルーツ(あれこれ買ってきたんですが、これはグランベリーか
な?)を入れて色合いをアップさせます。
 ま、適当に具を突っ込むですが、いやー、こんなに具だくさんになっちゃった。
1489499322285.jpg

ハーレーじじいの背中

 

 「泣いたらあかんで通天閣」など、たしか3冊目くらいの坂井さんです。大阪っぽい感じの作品??って思っていたけど、今回は、目黒区で、古くから銭湯をやっていたおうちの娘が、地味で勉強ができる娘で、医学部に行きたい!と言い出したことで、銭湯をやめて高層マンションにして、コンシェルジェ?が常駐するような高級マンションの最上階に部屋をもらって、家族で住むことになったけど、生業としてやってきた銭湯がなくなって、みーんななんだか生きがいもなくって、ウツウツしている、っていう状況。

 

 

 

 そこのじーさんが、全共闘あがり?でバイクを乗り回している、妙なじーさんで、高校生の娘とじーさんの旅が始まるっていう設定。

 

2017年4月24日 (月)

4月の別宅

ゴールデンウイーク前に、別宅に行きました。すっかり寒さがなくなって、春も終
わり、初夏っぽくなってきました。あったかいのはいいのですが、あったかくなる
と、虫が増える、雑草が元気!と畑ももやーーーっと緑、それがぜーんぶ雑草なので
す。あーあーあー、雑草君たち、今年も元気ねえ、とちょっとうんざりします。も
う、彼らとの戦いは不戦敗を決めておりますので、退治しようとかは思わないのです
が、ちょっと植えているものもあるので、なんとか収穫もしたいんですよ~。
 村と家の周り全体が、なーんとなく明るくなってきて、緑がかってきた感じ。春だ
なあ、って思います。
1492999292081.jpg

うちのシュウマイ

あたし、餃子って好きですねえ。日曜の夜、何しようかなあ、と思うと、月1回く
らい、パリパリの焼き餃子を作ろうって思います。最近は、皮を買うことが多くって
(だいたいジム帰りに皮を買って帰宅)、具をまぜて、包んでホットプレートで焼
くっていう感じです。
 餃子に対して、焼売は、頻度が少ないです。数か月に1回、餃子3回に、焼売1回
くらいかな。でも、自家製の焼売をセイロで蒸すと、あー、おいしいなあ、うちの焼
売って思います。どーってことないんですが、ひき肉にホタテ缶、もしくはおごる
と、カニ缶をまぜて、ネギを入れてよくねって、焼売の皮にのっけるだけ。あたし
は、頭のグリーンピースが好きじゃないので(意味わからなくないですか?)何も乗
せずに、セイロで蒸します。ほわーと蒸した焼売のおいしいこと!
 今度は、もち米まぶしの焼売もいいなあ、なんて妄想しながら、パクパクとつまみ
ます。セイロ2枚、ペロリとなくなります。
1489499252540.jpg

年下のセンセイ

商品の詳細

 

 30歳手前の予備校の事務系職員をやっている女性が、同僚と言っている生け花教室で、お師匠さんの孫?でお手伝いをしている、透センセー(といっても、高校卒業して数年の20歳くらい)と出会います。華道の名門の息子さんだけあって、センスはいいし、所作も落ち着いているけど、しょせん20歳の子どもです。いくつかの偶然があって、この2人に恋が芽生えるのです。ま、年齢差10歳くらいの年の差ですから、あるっていえばあるんですが、女性が30前の社会人で、今後の人生、職業なんかを考えるターニングポイントであるのに対し、男性は、これから大学に行こうかっていうところってことで、ちょっと意識的にも差があるんですね。うーむ、30歳と40歳とは違うよね。

 

 ただ、この小説がいいところは、この恋愛(遠距離になるんだけどー、東京と名古屋の)それで、会いたい会いたいだけじゃなくって、それぞれが、ちゃんと人生に前向きに取組んでいけるようになっていること。女性は、仕事の中で新たな挑戦をしようとするし、若者も目標を見つけてがんばろうって思っていく。恋愛が、人生のプラスになっている感じがさわやかな青春小説で、おばちゃんはニコニコ、ニンマリ。

 

2017年4月23日 (日)

マーマレード入りマフィン

2月、3月と別宅で夏ミカンを収穫してきて、いっぱい食べたし、マーマレードも
作りました。会うお友達みーんなにマーマレードをおすそ分けするけど、なかなか自
分で作ってくださる方は少なく、布教活動は進んでおりません。ま、いいや。お友達
(外銀にお勤めなおしゃれな30代)は、いつもホテルオークラのジャムを買うの
よ、なんてステキなことをおっしゃって、一度、オークラのマーマレードというのを
いただいたことがあります。きっと、お高いんだろうと思うんですが、うちでは、
まったく不評です。うちのマーマレードの方がずっとおいしい。なんていうか、具が
少ないんですよ、市販品って。その分、増量剤、ペクチンなのか、ゼラチンなのか、
添加剤なのかしらないけど、そういうものがいっぱい入っていて、薄いんですよね。
まあ、原材料が庭になるので、贅沢に使えるってことで、中身の濃いマーマレードが
できるのです。
 今回は、マーマレードを入れたマフィンです。粉と卵とバターをまぜて、そこに
マーマレードを投入。型に入れて焼くだけです。
 ま、ごくごく普通のかーちゃんのオヤツ。カウンターにおいておくと、なーんとな
く消えていきます。
1489499193266.jpg

ガソリン生活

商品の詳細

 

 伊坂さんです。あたし、何がいかんということはないんですが、伊坂さんって、なんか苦手意識があって、超売れる人なのですが、1-2冊しか読んだことがないんです。がんばって読むっていう感じで、夢中でってこともないんです。なんでだろう??

 

 これは、ある家の車、そう自家用車が主人公。車だから、自分ちの車庫にいて、隣の家の車庫にいる車と話せて、道路を走ったり、ファミレスの駐車場に止まったりすると、近くの車と情報交換もできる。自転車とは言葉が通じない(爆)、人間の言葉はわかるけど、会話はできない。あぶなーい!とか言いたいし、言ってるけど、人間には通じない。その設定が笑えます。

 

 ある家の自家用車で、長男が運転できるようになって、弟を乗せて、運転すると、車ももちろんその会話を聞いています。偶然、人気の女優さんを乗せたこと、おろした後、女優さんが、パパラッチみたいな人たちに追われて、トンネルで事故になったこと。あれ、それって、ダイアナさんみたいな話?と世界情勢にも詳しい車たちの会話。

 

 車の会話がほのぼのしてかわいくって、自分では自分の速度や安全性をコントロールできないもどかしさも、せつない。どうもやっかいな人たちが出てきて、家族のことを心配したりする様子。ちゃんと家族の一員な、車たち。ほのぼのしました。

 

2017年4月22日 (土)

最後の白菜やきそば

白菜の季節も終わり、まあ売ってないことはないけど、1/4くらいにカットされて
て、お高い季節になりました。あたし、やっと自覚したんですけど、白菜って大好
き。シーズンは、毎週、毎週、生協で白菜をゴロンと1個ずつ頼んでました。いつも
白菜があるって、ほーんと心強い。サラダにも、シチューにも、スープにも、鍋に
も、炒め物にも、なーんでも使えてカサがあって、助かる野菜です。で、白菜のシー
ズンが終わって、さびしくって仕方がない。マル1個売っているのを見つけ、ちょっ
とお高いけど、最後の白菜だわ、もう晩秋まで買わないぞ、と決意して1個買いまし
た。白菜たっぷりの焼きそば、しばらく白菜は食べません。食べおさめですわ。
1489499118577.jpg

マル合の下僕

商品の詳細

 

 高殿さんは、たしか「トッカン」シリーズを書いていらっしゃる方でしたよね。数冊読んだことがあります。まる合ってなんだ??って思ったら、博士論文(つまり大学の博士過程の)論文を審査することのできる教授のことだそうです。へえ、へえ、知らなかった。この小説は、マル合どころか、助教授にもなれない、そこそこいい大学の博士課程まで出ているのに、非常勤講師を8コマとか9コマやって、月収10万円くらいがやっと、っていう生活をしている男性が主人公。大学で職を得るためには、ともかく空きがあるか、その空きを埋める人にコネがあるか、研究分野や専門分野は合うのかどうか、みたいなことらしく、誰のラインだとか、誰の弟子だとか、論文作成を手伝うとか、もうあれこれあって、彼はなかなかいい職に出会えないのだ。彼のお姉さんの息子が居候でいついているんだけど、そいつがデキスギな小学生で、家事全般をやってくれるなか、論文を書き、アルバイトをして、という中で、教授の手伝いとか、新しいバイトとか、中国人大家さんに頼まれたあれこれとかのドタバタ物語。全体として、一本もうちょっと何か入れた方がいいんじゃないかと思いながらも、結構楽しい。どの世界にもいる憎らしい人への復讐も舅半端な感じで最後はちょっと尻すぼみ。これが現実なのかもとは思うけどね。

 

2017年4月21日 (金)

こげるぜ、ホットサンド

先日、久しぶりにホットサンドメーカーを出してみて、ちょっと甘い(のが好きな
んですが)、ホットサンドを食べたら、うふふ!おいしいじゃん、とまたホットサン
ドの朝ごはんにすることにしました。あたし、平日の朝は、基本的にやることを増や
したくないので、ホットサンドだって、休日限定です。
 ブルーベリーと、自家製マーマレード、それにチーズを挟んで、うふふ・・と思っ
てたら、あっという間に焦げちゃった。いや、鉄のホットサンドメーカーって、熱伝
導良すぎなのかもーーー!!というわけで、いつもこがす、ホットサンド。ふえー
ん!
1489499056018.jpg

人魚の眠る家

商品の詳細

 

 東野さんです。脳死をどう考えるかってすごくむずかしい。脳死判定って、絶対的な判定じゃない。人の死って、もっと単純なもののはずが、医学の発達でどんどん複雑化してきてる。そして、それが知識としてはあっても、身内の、それも年老いて寿命をまっとうした人ならともかく幼い子どもだったら、受け入れられないというのも心情としては、よーくわかる。そういう前提で、脳死って何なの?という問題提起になる小説。ふーむ。

 

2017年4月20日 (木)

久しぶりの豆さらだ

なーんとなく極寒期は、朝ご飯に豆サラダ(冷たい)っていう感じがしなくて、
作っていませんでした。春らしくなってきて、豆サラダにしようという気分になりま
した。キュウリと、セロリは必須なのですが、あたしはまだトマトを買う気がしませ
ん。冬場のトマトって、最近じゃあ、当たり前に何種類も、そう高くもなく並んでい
るんですが、なんていうか水っぽくって、おいしくないという気持ちが強くて、なか
なか買えません。キュウリもメッタに買わなかったです。なんでゴーヤなんて冬に
売ってるんだああ!って思うくらい、季節感がないのがスーパーの野菜売り場です。
冬場は、大根、白菜、青菜、ニンジン、たまねぎ、じゃがいも、ブロッコリー、ゴボ
ウ、さつまいも、さといも、くらいで生きてきた感じで、久しぶりにキュウリを買っ
て豆サラダにしましたが、やっぱりトマトは入っていないので、色合いが悪いです
ね。それでも、豆おいしい、豆サラダです。
1489498996764.jpg

東京ピーターパン

商品の詳細

 

 小路幸也さんです。ある街のある公園に、ホームレスな男性が、象さんのすべり台に住んでいます。でも、身ぎれいにしているし、怖い感じもない。ストリートミュージシャンらしく、店先で、どこかでギターを弾いては、ギターケースにお金が投げ入れられている。なんだかものすごく雰囲気のある人だ。ギターもうまい。

 

 そんな人=シンゴさんを中心に、周辺のいろんなわけありの人が集まって一夜の奇跡??が起こるまでのあれこれ。ちょっといい話だったな。

 

2017年4月19日 (水)

ストリートオーケストラ

ブラジルの実話を元にした映画です。
 あるバイオリニストと、スラム街の子供たちの交流の話題です。音楽が、どれだけ
人の心を豊かにして、救いになるかっていう面と、スラム街の現実の厳しさの両方が
あって、見ながら子供たちの環境に、苦しい気持ちになります。でも、人間の可能
性っていうか、前をむける気持ち、よくありたいと、幸せになりたいという強い気持
ちが、決してなくなることはないんだ、っていう気持ちもよくわかって、希望が見え
隠れします。隠れもするんだけど。いい映画です。一見の価値あり。
1491020545386.jpg

近いはずの人

商品の詳細

 

 2冊目の小野さんです。奥さんが、友達と1泊旅行に行くといって、でかけて、出先で乗ったタクシーががけにおちて亡くなってしまいました。30代で、子どもがいない夫婦、突然、奥さんが不慮の事故でなくなってしまい、オットさんが1人残されたのです。茫然としますね、なかなか奥さんの死を受け入れられない。ただ会社にいって、1人でうちに戻り、ビールを飲んで、奥さんの携帯のロック、4ケタの数値を0000から順番に1日、50個ずつ入れていく日々。1万通りの数字があるので、50個ずつ入れれば、200日でロックが解除されるはず。ビールを飲みながら、コツコツと毎日、暗証番号を入れています。

 

 ある日、突然、携帯電話のメールを見ることができて、旅行に行った相手がわかります。といっても、名前があったわけじゃなく・・・

 

 

 

 という展開です。人を失う、それも突然、予期せぬ形で失うっていうことで残された人が思うあれこれ。苦しみ、悲しみ、喪失感、を描いた作品。そうだろうなあ、って思うことも、そうかなあ、って思うこともある。ふーむ。

 

2017年4月18日 (火)

神様の思し召し

イタリア映画です。有名病院の外科医で、結構いばった感じのおじさんが、ムスコ
を優秀な外科医にしようと思っていたら、「神学校に行く!」と言い出します。
え!?彼が信奉しているという、カジュアルな牧師さん?に会いに行ってみることに
します。
 そこで、出会ういろんな人、そして、やけにカジュアルでいいかげんな、今風な牧
師さん。若者が惹かれるのはなぜなんだろう?そういえば、自分は妻の気持ちや、子
供たちの気持ちがわかっていたんだろうか、といばって、権威的だったおじさんが、
ちょっと柔らかくなっていくような、イタリアの雰囲気満載の愉快で楽しい映画でし
た。
1491020092348.jpg

すしそばてんぷら

商品の詳細

 

 舞台は下町の商店街、おばあちゃん家におばあちゃんと同居して、朝のテレビ番組のお天気のおねえさんをやっている女性が主人公。近くの酒屋を手伝っている同級生、おばあちゃんと、江戸の伝統のあるあれこれを、楽しみながら、東京の庶民の老舗の食べ物文化を楽しんでいく様子です。このおばあちゃんが、好奇心旺盛で、孫娘のi-padを駆使しておやつを作ったり、あれこれ食べ歩きにでかけたり、いい味だしてるし、孫娘も、テレビに出てる人なのに、実に庶民的に地味で、楽しい感じ。おいしそうな話題満載で、楽しい一冊です。

 

 で、何度もいいますが、この著者の方、「藤野千夜」さん、ちやさんとお読みするみたいですが、画像は普通のおばさんです。1962年生まれ、ほぼ同年代かと思うと、麻布高校出身です。それがどーしたってことですが、一応、最初に知った時は、あれ?って思いました。はい。

 

2017年4月17日 (月)

たらこソース

最近、近所のスーパーオオゼキで、たらこ生食用っていうのを、よく見るのです。
これを見ると、タラコソース作っておこうって思います。タラコソース作って、ジッ
プロックに小分けしておくと、便利なんです。パスタには、タラコをそのまま小分け
して冷凍しておけば、バターと、生クリームでタラコパスタになるんですが、タラコ
ソースは、ヨーグルトとマヨネーズをまぜて、ゆるゆるなソースにします。これ、ム
ネ肉の炊飯器蒸し鶏と野菜の一品に使えばとってもおいしいし、野菜の蒸したのだけ
でも、これがあれば豪華な一品になります。
 ちょっとだけ作るのも、3回分くらいまとめて作るのも、手間としてはおんなじな
ので、どうせなら、まとめて作っておきます。うふふ、かんたーん!!

1488807449341.jpg

2017年4月16日 (日)

休日のパンケーキ

平日のパンづくりは、まったく工夫も労力もかけずに、食パンコースにして、HBに
全面おまかせにしております。時々、ミックスナッツ(生協、無塩)を入れたり、
チョコチップを入れるくらいで成形も何もしません。その分、週末は、ホットサンド
にしたり、ナマコパンにしたりと遊んだり、山行ったりする予定のない日は、パン
ケーキにします。ま、生地を鉄板に乗せておくだけなので、乗せてコーヒー飲んで新
聞見てればいいから、ラクチン。もうちょっとデコレイトの才能があったら、人生、
違ってただろうな、と思う、才能のなさ。とほほーーーーー!!
1488807389793.jpg

赤毛のアンナ

赤毛のアンナ (文芸書)

 真保さんです。児童養護施設で育ったあんなちゃんという女の子。25歳になって、どういう理由か男性を刺したということで逮捕されます。この25歳になったあんなちゃんは、一度も出てこないんです。彼女が、養護施設に入ることになった理由とか、養護施設でのあんなちゃんの明るく、元気な様子とか、学校時代のあれこれとか、いっぱい出てくる中で彼女の人となりを描いていきます。

 あの、あんなちゃんが!とかつての同級生や、施設の仲間が施設を出たあと、就職して生きてきた彼女の人生を知ろうと奔走します。そこで語られるあんなちゃんの様子を描くことで、一度も今のあんなちゃんが出てこないのに、彼女がどういう風に育ち、どういう風にがんばって、どういう風に生きてきたのかが、わかってきます。赤毛のアンにあこがれて、元気で前向きなあんなちゃん、どれほど辛いことを言われてきたか、それから逃れようと何度もがんばっても、何度も悪評が追ってくる、そんなことの繰り返し。読みながら、辛くってたまらない気持ちになります。

 生きていくことのたいへんさ、辛さ、そこで希望を失わずにがんばるあんなちゃん。彼女を助けようと必死になる友達たち。魂を込めて書いたという真保さんの渾身の一作です。

 

2017年4月15日 (土)

肉まんあんまん

もう桜も散ってるっていうのに、まだ作っているのが、自家製肉まんアンマン。一
つは小豆をゆでて、冷凍していおいたのが、中途半端にあまってるってこともあるけ
ど、なんだかすごーくおいしいんだもん。で手馴れてきたので、あっという間にでき
ちゃうので、敷居がとっても低くなっているっていうのもあります。家族も、みーん
なおいしい、おいしいと大満足なので、休日のお昼ご飯にサクっと作っています。さ
すがに暑くなってきたら、やめると思うけど、まだいいや。
 小豆は圧力鍋で煮てジップロックに入れて冷凍していた板状のものを、バキバキと
折って小鍋で加熱。甘さを見て調節して、水分を飛ばしておわり。肉まんは、ひき肉
(ブタヒキ)に高菜漬けとネギを入れて、オイスターソースとコショウとしょうゆで
あじつけ、終わり。加熱してないです。
 これを、HBで作った生地(薄力粉と強力粉を半分ずつ)でくるんとまるめて終わり
です。
 今回、丸めた後にすぐ蒸しちゃったら、表面のつるんさが悪くなりました、丸めた
後、しばらく放置して、二次発酵させると、つるーんと、きれいに丸くなるんだけ
ど、おなかすいちゃって、すぐ蒸したら、二次発酵不足で、ちょっとシワシワ。そん
なこんなも、発酵の不思議。粉物っておもしろーい。
1488807311188.jpg

女は笑顔で殴りあう

商品の詳細

 

 人には、コンプレックスも自慢も、猜疑心も嫉妬もあることは、よーくわかっています。あたしにも、いっぱいあります。それが、女の子の場合(男だって、そうだろうけど)、会話の中で、表面は笑顔で持ち上げたり、持ち下げたりしながら、皮肉のような自慢のようなそしりのようなことを、おしゃべりという時間の中で笑顔で続けるっていうことがありますよね。あたし、とーっても苦手だけど、でも、あたしにも人並みにちゃーんと、コンプレックスも自慢も嫉妬も、笑顔もあるので、自分もやり&やられてきたことを認めます。はい。

 

 これは、少し年下の女性編集者が、書いているのですが、たとえば、彼氏がいるとか、結婚するとかしないとか、彼氏の職業や年収とか、(イケメンかとか背が高いとか)、すてきな結婚式をしたとかしないとか、そういうネタが、人との比較対象になって、いろいろ怖い会話が続くという例みたいのをいっぱい書いています。そして、高度な方法、回避の方法、その先にあることを目ざす技とかね。

 

 まあ、50も後半になるとですね、彼氏の有無とか、既婚か未婚か離婚したかどうかなんて、それが幸福の指標にもならないし、子どもももうかなり大きくなって、あれこれ親がどうしたからって、手おくれ感もありありだし(あきらめがついてる、かなりね)、自分の人生でできることもできないことも、ある程度、予想もついてきているのもあって、いい意味で腹くくってきているので、あからさまなマウンティング(と、この本ではいうのですが)は、面倒な気分になっているのです。そして、マウンティングの不毛さも、十分わかっているはず。そんなことよりも、どうやって自分が生きているか、が幸福感のすべてなんじゃないかな。自分が何をやって、何を目指して、何を楽しみに、どういう暮らしをするか、そこでしかないことが、もうわかってくるのだ。結婚とか、彼氏とか、オットの年収じゃなくてね。

 

 それに、自分と話していて合う人、合わない人もかなりわかってきているので、無理して合わせないし、そもそもあたしなんか、おしゃべりだけが目的の時間というのは、ないんですね。一緒に、旅行したり、山行ったり、買い物いったり、演劇見に行ったり、エアロしたり、共通の目的なり趣味なりをする人たちと出会って、話しているけど、ただ同級生だからとか、ただ近所だからとか、ただ同年代だからといって会ってしゃべって時間使っても不毛なんだもん。つまんなーい!志の方向が違っても、志がある人や、偏愛ぶりが違っても偏愛を認めて楽しめる人との会話は面白いけど、自分のオットや子どものあれこれ、介護のあれこれを、愚痴レベルでしかない人の話を聞いてもつまんないし、「聞いて聞いて」っていうだけの人はもっとつまんない。自分の話の捨て場所にあたしを使うなって思う。自分の話を聞いて欲しいのーーー!っていう人って、どんだけ価値があると思っているんだろうか?前のめりに自分(と狭い周囲の)話をしているのは、あきれるばかり。そこからの昇華も、思考もないんだろうかって思う。自分の半径数メートルのネタで、前のめってるだけじゃ、つまんない。それほどのこと?なんていう今の生活なので、マウンティングとはほど遠くて、すっきりしてます。

 

あたし、女はおしゃべりで発散するとかいうけど、それもよくわからない。あ、もうおばさんですらない、おじさんなんだな。あたし。

 

2017年4月14日 (金)

炊飯器蒸し鶏と野菜

ちょっと以前に料理の方のブログでみた、ムネ肉を下処理して、袋に入れて熱湯と
ともに、炊飯器の保温で数時間置くっていうやつ、2つ3つまとめて作ってしまっ
て、1つはその時に食べ、あとは袋のまま冷凍庫に入れてしまいます。ゆで汁ととも
に、カチカチになっているのを、朝、冷蔵庫に移して出かけてしまって、夜はこれを
スライスです。
 あたしの好みとしては、なるべくうすーくスライスが好きです。野菜とか添えて、
こんな感じ。これでは、あまりにも味がないんで、ポンズとか、たらこソースとかゴ
マダレとか、そういうのをかけて食べます。市販のそういうものを常備されている方
は、そういうのを使ってもいいと思います。今回はブロッコリーとニンジンで、タラ
コソース。キュウリと豆もやしでポンズとかゴマダレ、なんていうおいしいです。
 ちゃんと穴あけて、下味をもみこんで、じーっくり保温機能で蒸しているムネ肉
は、パサパサしないで、おいしいです。これって、鶏ハム?ってやつなんですかね、
イッペンに2つ3つ作れて、冷凍保存できて、何せスライスするだけで、こういうネ
タがいくつかあれば、今週、乗り切れそうな便利ネタです。
1489064427899.jpg

ミートソースピザ

先日、いわゆるスパデッティミートソースを作りました。たまねぎいっぱい、しい
たけいっぱい、セロリいっぱいをフープロでガーーして、ひき肉(あたしは牛ヒキ)
とトマト缶で炒めた一品です。ポロネーゼとか、なんとか言うんでしょうけど、昭和
なあたしは、ミートソースっていう感じが一番好きです。
 が、まとめていっぱい作って余りました。いいんです。余って。予定通りです。

さて、じゃがいもに乗せて焼こうか、ナスがいいかと考えたんですが、ピザにしてし
まいました。ピザ生地を作って、一枚は、このミートソース乗せ。もう1枚は、バジ
ルソースにズッキーニとしらす乗せ。まったく違う味のピザができて、それぞれおい
しくって、交互に食べているといくらでも食べられます。おいしーーー!具もこんな
他の用途品を使えば、あっという間においしいおうちピザ!
1488807211632.jpg

タスキメシ

商品の詳細

 

 スポーツは駅伝なんですが、駅伝のあれこれ、だけじゃなくって、1才違いの兄弟、ともに長距離をやっている二人と、その友達の物語。ただ、走ることだけじゃなくって、兄弟で走ってきて、抜かれる気持ち、兄と弟の気持ち、弟を守りたい兄の気持ち、いろんな気持ちがあること。そして、弟の同級生の女の子の離婚家庭の中で、自分の居場所を見つけようと学校の調理室で料理する気持ち、そこで出会う兄との交流。ライバルのランナーの話。走ることだけが描かれているんじゃなくって、支える気持ち、家族や兄弟への気持ち、食べることや健康管理で走ることを支える気持ち、将来への不安や、駅伝への思い。いろんなことが描かれているけど、押しつけがましくなくって、とってもさわやかな青春スポーツ小説でした。

 

福も来た

商品の詳細

 

 群さんです。これはパンとスープの店を出した女性の小説、えーと、えーと、パンとスープとねこ日和の続編です。たろちゃんという愛猫が亡くなってしまったけど、しまちゃんっていう体育会系のすばらしいバイトさんにも恵まれて、お母さんのお店を引き継いで、パンとスープの店はなんとかやっています。隣の喫茶店のママさんとのお付き合い、シマちゃんとの掛け合い。たろちゃんのいない寂しい一人暮らし。お店のお客さんが少しずつ減ったりふえたり・・・

 

 地味なお店をしている日常が淡々とあり、そこには喜びも苦労も工夫もあります。のーんびりしているけど、なんだか好きなんです。最後の方で、たろちゃんを亡くした彼女に新しい家族との出会いもあり、しまちゃんの恋の予感もあり、続編が気になります。

 

2017年4月13日 (木)

長いお別れ

商品の詳細

 

 中島京子さんです。中学校の校長先生をして、定年後は図書館に勤務したりしていたおとうさんが、どうも、少しボケてきたみたい。何十年も行っている同窓会の場所がわからなくなって会場に到着しないで帰ってきてしまった。

 

 あー、これはアルツハイマー型の認知症だ、と診断されて、10年くらいかかって、どんどん悪化していく。旧友のお葬式にいっても、どうしても、誰が亡くなったのかわからなかったことで旧友たちからも、あー、わからないんだと認識されるようになり、どんどん人間関係がせばまります。

 

 娘は3人、オットの仕事でアメリカに1人、独身で働いているのが1人、子持ちで首都圏に住んでいるのが1人、まあ、標準的な家で、奥さんが必死に老老介護をしながら、オットさんと暮らしていきます。少しずつ少しずつ、いろんなことができなくなって、わからなくなっていく、妻も年老いてきて、あちこち故障が出てくる、そんな10年以上かかって、長い時間をかけて、お別れをしていく家族の様子。リアルで、現実的なんだけど、悲惨ばかりじゃなく、どこかユーモラスで、受け入れられるような、人間だれしも、すこしずつそうなって、別れていくんだなあ、という話。最後もよくって、いい小説でした。

 

2017年4月12日 (水)

ガトーインビジブルーブルーベリーいり

2月頃でしたか、先月でしたか、流行に敏感なお友達が、「ガトーインビジブ
ル」っていうのを作ったっておっしゃってました。あたし、まーったく知らなかった
んだけど、ガトーインビジブルっていう本が出たり、特集があったりしてたんです
ね。ネットで見てみたり、本屋さんで見てみたりしたら、層になっている具が入って
いるものの総称らしいのです。リンゴで作ればリンゴのお菓子、じゃがいもで作れ
ば、ちょっとおかずっぽい感じ?らしいです。
 まあ、ポピュラーなのはリンゴですよね、っていうことで、リンゴで何度か作りま
した。これって、どんどん材料を混ぜていくだけ、卵を卵黄と卵白にわける必要もな
い。リンゴはスライサーでスライスするだけの超簡単なケーキなんですよ。なので、
とってもお手軽です。で、あたし、すぐ要らない邪心が出てしまって、ブルーベリー
を入れたらどうかな、なんて思っちゃって(何せ、ブルーベリー生産者だから)、生
のも入れたりしたんです。そしたら、焼いてるときに中で爆発したりして、味はとも
かく見た目汚くなっちゃったり。まあ、あれこれあったんですが、やっと落ち着いた
のがこれ。ブルーベリーはシロップ煮にしたものを真ん中に少量です。で、リンゴは
スライサーでカット。あとは混ぜるだけ。簡単でおいしいリンゴのケーキ。じゃがい
もととかサツマイモもやってみようかな。さつまいも、いいかも。じゃがいもだった
ら、朝ごはんな感じね。さつまいもだったら、かろうじて、おやつになるかなあ。
1488857725292.jpg

貴様いつまで女子でいるつもりか問題

商品の詳細

 

 え??何人?っていうお名前の著者さんですが、最初にガツンと、日本生まれの日本人です、ってあります。ペンネームが変わっているだけで、ごく普通の中年女性なのです。彼女が、女子会、というネーミングで、「女子」って、っていうところからつっこんでいるんですが、結局は自分(=著者)も含めて、自分がいかに女の子として、誰か(まあ、普通は男だという発想が基本)、選択される存在で居続けるかっていうことからの成長っていうか、脱却というか、自分は自分って覚悟して腹くくっていけるようになると、自分の生き方がちゃんとわかり、スタンスが取れるようになるまでのあれこれです。あたし、著者さんより、かなーり年上だから、とーっくに、気持ちの女子から脱却しており、女子でもおばさんでも、おじさんでも、まあ、人間ならいいかくらいな感じなんですが、彼女の迷いや、ふらふらや、とまどいや、覚悟や、いろんなことがよくわかります。たどってきた(人よりあきらめが早かったかもしれないけど)道だからねえ。そう、この貴様は、自分も含めた20代、30代の女性みーんなに言っているんだよね。女子ということばで、曖昧にしてしまわないで、自分のスタンスをちゃんととって、覚悟しろよ、ってことだね。うん。

 

2017年4月11日 (火)

久しぶりのパクチーセロリカレー

すごーく久しぶりに香菜のいいのが、手に入ったので、パクチーカレーを作りまし
た。これ、確か誰かの本(伊藤まさこさんだっけ?違ったっけ?)で見て、パクチー
好きなあたしは、おおお!おいしそう、と惹かれ、ついでにセロリも大好きなので、
匂いの強い2つの野菜をこれでもかつ!っていうくらい入れるようになったひき肉の
カレーです。どーってことありません。たまねぎと、セロリと、パクチーをともかく
大量に刻みます。あとはひき肉(あたしは牛ヒキを使うけど、合いびきでも)と炒め
て、ルーじゃあなくって、スパイス類や、粉で味つけるサラサラしたカレーです。と
もかく、セロリと、パクチーが嫌いな方には、地獄のようなカレーでしょうが、大好
きなあたしには、うふふふ!!のカレーです。ちゃんと、辛くして、ちゃんとスパイ
シーにして食べてください。今回、いっぱいいい香菜が手に入ったので、大量につ
くって、半分は冷凍しました。これで、いつでも、また食べられると思うと、幸せな
気分であります。うししーーーー!!
1489064498417.jpg

天国の一歩前

商品の詳細

 

 女優を目指してオーディションを受けては落ちており、死体役とかエキストラみたいな役しかやっていない女優志願の卵の女の子、恋愛関係もうまくいかない、お金もない、そんなときに、孫の顔を見に福岡からやってきたおばあちゃんが、孫のアパートで倒れてしまいます。いきなり、祖母の入院、介護が若い孫にかかってきます。福岡にいる両親は工場が忙しいとかで、何の恨みがあるのか、まったく感知せずととんでもない息子とその嫁状態で、フリーターという名の自由業(コンビニバイトをしながら、オーディションを受けたりする日々)の孫娘が、孤軍奮闘するのです。

 

 お金だって十分にないし、住まいはワンルームのアパート、半身が不自由になった祖母を介護できる条件はまるでないなか、いろんな人に情報を貰い奮闘していく元ヤンキーの彼女。あー、とんでもないことしなきゃお金もないよな。お金がないと介護問題、ほーんとに八方ふさがりなんだなあ、どーするんだよ、って読んでる方がハラハラ、イライラします。それでも、かわいがってくれた祖母を見捨てず、捨て身になってがんばる彼女に回りもだんだん協力してくれたり・・・介護って、天国へ行く一歩前の貴重な時間でもあるだなあ、という小説です。ちょっと破天荒ではありますが。

 

2017年4月10日 (月)

ノーマンズランド

ボスニアの戦争が舞台。いや、あの戦争は、地雷の問題がいっぱいあったんだけ
ど、地雷ってひどいものだなあ、たとえば、人がその上に寝るとすると、寝ていると
きは爆発しないわけ。重さがあるから、起きたら、爆発して、周囲30m以内のもの
は全部吹き飛ばす。つまり、その人は起きたら死ぬわけ。寝てる分には、問題ない。
どーしたらいいんだよ!!という状態になる。トイレだっていかれないし、何もでき
ない。それって、生きてるの?死んでるの?
 そして、こういう近隣の国同士の戦争は、実に近所の人との、ちょっとした憎しみ
合い。どっちが先に手を出したとか、言ってるんだけど、聞いてみると知り合いと
か、かつての友達が共通だったり、するわけ。だって、ものすごく近い国同士だから
ね。そういう人たちと殺しあわなきゃならない不幸、それも銃とか地雷とかあると、
すぐ、戦えちゃう不幸。人間って悲しい。
1491020493664.jpg

2017年4月 9日 (日)

干しブルーベリーとチーズのホットサンド

あたしの実家では、どういうわけか、「バウルー」と言ってました。ホットサンド
です。ずいぶん、しまいっぱなしにしていた、ホットサンド器を出してみました。
なーんてことない、樹脂加工もされてない鉄の単純な作りなので、長持ちしておりま
す。
 今回は、干しブルーベリーとチーズを入れて、パンを焼きます。これ、すぐ焦がし
ちゃうんですが、ガス台に温度キープモードができたので、わりと安心です。で、安
心してすこし焦がしましたが、なんとかギリギリセーフ。
 あぢあぢ、なんていいながら、噛むとチーズが溶けだしてきて、干しブルーベリー
の酸味も入って、おいしいです。普通のパンと、材料で、実に満足してご飯を食べて
いる庶民なあたしです。
1487684906085.jpg

なつかしい日本をさがし台湾

商品の詳細

 

 イラストマンガです。台湾って、台北しか行ったことがないんですが、これを読むと、台南も台中も行きたくなるなあ。台湾っていうと、グルメとか買物とか街歩きとかが、主体のガイドブックや情報はいっぱい出ているんですが、これは、かつて日本(大日本帝国だね)の領土の一部としての台湾があって、敗戦によって日本じゃなくなっちゃったところで、日本のあれこれが残っているのを探して、台湾中を歩いてみるっていうそういうイラスト。合間にちゃんとおいしいものも食べているけど、残っている建築物や文化を訪ねていくっていう形になっています。そうだよね、台湾で日本語が通じることがあるのも、タタミとか、温泉とかあるのも、日本人が持ち込んだものなんだよね。もちろんインフラ(道路とか)を整備したりもしたけど、同胞として一緒に汗を流したこともあるだろうけど、差別意識もある場合もあっただろうし、いきなり日本だああ!と日本語を使えと言われたり、いきなり日本じゃない!と捨てられた気持ちになったり、いろんな複雑な気持ちもあっただろうに、それでも親日な気持ちをもってくれているのは、もちろん日本人の当事者の人との交流もあるだろうけど、台湾の人たちの気持ちもあるんだろう、と、先人たちのいろんな思いに気持ちをはせているところなんかが、単に日本っぽい建築物を探して回るだけの旅じゃなくって、いろんな人に出会っているのもいい感じでした。

 

2017年4月 8日 (土)

そば粉のナッツパン

そば粉の袋をあけちゃって、これ、のんびり使ってたら、湿気るわ、ということ
で、せっせとパンに使っております。強力粉を50~80gくらい(量らないから適
当ですが)、そば粉に置き換えるだけ。これで、なんだか香りがちょっと違うパンに
なります。あとは、ミックスナッツ(生協の無塩の)を入れて、ナマコパンです。
 こういうちょっと香りがちがって、ガサガサするパンには、自家製のペットリ系
の、レベーペーストとか、マーマレード&クリームチーズとかがおいしいです。
 あたしの住んでいるところは、わりとパン屋さん激戦区で、あれこれ雑誌に出るよ
うなパン屋さんもあって、お友達に聞かれることもあるんですが、実は、ほとんどパ
ンを買わないので、よく知らないんです。パン屋さんって、平日は閉まる時間が早く
て、ほとんど開いているときに通れないし、休みの日に出かけて帰りに覗くと、ほと
んどパンがなかったりするので、なかなか買えません。というわけで、おいしいパン
屋さんの恩恵にあずかれない日々です。
1487684835911.jpg

なぜ世界のエリートはこの基本を大事にするのか

商品の詳細

 

 あたし当然ながら、まったくエリートでもないし、エリートを目指してもないので、なんでこんな本読むのか?って自分でつっこみたくなるけど、そういう人たちってある意味、意思決定とか中枢に近い(本当に決めている人は、違うと思うが)ところに居ることがあるよね。その人たちの嗜好、いや、思考経路を知っておくのって、なにかと便利だなって思うから。逆、つまり世の中のデリートがどういう思考をするのかを知るより、ずーっと役に立つって思うのだ。

 

 で、前半は、ハーバードビジネススクールのHBSで、日本からは企業派遣で来ている人たちがいっぱい、この著者は自腹で行ったらしい、そのあれこれを書いているんだけど、人とのネットワークとか、時間に遅れないとか、人に通路やエレベーターを譲るとか、まあ、忙しいながらも、普通に心をもって生きていれば当然のようなことが書かれています。この程度の、丁寧さと、親切さと、人に対しての心配りがなければ、人とうまく付き合えないと思う。あたしは、エリートを目指そうとして、ここのところを勘違いして、いばりくさったり、居丈高になった、偽エリートもどきが失脚してきたのを何人も見ているので、よーくわかる。勘違いしちゃうんだよねえ。

 

 で、後半は、彼がマッキンゼーであれこれ苦労した数年のあれこれ、あたしのような熟練サラリーマンには、後半はちーっとも面白くない。上司にこう仕えろ、こう対応しろみたいなのってくだらない。ふーん、こんなこと考えているのがエリート?違うなあ、これ。

 

2017年4月 7日 (金)

まだ作ってる肉まんあんまん

もう桜も終わるっていうのに、まだ肉まん作っております。昨年、晩秋から半年間
の間に、肉まん、何回作ったかなあ、っていうくらい、回数を重ねたので、さすがに
不器用なあたしも、ずいぶんうまくなりました。まず、生地はHBで作ってもらうので
すが、薄力粉と強力粉を半分ずつで、合計300gくらい。サラダ油をちゃんと入れ
る。ケチらない方がふわーっと綺麗にできます。
 具は、豚肉、ネギ、高菜にオイスターソースとコショウ、という肉まんと、あんま
んやかぼちゃマンのちょっと甘い系の二種類。包むのも、手が慣れてきて、結構、具
をたくさん入れても綺麗に丸められるようになりました。セイロで蒸したてを食卓に
出すと、ふっかふっかの皮もおいしくって、大満足。春でもおいしいです。あとは、
スープと、野菜をちょっと出せば、おいしいーーー!お友達が遊びにきても、すぐで
きるし、うわー!って喜んでもらえるし、お子さんも好きだしで、自家製肉まんあん
まん、おいしーーー!
1487684770846.jpg

天命の扉

商品の詳細

 

 遠藤さんです。長野県の県議会で議員さんが質問中に急に議場が真っ暗になって、みえるようになったときには、議員さんが銃で撃たれて死んでる、っていうびっくりな事件が起こります。議場ですから、議員さんと傍聴者しかいません。議場からあっという間に逃げたのでなければ(それはなかなか難しそう)、銃だってあるし、犯人はわかりそうなものですが。

 

 謎のメモとか、短歌とかががあちこちに残されていたり、県知事に贈られてきたりと、妙なことが続いて、どうも、何かを訴えたい誰かがいることが書かれます。

 

2017年4月 6日 (木)

マーマレードとチョコチップのマフィン

自家製マーマレード、苦味と酸味と甘みが入っていて、大人な味です。で、とって
も気に入っているので、お友達にもせっせとおすそわけ。瓶に入れて配っておりま
す。うちでも朝食にパンで食べるほか、ケーキにも入れちゃうし、なんだかすごい消
費量。自分で作っておいしいおいしいと自画自賛なんですが、チョコチップ(コスト
コのチョコチップ)と一緒にマフィンに入れてみました。酸味と甘みがいい感じでバ
ランスして、おいしいです。いつものマフィンは、卵を卵白と卵黄にわけないで作っ
て、どっしりした感じにしちゃうことが多いんですが(粉も200g近く入れて)、
今回は、気分がのってか、卵をわけて、泡立てもして、だから、粉も少な目(100
gちょっと)にして、わりと軽いマフィンにしてみました。加齢のせいか、ちょっと
重たいケーキが辛いときもあるので、最近は、卵を分けるようになりましたね。トホ
ホですが、ちょっとの手間で、ふーんわりになるので、ま、いいか。これも、おいし
いです。マーマレード、すごい勢いで消費しております。
1487684710702.jpg

バビロンの秘文字1

商品の詳細

 

 堂場さんです。どうも長い本です。また、漢字タイトルが多くって、国内の刑事事件が多い堂場さんには、めずらしいタイトルだし、舞台がいきなり、スウエーデンっていうのも、珍しいです。堂場さん、スウエーデンや、デンマークなんかに現地取材に行ったのかしらん??いいわねーー!!といっても、登場人物の主要なところは、日本人です。これが、わかりにくい北欧の人しか出てこなかったら、めげるわー!!

 

 ストックホルムの言語学研究所で働いている彼女に会うために、世界中を飛び回っているカメラマンの彼氏が訪ねてきます。到着した翌日、彼女の勤務先を訪ねるといきなり爆発??そこから逃げるように消えていった彼女の後姿があります。何かを狙ったテロ?彼女はどうしたんだ??彼女を探そうとすると、いろんな謎が見えてきてという一巻。まだ、何が何だか全然わかりませんが、早く続きが読みたいです。

 

2017年4月 5日 (水)

イカとクジラ

 ブルックリンのある夫婦が離婚することになります。子供はまだ、ママが恋しい小
学生と、大人びた高校生の兄弟。夫婦のドロ沼離婚で、父親と母親の家を週に3-4
日ずつ往復して兄弟が暮らすことになります。この親、バカじゃないか。自分たちが
子供たちをシエアしたいからって、子供にそんな暮らしを押し付けちゃいかんで
しょ。そして、自分たちも、シングルになった自由さもあって、次の恋愛に突入して
いき、子供たちが来ても自分たちのことであれこれ振り回すわけだ。あほや、この
親。
 それなら、すーっぱり離婚していなくなった方がまし。親の身勝手で子供を振り回
し続ける未熟なオヤの姿に、思いっきり腹がたつことばかり。何がイカだよ、クジラ
だよ!!

1491020033076.jpg

来て!見て!感じて!

商品の詳細

 

 あたし、最近(って、もうこの5年とか10年とか?)テレビは、ほとんど見ないんです。

 

 でも、ドラマがもっと力があって、魅力的だったころ、それなりにドラマを見たりしていました。これは鎌田さん。あの頃、売れたドラマを書いた人で、29歳のクリスマスとか(あたし、印象に残ってます)、金曜日の妻たちへ(あんまり覚えてない)、などのドラマの脚本家。ドラマの中の自分で書いたセリフの話もあるし、映画のセリフの話もあります。懐かしい気持ち、ちょっとしたセリフがすごーいたくさんのことを物語ってい話なんかがあって、手元に本がなくって、消去法で手にとった本だけど、意外に楽しく読んでしまいました。タイトルは、売れなかったドラマの中のセリフの一つ。へえへえ。

 

2017年4月 4日 (火)

マーマレードとブルーベリーのケーキ

マーマレードがいっぱいできて、なんだかうれしいです。まず、夏ミカンをいっぱ
いたわしでゴシゴシ洗う→乾かす、四つわりにして、皮をむく、皮を刻んで水につけ
ると、何日もキッチン及びカウンターに皮だの実だのがゴロゴロしてて、ある日、
「できたよーーー」と息子に見せたら、「おおおーーー!!売るのかよっ!」ってい
うくらいびっくりしてました。大きな瓶に5瓶。いっぱいできました。お友達にもお
すそ分けするし、実家にもあげるし、別宅にも当然常備して、半年以上楽しみます。
 マーマレードがいっぱいできてうれしかったので、マーマレードを使ったパウンド
ケーキを作りました。具は、マーマレードと、自家製の干しブルーベリーです。あー
どちらも別宅の産物です。ありがたいわ、自然の恵み。
1487684643556.jpg

かわいい夫

商品の詳細

 

 山崎ナオコーラさんという作家さんのエッセイです。彼女は、旧姓はヤマザキナオコさんっていうらしいです。予想された名前ですね(笑)、で、ご結婚されたとか。そののろけ話??っていうタイトルですが、最初に、オットは収入も高くなく(書店員らしいです)、決して人がうらやむような結婚生活じゃないので、いやな気持にはならない、と書いてあります。書店員でまじめに働いている人らしいので、ま、たしかに高収入じゃないかもしれないけど、普通の勤め人くらいな感じなんじゃないかと思いますが、山崎さんは、自分の収入の方が数倍もあるということを何度も書いています。作家さんって、そんなに収入が高いの?(ま、映画化されたりしてますからね、彼女の作品)。これって、オットさん自慢じゃないけど、自分の経済力自慢にならないのかしら?ま、あたしはどーでもいいけど。

 

 なんて思いながら、新聞か何かに連載されていた、まあ、どうでもいいようなことを読んでいたのですが、後半はおお、と思う点が2つありました。あたしは山崎さんのお顔を存じ上げないのですが、本人いわく、写真が出たことがあって、ぶすぶすっていろんなところで言われたんですって。このぶす差別について、彼女が語っていることについて、とても納得したんです。彼女は自分の顔が好きだし、美人になりたいとか美人と言われたいとか、そういう不満を言っているのではなくて、ぶすぶすと差別することについて批判しているんですが、どうしても「決してブスじゃないよ」とか「愛嬌があるよ」とかそういう慰め?ばっかり集めてしまう、不満を理解されないことについて書いています。そうそう、女性はみーんな美人になりたいと思っているという思い込みが、どうしてもぬぐえない、その地球は丸い、みたいな大前提ですべてが語られることへの批判がとても納得できました。もう一つは、オットがかわいい、かわいいと言いつづけていながらも、自分はやっぱり自分、自分という1人の人間として生きていくことを改めて確認して覚悟しているところも、うん、うん!って思ったのでした。後半は、わりとよかったです。

 

2017年4月 3日 (月)

大根とセロリと牛肉の辛み煮

冬場にセロリの大束がいっぱい手に入ると作る定番です。牛スジ肉がおいしいんだ
けど、あんまり出会えないので、今回は、コストコの牛バラ切り落としです。スジ肉
より、ダシが出ないので、ダシダもちょっと足しちゃった。ダシダ、韓国の牛ダシの
顆粒なんだけど、ちょっとだけ入れると違う。たくさん入れると食べられなくなるか
ら気をつけないとだああ。最近は、カルディでも取扱いがあって、チャプチェとか、
カルビクッパ(もどき)なんかにも使えて便利!!
 大根いっぱい、セロリいっぱい、と牛肉と入れて、ともかく煮ます。味は、辛みを
つけたいので、唐辛子粉をガリガリ入れちゃう。あぢあぢ、からーいがうまい。

1487140464437.jpg

キッチンブルー

 

キッチン・ブルー

 給食のお兄さんシリーズの遠藤さんの連作短編集です。どれも、ちょっと食べ物に絡んだあれこれ、いい感じに食べ物の重要性と、真逆な「たかが食べること」が書かれています。あたし、食べること好きですし、食べ物を用意したり加工したりも、まあまあ、嫌いじゃないです。体を作るのは食べ物だと思っているし、動ける体のためには栄養バランスも大切って思っています。でも、やっぱり食べるために生きているんじゃない、生きるために食べているのです。決して、決して逆じゃない。どこか、たかが食べること、なのです。食べることよりも重要なことがいっぱいあって、おいしいものを食べるために、大切な人との暮らしをダメにしてはいけないと思うのです。たかがですよ、たかが!!食べることを大切に暮らしたいからこその、たかが!の位置づけをちゃんともっていたいと思います。そういう連作集です。悪くなかったです。

 

2017年4月 2日 (日)

圧力鍋でマーマレード

2月から別宅で2回にわけて、夏ミカンを収穫しました。夏ミカンの収穫って、簡
単です。だって、実がでかいし、トゲもないし、蚊に食われる季節でもない。目立つ
色だから、ルンルンと、ブチブチカットしちゃえば、あっという間に収穫終了。去
年、あたしがイタリアに旅行中に房総半島に台風が上陸して、すごい風雨だったらし
い。で、キウイの棚が壊れちゃった(これは、修理して、大金を払ったのだーー号
泣)くらいで、その時に、まだ青い小さい夏ミカンもかなり吹っ飛んじゃったみたい
で、今年は不作です。いつもなら、ダンボールに3箱くらい採れる夏ミカンが2箱弱
くらいしか採れなかったです。といっても、もちろんマーマレードを作るくらいは十
分あるので、お友達にもすこしおすそ分けして、うちの玄関に置いておきました。
あーあーあ、みそも仕込まなきゃ、マーマレードも作らなきゃ、なんて思いながら、
あたしは、年度末のコンサルで、今年は北陸地方にでかけてばかりの年度末でした。
寒いんだよ!北陸!!収穫直後に少しだけ作ったんだけど、まだたーくさん玄関のダ
ンボールに夏ミカンが入っていました。
 やっと、少し余裕な気持ちができて、2度目のマーマレードにしました。あたしの
自家製マーマレードは、数年前から圧力鍋活用の内皮をむかないタイプです。小さめ
の別宅夏ミカンは内皮をむくやり方はたいへんなんです。というわけで、毎年書いて
いるから今年は省略。味噌仕込と、マーマレード仕込の時にしか出さない旧式のふ
るーい圧力鍋(普段は新しい小さい軽量のを使っていあmす)をよっこいしょ、と出
してきて、鍋いっぱいマーマレードを仕込みました。あーー、いい香り!!

1487337099450.jpg

バタフライ

バタフライ    平山瑞穂

 

 初めての作家さんだと思います。平山さん、覚えてない作品があったかもですが。のっけから登場人物の関係性がわからないのですが、義父に性的暴行を受けている中学生、引きこもりの子ども、所持金が千円くらいしかなくってネットカフェ難民、もうすぐホームレスになりそうな男、二代目社長になったものの、全然うまく行かない社長、みーんな相当困難なんです。あーあーあーあー、みたいな下降線ばっかり、で、ジェットコースターみたいな感じになる。不思議だあ!

 

2017年4月 1日 (土)

去年の山椒で、ちりめん山椒

そういえば、去年の5月、お友達が大好きだというので、別宅で山椒の実を収穫し
たのでした。山椒の実の収穫って、時期が難しいし(一昨年は遅すぎて、ものすごー
く辛い山椒の実だったのだ)、山椒の木にはトゲがいっぱいあるし、何よりも、蚊に
食われるんだよね。細かい実をつぶつぶ取るのは時間がかかって、その間に、蚊の餌
食になっちゃう。
 で、収穫してお友達におすそ分けして、自分の分(少しだけ)はゆでて冷凍。

―間があく、すごーくあく  1年近くあくー


したまま、放置してしまった。冷凍庫の死蔵品になって(あんまり場所取らないから
気にならない)早1年近く。おすそ分けしたお友達たちは、ちゃーんとちりめん山椒
を作ったり、煮魚に使ったりして活用してらっしゃるようで、また、春になったらで
きるんだよね、って楽しみにしてくれてる。あたしは、冷凍庫に死蔵してる。まずい
だろう、っていうことで、冷凍庫の死蔵品を取り出して、ちりめん山椒を作りまし
た。いや、山椒の小さい、茎?みたいのを、老眼鏡をかけて、チマチマ取るのが面倒
なくらいで、あとは別にどーってことないんだけどね。シラスと炒めて、味つけて終
わり。簡単。山椒のかおりがすごくよくって、あ、おいしい!っていうちりめん山
椒。お弁当に大活躍。あ、来月ちゃんと採って、また作ろうっと。

1490058185803.jpg

こぼれ落ちて季節は

こぼれ落ちて季節は    加藤千恵

 

 加藤千恵さんです。うーん、学生から若い社会人くらいの男女のあれこれの物語です。カッコいい先輩、同じ先輩に思いを寄せるライバルのこと、などあれこれ、でも、あたしには、どうもこういうことが中心の話って、入ってこなくって、読み終わった20分後には、もう名前も関係もよくわからなくなっちゃった。人間って、そういうことだけで生きられる?もっと違う生活や、いろんなこと*も*あっての恋愛だと思うんだよね。だめだ、こりゃ。

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »