2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« でかいオムレツ | トップページ | バジルパン »

2017年3月 5日 (日)

谷根千小さなお店散歩

商品の詳細

 

 東京の西の方で暮らしている私は、谷根千っていうのは遠くない(だって、勤務地は東側だし)だけど、話題になっていることは知っているけど、全然身近じゃない街です。谷中、根津、千駄木です。行ってみたいとは思いつつ、ただ半日だけ行くんじゃなくって、何度も何度も通って、いくつかお店に入ってみて(だって、一食だけ食べてもわからないじゃん)、ブラブラ、季節をいくつもめぐってみて楽しむ町だろうなあって思うのです。この本は、著者も、そしてお店をやっている人も、本当にこの町が好きで、自分の好きな店を作りたいっていう気持ちがあふれているなあ、って思います。

 

 東京の西の方で暮らしているので、かつて同じような雰囲気があった、下北沢という町を、40年くらい前から知っています。当時は、電車の乗り換えをしたりする町だったのですが、その後、大人になってもうちょっと身近になって、いっぱい芝居も見たし、欲しいものがあったし(過去形です)、ごはん食べたり、友達とあったりした町でした、

 

 でも、なんだか今はずいぶん変わってきてしまいました。この町が好きで、この町で自分の好きな店をしようとする人は、ゼロではないですし、いますが、それより、ここで儲けたいとか、稼ぎたいとかいう気持ちの人たちが増えてしまったように思うのです。働きたい、というのと、儲けたい、っていうのは似てるように見えるかもしれないけど、まーったく違います。仕事して稼いで、ちゃんと生きていこうというのと、儲けて生きていこう、というのは本質的に全く違うことだと私は思っています。そう、儲けたい人が増えちゃったんですね。

 

 なんだか、谷根千の魅力がいつの間にか、そんな風にならないで、彼らが町を大好きでこういう風にしたいって思い続けて働ける町であり続けてほしいなって思います。儲けたい町って、実はとーってもつまらないです。

 

« でかいオムレツ | トップページ | バジルパン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/64505892

この記事へのトラックバック一覧です: 谷根千小さなお店散歩:

« でかいオムレツ | トップページ | バジルパン »