2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 梅酒梅入ケーキスタート | トップページ | 干しブルーベリーいりパン »

2017年2月21日 (火)

商品の詳細

 

 桜木さんです。昭和30年代、北海道の釧路あたりの海の町で、お金持ちの3人姉妹がいます。真ん中のお嬢さんを中心とした3人の生き様です。

 

 1番目は優等生で、親の言う通り、売られるように政治家の跡取り息子のところに嫁に行きます。決して幸せそうじゃなかったのに、行ってみたら、まるで政治家のように辣腕の策士になって、手腕を発揮していきます。2番目は、親の稼業に反発して、芸者になるのですが、そこで知り合った男と一緒になって、土建屋の組の奥さんになります。

 

 そんな2番目のお嬢さんが、親に反発して芸者になって、そこで出会った男が収監される前に知り合って、釈放されてから一緒になって、なんだか気は強いけど、どこか弱い、女性だったのが、どんどんたくましくなっていく様子。なんだか重苦しい(いや、桜木さんだから、軽く楽しくはありえないんだろうけど)スタートで重く読んでたんですけど、徐々にたくましくなっていく主人公に支えられて、最後まで読んだ感じ。

 

« 梅酒梅入ケーキスタート | トップページ | 干しブルーベリーいりパン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/64505706

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 梅酒梅入ケーキスタート | トップページ | 干しブルーベリーいりパン »