2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 図書室で暮らしたい | トップページ | 犯人に告ぐ2 »

2017年1月22日 (日)

バジルパン

久しぶりにバジルパンを焼きました。最近、ちょっと気になっているのは、栗原はるみさんの「こねないパン」っていう本です。ちょっと本屋さんで立ち読みしたんですけど、HBとか使わないと、パンって、こねる、叩きつけるっていうのが、定番ですね。どんなパンの本でも、全然こねないっていうのは、なかなかないんですよ。まああ、お箸でぐるぐるくらいでこねる工程を少なくしているのはありますけどね。
 で、本屋さんでこの本をみたら、パンの基本形は最初の1/4くらいであとは、そのパンを使ったアレンジのことばっかり、サンドイッチとか、くるみパンとか、フォカッチャとかで、基本、こねないポイントっていうのは、あまりにも量が少ないので買うほどでもない、とこねない方法だけ見ていました。といっても、結構、発酵時間、ベンチタイム時間がながくって、そういう時間まで含めてHBで管理してもらっているあたしには、ちょっと面倒かな、と思ったり。うーむ。パン作りって面白いけど、時間かかるんですよね。在宅時間が、まだ少ないあたしには、ちょっと負担が大きいなあ。
 栗原さんは、このこねないパンの本を出すために、300回、こねないパンの試作をしたんですって!ひゃーー!びっくり。あれこれ、いろんな評価や感想がある料理研究家さんでしょうけど、その300回を繰り返すこだわりと熱意と、まじめさはすごいなあ、って思いました。
 というわけで、まったく関係なくHBで生地コース。そこにバジルソースを投入。オイル分も塩分もあるので、あとは砂糖と水だけ。香りのいいバジルパンです。翌日は、スライスしてトーストすると、フワーーっとバジルの香りがして、イタリアーンな朝です。この季節、トマト味のスープと、バジルパン。至福の朝ご飯。
1482768269091.jpg

« 図書室で暮らしたい | トップページ | 犯人に告ぐ2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/69002056

この記事へのトラックバック一覧です: バジルパン:

« 図書室で暮らしたい | トップページ | 犯人に告ぐ2 »