2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 教授のおかしな妄想殺人 | トップページ | ローマ発しあわせ行き »

2017年1月11日 (水)

うるみん

商品の詳細

 

 結婚式への代理出席業、新婦や新郎の友人として出席し、松竹梅で役割を果たす、松コースだったら、スピーチつき、梅コースだったらにこやかに歓談、みたいな仕事から、葬式への代理出席業に異動?ところから、物語が始まります。うるみんとは、韓国語で「泣く」っていう意味らしいです。というように、多摩川をわたったところにある川崎市(それもたぶん下流の方)を舞台に、在日コリアンの人たちも含めて、泣き屋を商売としている人たちが集まって奇妙な共同生活をしているという暮らしです。

 

 東京新聞の川崎版の連載だったそうですが、文章の主述がポンポンと飛んで、登場人物の像が明確に結ぶ前に展開していっちゃうので、かなーり読みにくくて、何度も、え?って再確認しました、そういうところは未熟なところがまだまだいっぱい。

 

« 教授のおかしな妄想殺人 | トップページ | ローマ発しあわせ行き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63825365

この記事へのトラックバック一覧です: うるみん:

« 教授のおかしな妄想殺人 | トップページ | ローマ発しあわせ行き »