2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 最後のキウイ | トップページ | サケのクリームシチュー »

2016年12月 9日 (金)

闘う君の唄を

商品の詳細

 

 中山七里さんです。ある幼稚園に新任の先生としてやってきた女性が主人公。この幼稚園、なんだか園長が超弱腰で、モンスターみたいな保護者会の会長さんのごり押しになんでも、はいはいってなっちゃって、新任先生は、ガマンができないんです。遠足の場所から、発表会の演目まで、何から何まで一部の保護者のいいなり?なーんで?

 

 どうやら、15年前に園の送迎バスの運転手さんが、園児を殺害して埋めた容疑で逮捕される、という園としては、とーんでもない事件があったらしく、それからその園長先生は保護者からの批判もいっぱいうけ、なんでも言われた通りにするようになったみたい。そりゃー、たいへんな事件ではあっただろうけど、それと、今の教育方針も何も言いなりな園の経営は別問題?っては思うけど。

 

 新任先生は、保護者にガンガン追求されるわ、同僚や園長は味方になってくれないわの中で、必死でもがき続けるのですが・・・・

 

 

 

 っていう新任先生の奮闘物語かと思ったら、あれま、昔の事件との関係が突然でてきて・・・後半の展開はびっくり。そういう話を書きたかったんだったら、前半の新任先生の奮闘は別の問題?あれれ、となりながらも、それぞれわりと楽しく読んじゃったエンタメでした。

 

« 最後のキウイ | トップページ | サケのクリームシチュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63592811

この記事へのトラックバック一覧です: 闘う君の唄を:

« 最後のキウイ | トップページ | サケのクリームシチュー »