2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リンゴとブルーベリーのタルト | トップページ | Aではない君と »

2016年12月19日 (月)

笹子雁ヶ腹摺山と高川山

天気予報がいい日曜日。大掃除ってなんですか?と完全に無視して、早起きして山歩きに行きました。といっても、高い山は雪が積もっていて、すでにスキーシーズン。紅葉も終わっていますから、この季節ならではのババーンと山が綺麗なところ、ということで、このところ、ボチボチ潰している、大月市の富嶽12景の山をつぶすことにしました。富嶽12景の山は大月の中央線(ほぼ、中央高速と同意語)の南北に点在しているんですが、北側の方はすでに道路が冬季閉鎖になっているところもあって、残っている山のうち北側の方は行かれません。今回、まず目指したのは、漢字でこんな長い名前の山っていう笹子雁ヶ腹摺山です。雁ヶ腹摺山は、牛久と、笹子と、ただの雁ヶ腹摺山の3つがあります。笹子は、旧甲州街道の笹子峠(昔のふるーいトンネルがあります)の上の山です。笹子峠のすぐ下のところに車を置いて、びっくりするような急坂を昇るのですが(鎖がないと登れないくらいの急坂)、急坂は10分もかからないで終わり、あとはゆるく上り下りがあるだけ。1時間余で、頂上です。富嶽ですから、もちろん富士山バババーンなんですけど、峠の上なので、西側の展望がすごくよくって、南アルプスから八ヶ岳から、まーーーしろでずーっと見えます。ひゃーーー!!きれーい!北側から吹く風が汗を冷やして、さむーーーっと、コーヒーを飲んで下山。朝早くでたので、ここで登っておりて10時でした。これで帰ったら、昼ごはん食べて、いつものジムの日曜日になっちゃいますわ。ということで、車で初狩駅付近まで戻って、ポツンと残してある富嶽の低山、高川山に登ることにしました。林道の終点、簡易トイレが設置されているところに数台おける駐車場があると書いてあったところが、あいていて車をとめて、1時間くらい。男坂と女坂があります。さっさと男坂で登り、富士山真正面の頂上は、簡単に登れる山で景色がいいせいか、結構たくさんの方がいらしていました。以前登った、本社ケ丸や清八岳と平行な位置にある手軽な低山です。ちょうどお昼ごろ、頂上でお友達にもあえてお弁当。暖かい日差しで、メチャクチャいい天気で、目の前にはでーっかい富士山。山日和な一日でした。
1482062009321.jpg

 今年の山歩きはこれでおしまい。あとは雪の上を滑るシーズンです。
 今年は、羊蹄山に登ったことが印象深いし、イタリアの山歩きもできました。丹沢方面も、富嶽の山も元気に歩けたことに感謝です。ちゃんと筋トレもして、少しでも長く山を歩けますように。

« リンゴとブルーベリーのタルト | トップページ | Aではない君と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/68896620

この記事へのトラックバック一覧です: 笹子雁ヶ腹摺山と高川山:

« リンゴとブルーベリーのタルト | トップページ | Aではない君と »