2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バジルパン | トップページ | おうち肉まん »

2016年11月29日 (火)

悔いてのち

商品の詳細

 

 永瀬さんです。永瀬さんのこのタイプの小説、絶望的なまでのひどいことが繰り返しおこって、ずずずずーんと重くなっちゃうものもあるんですが、これ、重いですが、絶望的ですが、最後にはなんとか救われて、前向きに終わっているのが救われます。

 

 ある大物政治家(といっても娘婿の二代目)と、その家族を中心に、彼に関係した秘書、今は執事、かつてのSP、今はパチンコ屋の経営企画部(??)に勤務している男性などが、最初はバラバラに見えたそれぞれの悲しみや後悔が、最後にはぐぐぐーっと収斂していくようにできていて、一気読みです。あー、こういう終わり方でよかった!

 

« バジルパン | トップページ | おうち肉まん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63592709

この記事へのトラックバック一覧です: 悔いてのち:

« バジルパン | トップページ | おうち肉まん »