2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キャラメルコーヒーババロア | トップページ | スペアリブの梅干し煮 »

2016年11月 1日 (火)

トリダシ

商品の詳細

 本城さんって、新聞記者だった人の作品。トリダシ??って鶏のダシ?みたいなタイトルなんだけど。「とりあえず、記事を出して」っていうスポーツ新聞のデスクのトリガイさんのあだ名です。トリガイさんなんだけど、出せ出せっていうから、トリダシになっちゃったんだろうね。

 舞台はスポーツ新聞の記者とデスクです。デスクって、自分で取材するというより、取材記者からあがってくる記事を、取捨選択(あるいは、修正加筆)して記事にする役割らしく、つまり取材記者から記事があがってこなければ、どうしようもないわけ。だから、出せ出せっていうらしい。として、デスクは1人じゃなくって、この小説の舞台となっている大手新聞系列のスポーツ紙では、3人のデスクが当番制で、デスクをやっているらしい。まあ、ずーっと毎日だとたいへんだよね。

 そして、ネタはプロ野球。あたし、スポーツネタ本はとても苦手で、堂場さんの本もスポーツ小説は読まないんだけど、これは、スポーツネタ、いわゆる精神論も技術論も、根性論もなく、スポーツを取材するスポーツ新聞の現場ネタなので、ギリギリ読める感じです。

 トリガイさん、いや、トリダシさんの元で働くいろんな取材記者と、そのスクープ合戦、やりとり、駆け引きなど、へえっへえっへえ!の本です。野球音痴なあたしでも、あー、、この常勝を期待されているジェッツといかいう球団がジャイアンツっぽいなあ、くらいはわかるし、コーチ人事とか監督人事、ドラフトの高校生の大リーグへの憧れ、など様々な話題は、スポーツネタとしてではなく、駆け引きと報道のネタとして読めます。へえっ!へえっ!

« キャラメルコーヒーババロア | トップページ | スペアリブの梅干し煮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63165549

この記事へのトラックバック一覧です: トリダシ:

« キャラメルコーヒーババロア | トップページ | スペアリブの梅干し煮 »