2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 野菜天ぷら | トップページ | おうちピザ »

2016年11月 4日 (金)

おひとりさまの最期

商品の詳細

 

 おひとりさまの老後、が爆発的に売れて以来、男おひとりさまの本を書き、1人で死ねるかの本を書いてきた上野先生が、おひとりさまの死に方について、集大成的に書いた本です。おひとりさまって、独身、兄弟姉妹なしの上野さんは言いますが、たとえ配偶者がいても子どもがいても、結局は1人で死ぬんだと私は思うのです。というのは、配偶者の早い方は、片方が生きてるかもしれないけど、同年代なら相手だって、老化しているので介護を全面的に配偶者に頼むのはたいへん、子どもは同居して親の介護をするっていう意識は、私にはないし、子どもにもないでしょう。少子化の現状、子ども世代は子ども世代のことで手一杯なわけです。自分たちの生活、自分たちの経済を回していかなきゃならないんですよ。

 

 私の両親の子どもは、私一人です。で、彼ら自身は5-6人の兄弟がいたこと、親がさほど長寿じゃないことで、自ら介護責任を負ってきてないんです。でも、老いた親は子どもが支えてほしいってどこか思っている。でも、現代で少子化の先頭をいく私に、超高齢な両親がぶら下がるのが、無理だっていう現実が、なかなかわからないんですね。

 

 

 

 私の世代からはそうじゃないのです。自分だって少子化の子ども、自分の子どもも1人、やっぱり1人でいろんなサービスを組み合わせながら老いてヨロヨロ暮らし、死んでいくんだと思います。一人で死ぬことが「かわいそう」なことだという既成概念を捨て、きままに暮らし、自由に生きて、生をまっとうするという概念を持ち、それに合うように生きて行かなきゃならない、と強く強く思う本。実母を見ていると、情けなくって、いやになります。がんばろー、あたし。

 

« 野菜天ぷら | トップページ | おうちピザ »

コメント

私も一人っ子で育ち、今、両親のいろんなことに悩まされています。
特に母とは全然合わなくて。
りょうさんの「実母を見ていると、情けなくって」という気持ちに共感しました。
でも、なかなかこういうことって表立っては言えませんけど。

チャウ子さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。お返事、とっても遅くなってごめんなさい。母と娘って、やっぱり相性があると思うんですよ。で、人として相性があんまりよくなかったら、やっぱり合わないっていうので、いいと思うんです。別の人なんだけど、それを、母に理解してもらうのがたいへん。娘なんだから、当然、って思われていて、しんどいです。別の人間なんだから、合わないってこともあると思うんだけど、っていうのが、「だって、実の娘なんだから」ですべて解消されると思わるのが、しんどいです。ほーんと難しですね。お互い、そこそこ、がんばりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63383042

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさまの最期:

« 野菜天ぷら | トップページ | おうちピザ »