2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

パプリカのマリネ

あたしは昭和な人間なので、ついつい、カラーピーマンって言ってしまうけど、最
近は、パプリカっていうんですよね。赤ピーマン、黄ピーマン、オレンジピーマン。
あのカラフルなピーマンたちは、緑の従来のピーマンにある苦味がなくって、でっか
くって、皮が厚くって、あれは、ピーマン型した別の食べ物じゃないか?って思いま
す。苦味がないですよね。実は、あの赤いのを塩漬けした、マサラ??じゃなかっ
たっけ、というペーストを作ってみたいって思っているんですが、いまだ実現せず。
炒め物とかにも、ちょっとカラーピーマンを入れると、グンと色合いがよくなって、
いいですよね。
 今回は、わりとお安く売って赤黄のピーマンを使って、パプリカのマリネです。苦
味がなくって、皮が厚くって、甘いのでマリネもおいしいです。玉ねぎも入れて、私
は、ちょっとしんなりした方がおいしくって、マリネ味が染みるので、数分チンしま
す。あとは、マリネ液と合わせて、さっぱりつけあわせ。カラフルな色でぐーんとお
皿の上が明るくなります。
1478063849384.jpg

7デイズ

商品の詳細

 

 五十嵐貴久さんです。隅田川で溺死死体があがった。どうやら、偽名を使って日本と韓国を出たり入ったりしていた、韓国マフィアのドンらしい。日本の警察は、事故死、よっぱらって転落して溺死、と結論づけたのだが、ソウル警察の超優秀な女性警部?が、韓国マフィアの全貌解明のために、日本に捜査協力を求めて1週間(それが、7DAYS)来日することになった。そもそも、捜査協力なんてする気はあんまりない日本の警視庁は、若手ののほほーんとした男を、警部の接待役として任命。彼と彼女の1週間が始まった、というスタート。テンポよく、のほほーん男と、ものすごいしっかり超優秀警部のあれこれが、思わぬ展開につながり、のほほーん男も、バカだけど、悪人じゃなくって、気持ちはいい人で、という風に進んでいくエンタメ。あれまあれまという間に1週間。コメディタッチで、なんだか笑える。2時間ドラマか、映画にしたら面白いのに。主演は妻夫木君?でいかがでしょうか。(若手俳優あんまり知らないあたし)

 

2016年11月29日 (火)

おうち肉まん

寒くなってきたので、肉まん、あんまんを作ります。ホームベーカリーで、薄力粉
200、強力粉100、オイル分はサラダ油にしてあとはパン生地コースで生地を
作ってもらいます。かんたーん!それを8等分くらいにして、半分は肉まん、半分は
アンマンにします。あたしの肉まんの具はいいかげんで、ひき肉(生協のバラ凍結、
ブタヒキ)にお弁当に使っている高菜漬けとネギを刻んでいれて、塩コショウ、オイ
スターソース、終わり。加熱もしません。それをくるむだけ。あんまんは、煮て冷凍
してある小豆(粒あん派です)を溶かして、いれるだけ。売ってない粒あんのあんま
んになります。あとは、セイロで蒸せば、ほっかほっかのおうち肉まん。皮ももっち
もっちでおいしいーーー!!たくさん作っても、冷凍もできるし、お弁当に持って
いって会社でチンしてもおいしいし。といっても、8個しかできないけどね。生地
コースを増やせないから。簡単にいつでも、できます。おいしーよ!!
1477883699488.jpg

悔いてのち

商品の詳細

 

 永瀬さんです。永瀬さんのこのタイプの小説、絶望的なまでのひどいことが繰り返しおこって、ずずずずーんと重くなっちゃうものもあるんですが、これ、重いですが、絶望的ですが、最後にはなんとか救われて、前向きに終わっているのが救われます。

 

 ある大物政治家(といっても娘婿の二代目)と、その家族を中心に、彼に関係した秘書、今は執事、かつてのSP、今はパチンコ屋の経営企画部(??)に勤務している男性などが、最初はバラバラに見えたそれぞれの悲しみや後悔が、最後にはぐぐぐーっと収斂していくようにできていて、一気読みです。あー、こういう終わり方でよかった!

 

2016年11月28日 (月)

バジルパン

久しぶりにバジルパンを焼きました。バジルペーストをドボっていれて生地を作る
だけです。バジルペーストには塩分もオイル分もあるので、粉と砂糖以外には、もう
バジルペーストだけです。かんたーん!
 なぜかよくわからないのですが、バジルペーストを入れると、パンがもっちもっち
になるんですよ。なにも、もちもちするものは入れてないんですが。朝から、イタリ
アーンなもちもちパン。大満足。オトコズも大好き
1477883632049.jpg

ラヴィアンローズ

商品の詳細

 

 村山由佳さんです。うーん、まあ、怖いくらい束縛して、エラそうな、これってモラハラだよなあ、というオットがいて、自分の庭いじりとライフスタイルがなんだか雑誌に載ったりするようになって、広い仕事の世界を知るようになった妻が、その窮屈なオットにだんだん耐えられなくなるっていう話ではあるんだけど。それはそうだろうけど、その窮屈さに気付くのが、自分の仕事だったり、仕事に対する気持ちだったり、じゃあなくて(それもゼロじゃないけど、少しで)、まあ、お決まりのカッコのいいやさしい、ずるい男っていうのが情けない。あたし、このごろ思うんだけど、男はいつまでも女性でフラフラするけど、女って、仕事したり打ち込んだりするものがあると、いい加減、男なんてどーでもよくならない?40とか50とかになって、また、ちょっとぶりっ子(死語)したりして、男の気を引こうとしている女がいたら、バカな男を利用しようとする戦略か、あるいはオオバカかどっちかじゃないかと思ってみてる。いや、最近、50半ばでそういうのを見たので、おおお?戦略か?と思ったら、オオバカだったというお話なんだけどね。だから、この束縛されていた妻が、アホみたいな典型的なずる男にだまされていくのが、情けなくって仕方がない。そんな情けない女を描かないでほしいぞ。やだやだ、どうせなら違う風にモラハラ夫を捨ててほしかったです。

 

 で、くだんのオオバカ50女に、フラフラする男、いるんだよね。男っていつまでもバカだなあ、とやっぱり思ったにゃん。ちゃんちゃん。

 

2016年11月27日 (日)

トマトパン

別宅の帰路にコストコに寄るようになって、あれこれ買ってみて、なにせ大量だか
らちょっと持て余し気味の一品に、トマトペースト缶っていうのがありました。もの
すごーく濃いトマトペーストが入っている小さな、野菜ジュースくらいの缶なんです
が、1缶あけると、ともかく濃いので余り気味、瓶ならフタして使うけど、缶だか
ら、ちょっと使いにくい。味はすごーくシンプルにトマトぎーっちり!っていう感じ
でおいしんだけど。で24缶だかあって、ちょっと持て余してたんです。が、これ、
パンに使うとおいしい、という知恵をネットで読んで、おおお!!とやってみまし
た。もちろん、半分くらいは、別のメインになる料理に使って、あと半分を小さな容
器に移して、缶はあらって、スープに投入ね。これを、パン生地に大匙1くらい入れ
て、ハーブミックスもちょっと入れて、パンにしました。ほんのり、赤いパンになっ
て、トマトとハーブの香りがおいしい!これ、イタリアンレストランに売れるんじゃ
ね?と若者(ムスコです)も喜ぶ、トマトパン。おいしい!これで、トマトペースト
缶も喜んで開けられるようになりました。HBさん、ありがとう。
1478575209034.jpg

手羽元のスパイスカレー

先日、コストコではじめて、手羽元っていうのを買いました。コストコにある鶏肉
は、さくらどりっていう比較的おいしい鶏肉で(うちは、サミットで買う鶏肉は、不
評で、ずーっと生協を買い続けてたのですが、生協にまけずおいしいです)、もも肉
とムネ肉を交互に買ってたのですが、新しいのにチャレンジしようと、手羽元を買っ
てみました。大根と煮るとおいしいよな、と思って買ったのですが、大根のあまりの
高さに買えず(爆)、スパイスカレーにしました。骨から出るダシがおいしくって、
スパイシーなカレーも大満足です。
 3種のスパイスのスパイスカレー、(コリアンダー、ターメリック、そして、唐辛
子の粉)、すっかり定着して、うちの定番のスパイスカレーになりました。
1477883574390.jpg

大黒柱マザー

商品の詳細

 

 小島慶子さんです。彼女は元、局アナで、今はフリーのアナウンサー。アナウンサー業務じゃなくって、バラエティとかにも出てるみたいだし、エッセイとか、本とかも書いている感じ。中学生と小学生の2人の男の子のお母さんです。

 

 この本は、彼女のオットさん、テレビ局のディレクターを20数年やっていた方が仕事をやめたい、と言い出したことからはじまります。ふむふむ。彼女は、数年前に局アナをやめてフリーになっていたのです。そういう転換ができたのも、オットさんが、まあ、収入の安定したテレビ局勤務だったから。今度は、オットがサラリーマンを辞めたいと言い出したわけだ。え??びっくりしたけど、でも、自分はオットの稼ぎがあるから、自分の意志で選択したフリー。オットは、男性だから意志で仕事をやめることはできないの?それって、あたしがいつも言っていることとは違わない?

 

 それから、子供の中学受験のこととかあって、あれこれ考えて、一家でオーストラリアのパースに移住することにしちゃった。オットさんは就労ビザがないので、完全な子育てだけ。自分は数週間で日本とオーストラリアを往復して、超遠距離デカセギ大黒柱になったのだ。ほおー、まあ、会社員じゃないからできることではあるんだけど。その暮らしのあれこれっていうのもあるんだけど、それより、彼女が、男性=ちゃんと稼いで定職があって一人前、って思いこんでいる、その自分の固定観念や、稼いでもないのに!!って言いたくなる自分のいろんなことに気付くようになるあれこれ。それを、のほほーんと、そんなこと思ってもないし、言ってもないよ、というまあ、天然記念物みたいなオットさん。はずれてみて、初めて自分たちがどんなに刷り込まれたいろんな価値観から自由になりたいなりたいと思ってきたのに捉われているかわかるっていうところ、それをそっくり認めて葛藤する彼女の様子が、えらいなあって思います。そういう意味でおもしろかったです。

 

2016年11月26日 (土)

さといものそぼろ煮

今年のさといもは小ぶりです。小ぶりなのでむくのが面倒ですが、キヌカツギだっ
て、そうそう何十個も食べられるわけじゃないです。よって、ちまちまむいて、そぼ
ろ煮にしました。玉ねぎとひき肉をいためて、味をつけて、さといもを投入。煮るだ
けです。さといもって不思議なんですが、イモのくせに(くせに??ってよくわから
ないけど)、意外とダシが出る野菜なんですよ。味噌汁なんかにすると、なんかじ
わーーと滋味深いです。さといものそぼろ煮も鍋いっぱい作りました。ふむ、このと
ころ、野菜が高いこともあって、イモばっかり食べてる気がする。
1477883516055.jpg

白菜ゆでつなポン酢

これも、まったく何もしない料理。生協で白菜がやってきた。たぶん注文したんだ
ろう。でも、刻んだり、巻いたり、味付たりする気がしない。大なべにザクザク入れ
てゆでておわり。ツナ缶あけて、上からかけて、かつおぶしかけて、ポン酢終わり。
でも、さっぱりおいしい。白菜1株いけるくらいうまい。あー、これでいいや、一生
これでいいやって思うほどうまい。白菜さんありがとう。
1477491998335.jpg

十四歳の遠距離恋愛

 

 のばらさんです。薄い文庫本なんだけど、軽く読んでいるつもりが、だんだん苦しくって、切なくって、たまらない気持になっちゃいました。あたし、この本の主人公の14才の中2の2人とは、もうもう遠く遠く離れたところにいるようなおばさんですけど(残念ながら客観的事実)、でも、人を思う気持ち、大切にする気持ち、そして会いたい気持ちとかは、同じなんだなあって思う。そう思うと、あたしはたとえば、90才のおばあさんの恋心とかわからないと思うこと自体、まちがっているのかも。結局同じなのかもなあ、人の気持ちって、って思いながら読みました。おばさんが、40年余ワープして、涙してしまいました。

 

 この2人、まったく互いの趣味嗜好が違うんです。男性は、バリバリの名古屋弁で、柔道やっているオトコだ!というバンカラに憧れるイケメンとかさわやか系の対局の男の子、14才、かっこよくもなく清潔感もなく、ダサダサな感じ。女の子は、地方都市で変人扱いされるロリータ大好き少女。お小遣いも少ない中学生だから、手作りの奇妙なファッションに一生懸命。興味も、聞く音楽も、関心も、まったく共通点がない二人。唯一あるのは、周りがなんていおうと自分の好きなことや好きなカッコウをすること、それはみっともないことでも、カッコ悪いことでもないんだ、っていうところだけ。ベクトルは真逆だけど、その点だけ共通。だからまったく違う風な2人が互いの興味がなく理解できない話をしてそれでも、自分を認めてくれる大切に思ってくれる相手を大切に思って、付き合っているのだ。14才、中学生。手もつながない、キスもしない、好きだという気持ちだけの14才。な、ところが、親の都合で引っ越し、東京(といっても立川)と名古屋に分かれてしまう。電話がバカ高く、交通費なんかあるわけない中学生だもん。せつないよね、会えないよね、そんな2人の遠距離な大恋愛。かわいくって、スマートじゃなくって、不器用で、カッコ悪くって、せつなくって、苦しい。泣きそう。おばさんを泣かせる14才の恋愛小説。ぐすん。

 

2016年11月25日 (金)

さつまいものカレースープ

我が家は今が、一番イモがあります。夏前に収穫したじゃがいももあるし、さつま
いも、さといも、全種売るほどあります。あたしに会うお友達は、みーんな重たいイ
モを押し付けられております。すいませんねえ。でも、まだまだあります。
 朝のスープに、さつまいもを使います。なにせ、ダンボール2箱あるんです。オオ
ゼキで1本100円とか、150円で売っているのを見て、うちに、1万円から1万
5千円はあるなあ、って思うくらいですから。いや、売れればですけど。
 にんじん、たまねぎ、じゃがいも、さつまいもを細かくサイコロに切って、大なべ
に入れます。コンソメ味にしようかと思ったけど、さつまいもって甘いでしょ。の
で、ちょっとスパイシーな、カレー味にして、イタリアで買ってきた、スパイシーな
香辛料も入れました。朝からピリっとあったまる感じで、これはこれで、おいしいで
す。根菜もいっぱい食べられるしね。大なべにいーっぱい作って、3日食べても、さ
つまいもは中1本が使えるかどうかです。先は長い。とほほーーー!
1477883454180.jpg

かぶと小松菜のクタクタ煮

私事ですが(って、意味ないな、私事しか書いてないや)、あたし、この数週間、
あるプロジェクトの佳境な業務があって、忙しかったんです。とは言っても、まあ、
メチャクチャ忙しかったのは、ほんの1週間、その1週間は、予告できたし、覚悟も
できたので、なんとか乗り切ったのですが。なんか気持ち的にお疲れで、適当なもの
しか食べませんでした。いいのだ、いいのだ。なんとか食べていれば。
 この季節ですから、カブとか小松菜とか、あの類の葉っぱ類がおいしいです。で
も、あれこれやってる場合じゃねーぞ、というので、ぜーんぶまとめて鍋につっこ
み、油揚げ(冷凍)をそのままつっこみ、クタクタに煮ててちょっとだし味。終わ
り。ほーんとそれだけ。でも、ちゃんんと野菜のうまみ、おいしい。お野菜さんあり
がとう。

1477883348330.jpg

Red

 島本理生さんって、あんまり読んだことがないです。たぶん、全然かも。で、なーんとなく読んでもないくせに、苦手意識をもっていて、読んだことなかったんだけど。偶然、図書館の返却本の棚にあって、手にとってもってきて、読む本がなくって、ま、ちょっとめくって眠気を誘ってから寝よう、くらいに読み始めたら。あれれ?どういうわけか、ものすごくスリリングとか、すごい展開っていうわけじゃないんだけど、3時過ぎまで読んで一気よみしちゃいました。あれれ?これって、はまったってことかあ!?そーんな感じじゃないんだけどね。

本の紹介には、2歳の娘を持つ若いお母さんのトウコさんが、ともだちの結婚式で20才くらいの時のアルバイト先の社長さんで愛人だった男性と再会して快楽の海だか沼だかにっていうあたしの苦手な分野な紹介なんだけど。それはウソじゃないけど。そういうだけじゃない。彼女は結婚以来、とても明るい気があう義母(義父は不在がち)と同居していた、実母は離婚して忙しく働いていてあんまり気持ちの交流がない一方、義母はわかくてミーハーで話合わせてくれて、いい人で、オットはお坊ちゃんでのーんびりしていて、優しくって暴力とか浮気とか全然なくって、ハンサムで、っていうそういう状況なんだけど。

なんていうか、このぼーんやりのんびりオットの甘ったれなところ、いい人で悪人じゃなくって、浮気もギャンブルもなーんもできないけど、でも、ものすごく鈍感で失礼なところ、人の気持ちの機微もわからないところ、そういう恵まれた状況だからこそ、ガマンしてにこやかにするしかない妻の気持ちをまーったくわからないところ、誰も悪くないけど、最悪なところ、そんなところが、よく描けているのが本を閉じられなかった。

後半、妻が不満をもっていて、家を出ていくっていうときに、自分の何が悪いかまーったくわからないオット。したいことは許してきたし、やさしくしてきたし、仕事して稼いできたし、浮気もしてないし、子どももかわいがってきたのに、何がいけないの??何が足りないの?というオットに、ずばっと

「経験と学習」

っていってのけたのがすべての真実。よーくわかるなあ、これ!!

 

この本、あたし、鈍感でいい人な、善人で、善意のカタマリなオットに読ませたいけど、絶対にわからないと思う。かつての愛人との性愛のところだけ妙に反応しそうな気がする(爆)、そーんなことじゃないのに。それが主眼じゃないのに、きっとわからない。このイライラと、この不満と、このぬるーいいやな感じが耐えられないよ、ってきっと男はわからない。善人で鈍感で、いい人な男には絶対にわからないだろう、と思う。彼との間には、決して超えることができない、ふかーい、ふかーい河が流れているのだと思う日々なり。

2016年11月24日 (木)

ひじきの炊き込みご飯

わたしはなにせ、ひじきが好きです。
 鴨川の別宅で、あんまりお付き合いのないお隣さん(といっても、50mくらい離
れている)と、スズメバチの件で、ちょっとお話することになりました。うちの屋根
にスズメバチが巣を作っちゃったことで、除去費用が45000円もかかったりした
ことで、ちょっとした会話になったのです。
 で、話してみたら、そこの奥さん、房総ではゆうめいな「さいぶのひじき」という
ひじき屋さん(という専業が成り立つところがすごい)に、パートに行ってらっしゃ
るとか。へえ、へえ、ということで、帰路にそのお店に寄ってみました。各種、ひじ
きと、ひじき加工品ばっかりのお店がロードサイドにあるのです。
 あたしは煮もの、和え物には長ひじきが一番好きなのですが、たきこみご飯には、
ちょっと小さ目のひじきがいいだろうと、よりどりみどりのひじきの中から、小さい
ひじきを買ってきて、にんじんと油揚げでひじきの炊き込みご飯にしました。たきこ
みご飯を平日にかけられるのは、秋から春にかけての半年なので、こんな素朴なごは
んもおいしいです。
1477272549219.jpg

ラプラスの魔女

商品の詳細

 

 東野圭吾さんです。450ページくらいある分厚い本なのですが、さっすが売れっ子だけあって、読みやすい、飽きさせない、展開はやく、余計な説明はないけど、ちゃーんと楽しいっていう本になっています。この人の本、売れますよね。

 

 とてもらくちんで、楽しく一気読みできるんだけど、いや、いいんですよ、エンタメ小説なんだから、だけどじゃあ、買って読んで、自分の蔵書にするかな、っていうと別。いつまでもとっておきたい大切な本としての価値を見いだせるかというと、あたしには、ちょっと違う。買って読んで、家族も楽しく読んで終わりかな、と思うとなんか残念。そのうち、ブックオフに持って行っちゃうな。何度も読み返したい大切な本にはならないかも。ごめん。

 

 

 

 でも、いくつか。

 

まず、母性とか父性っていうのは、本能なのか?それとも、理性なのか。それもない人間だってありうるんだ、という今時の、虐待とか親殺しとか子殺しとかの事件を見ているとまあ、そうだろうと思うような事実をもう一度つきつけられるっていうことが一つ。

 

 もう一つは、事実とか真実って何なんだろう?ってこと。真実ってあるのか、それだけを、ちゃんと見える人はいるんだろうか、という疑問。だから、真実は一つっていうけど、ほんと?見方や見え方によって、真実って違うんだろうな、っていうこと。その中でもがくしかないだなあ、って思う。だって、見え方が、全く違う人間がいたら(この本ではラプラスの悪魔と魔女がいるから)、真実を議論すること自体、全く違ってくるよね。うん。

 

 

 

 という小説。一気読み。終わり。

 

2016年11月23日 (水)

非婚ですが、それが何か?

商品の詳細

 

 上野千鶴子センセーが、娘くらいの若い社会学者(で、詩人でもある)水無田さんと対談した本です。上野センセーは、独身、子どもなしだけど、水無田さんは、どういうわけか非正規の大学教員同志で結婚して、どういうわけか子どもまで産んじゃっています。ま、1人では食えないけど、一緒に住んだら、家賃とか生活費が節約できるっていう非正規雇用だったから、とか言ってますが。

 

 この2人が自分たちの世代を超えて、日本の婚姻率が落ちている現状、非婚、それもしょうがなく非婚じゃなくって、選択して非婚の率が増えていることについて書いています。

 

 あたし、結婚はしなきゃいけないとも、した方がいいとも思っていません。選択すればいいのだ、と言う意味で非婚っていう選択ももちろんあります。だって、婚姻一般した方がいいと言えるほど、婚姻一般は幸せじゃないのは、ちょっとまわりを見わたし、自分を見れば明白。幸せな婚姻もあり、しないほうがましの婚姻もあり、なぜ継続しているのか不思議な婚姻関係もあるものね。

 

 で、非婚率があがろうと、下がろうと選択の結果であればそれはどーでもいい。人口なんて減ったっていい。人口増やしたいのはGNPを増やしたい人だけ。減った人口が幸せに暮らせる国を目指せばいい、縮小して暮らせばいいというのが持論です。

 

 

 

 だから、ほとんどの人が結婚し、婚姻関係を持つことを前提とした社会制度じゃなくって、選択の結果にすぎないんだから、どちらでも生きられる社会制度(制度が婚姻を前提としているから結婚するのは本末転倒だよね)であればいいし、どちらでも選択し、かつ選択をどちらからどちらにでも変更自由なのがいいと思う。そういう意味で、苗字なんてどんどん変えても変えなくてもいい(別姓は選択できるようにする、一緒にしたい人はすればいい、したくない人は別姓にすればいい)、離婚も結婚も、税金や年金上の得策でも不利にもならなくて当たり前って思う。

 

 

 

 非婚が増えているのは、先人の結婚が必ずしも幸せに見えない、リスクが高すぎるように見えるからだと2人は言う。そうだよね、負債と言われる専業主婦、不自由でストレスのたまる婚姻関係の前例を見てれば、何で結婚なんてしなきゃならないわけ?って思う。家族と暮らし、家族を慈しみ、人間関係を作ることが、まあ、面倒なこともあるけど、幸せそうに見えなければ結婚しないよな。リスク高いもんね。リスコを超える愛っていうのは簡単だけど、リスクを注視して、リスクを負わないで愛を持つことだって、当然できると思う。いいじゃん、誰も結婚しなくても、人口が減っても。大切なのは、人口数でも、婚姻率でもないのだ。そこに生きる人の幸せなんだ、って改めて思う。

 

2016年11月22日 (火)

自家製ティラミス

コストコに買い物に行く人は、一度は買ってみたいと思うお菓子じゃないかと思う
んでうす。ティラミス、でーーーっかくって、うわーーー!って思う(笑)、ものす
ごく甘いけど、コーヒーの香りでおいしいし。冷凍できるので、冷凍しておいて食べ
ると、またおいしい。あたしも、御多分にもれず一回買いました。いやー、麻薬的な
甘さですよね。
 でも、その後、マスカルポーネを売っている(以前は2個パックになっていたけ
ど、最近は1個バラ売りになった。値上げしたかったんだろうと思う)ので、そっち
を買うようになりました。ティラミスって、たしか1200円以上したと思うんだけ
ど、マスカルポーネは1個600円くらい。で、2回、ティラミスができます。
 もちろん台に、切り落としカステラとか入れるとおいしいし、スポンジケーキでも
いいんだけど、絶対にわからないから、試しにやってみてほしいのが、ビスケット。
森永でマリーっていう超シンプルなビスケットが昔からあるけど、あれ。あれと同じ
ものが、森永さんよりよりシンプルにただ、数十枚筒型に入れてあるやつが、カル
ディにあって、それが140円くらいなので、そっちを買う(森永さんは、ちょっと
おしゃれに数枚で一パックにしたマリーを販売しています)。
 あとは、生クリームとマルカルポーネチーズ。濃く出したコーヒー、カルーア、そ
れに最後に上から振るカカオパウダー。これだけなので、たぶん、500円もかから
ないです。で、甘さもお好きにできる、コーヒーの香りたっぷりのおいしい自家製
ティラミスになります。そして、容器は、コストコのティラミスの容器を使っていま
す(爆)、いや、シラス干しも、明太子も同じ容器なんですけどね。ちょうど、マ
リーが4枚入れられて大きさピッタリで便利なのです。一度は、コストコティラミス
を買ってみるのは、もちろんありですけど、容器とっておいて、次回はマスカルポー
ネを買って、ぜひぜひ超簡単(だって、オーブンも火も使わないから、重ねるだけ)
な自家製ティラミス。お勧めですよ。
1477272172794.jpg

夫が男に恋をした

商品の詳細

 

 2人の子どものいる夫婦のオットさんが、年下の綺麗な男の子(職場で知り合った)と恋愛関係になっちゃった、ということをブログに書いて、このブログで、1年くらいいろいろ悩んだ妻の記録が本になったものです。

 

 これが、男性じゃなくって、若い職場の女の子、っていうのだったら、まあ、よくある(!?)話で、本にまではならなかったと思うんですが、相手が男性だっていうことで、話題になったわけでしょうねえ。

 

 でも、まったく構造は同じ。だらしないのは、オットさん。どっちつかずで別れらないし、離婚もできない。彼氏??とのあれこれを尋ねられるままにツマに話すという、お子ちゃまな浮気する資格もないオトコ。でも、この妻、このオットが好きで別れらない。エイズ検査は受けてみたりするけど、それでも、戻ってくるのを待つっていう浮気したオットを待つ妻なのだ。

 

 だって、愛は選択と覚悟でしょ。○○ちゃんも、△△ちゃんも大好きなんだもん!っていうのはガキであれば、かわいいけど、大人の既婚者がやったら、選択できない覚悟ができないダメな男。そうしたいなら、婚姻制度を取らなきゃいいのだ。あたし、最も腹が立つのはこの夫。男が好きだってわかったんだったら、そういう生き方をすればいい。それがいけないとも思わないけど、妻とは別れるべきだわ。でも、また戻ってきて、(彼氏とは別れて)ハッピィエンド。こういう男、また好きな誰かができるんじゃない?

 

 

 

 これが、浮気だからまだわかりやすい。「だっておかーちゃんも奥さんも大好きなんだもん、どっちも大切なんだもん」っていうマザコン男は、実はウヨウヨいる。いや、かーちゃん嫌いにならなくてもいいけどね、妻を選ぶということはあるところで、母親より妻って選択し覚悟することなんだよ、っていうことをわかっていない男はいっぱい。で、母親思いとか言われる。ちがうって!多いね、こういう男!

 

2016年11月21日 (月)

檜洞丸1620m

晩秋の晴れの日曜日、西丹沢を歩きに行きました。この日、東京、神奈川の早朝は
びっくりするくらいの濃霧で、東名高速にのったら、真っ白!!えーー!!ってびっ
くりしておっかなびっくり走行していたら、だんだん霧が晴れてきて、雲海の向こう
に朝焼けの富士山!すごーくきれいでした。
 西丹沢自然教室っていう登山口(檜洞丸、畔ケ丸など、西丹沢の拠点です)につい
たのが7:30頃でしたが、すでに駐車場はいっぱい。みーんな早いなあ。まあ、こ
の季節、日が短いので朝早いのが鉄則です。
 檜洞丸は1620mの中堅の山、西丹沢自然教室が550mくらいですから、100
0m強の上りになります。もう、この550mのあたりの紅葉が最もきれいで、登って
いくと、だんだん紅葉が終わっていって、葉っぱがなくなってしまいます。沢をわ
たったり、階段をあがったり、結構な急登もあったりと、変化のあるコースタイムで
3時間のコース。2時間半くらいで頂上に着きました。途中から2週間前に毛無山に
上ったときには、あんまり白くなっていなかった富士山が、とーっても綺麗に真っ白
に雪化粧してみえてきます。あーー、すごい!
 汗をかいて登ってみたら、頂上は風があって、さむーーー!!汗が一気に冷えて、
ダウンを着こみ、お湯を沸かしてお昼ご飯です。風がふいて、雲が動いて、おひるご
はんが終わる頃には富士山が一切見えなくなってしまいました。早く上った人だけ
が、富士山見ながらの絶景のお昼ご飯でした。
 となりのグループは、なーんと、あの韓国のお鍋に入れるトック?小さい薄いお餅
を持参して、小豆煮のレトルトパックをあっためて、頂上でお汁粉を作ってました。
あれ、おいしそーだ!!
 サクサク降りて、明るい時間に温泉、道の駅によって野菜を買って帰宅。すばらし
い富士山と紅葉の晩秋の山歩きでした。

 あたしのお友達は、何人も「山行きたい!」って言ってくれるんだけど、なかなか
予定がつかずにご一緒すること機会がたまーにしかありません。山行くとなると、ま
ず早朝出発(だから前日は大夜遊びはできない)、夕飯までに戻れるかどうかくらい
なので、ほぼ1日開けなければなりません。こまごました休日の用事やなにやかにや
はできないんですよ。帰宅後だって、結構疲れているから早く寝るしね。夕飯はうち
で食べていますが、ごちそうを作るには至りません。実際のところ、日曜日に1日山
に行こうと思ったら、休日にすべきあれこれを土曜日におしこめたり、他の日にやっ
たり、その上、お弁当も作ったり、それなりに他の日に忙しい思いをしたり、不義理
をしたり、調整したり、工夫しなきゃならないんですね。だから、まあ、行きたいっ
ていうのは簡単だけど、休日を早朝から夜まで丸一日あけて、用意をして(防寒具と
かお弁当とか)、もろもろの諸用事をやりくりするのって、それなりに強い意志がい
るんですよ。それでも、それをやると、バババーンな気持ちいいスカーっとしたすん
ばらしい時間が得られるんですね。翌日の筋肉痛もあるけどね。そのあたり、行きた
いとだけ言っている人は、実現させるための工夫をしたらいいのになあ、って思いま
す。言うは易しですがね。
1479695854300.jpg

ブルーベリーヨーグルトくらふてぃ

すごく簡単だけど、ちゃんとおいしいケンタロウさんのレシピで、バナナヨーグル
トクラフティっていうのがあります。お皿にバナナの切ったのを並べて、タネは、卵
と砂糖、ヨーグルトと粉っていうシンプルなものを混ぜただけ。泡だて器一本、ボー
ル一つでできちゃうレシピです。バナナの甘さと、ヨーグルトのさっぱり感がおいし
いのです。でも、このケンタロウさんのレシピだと、バナナを先にパイ皿に並べちゃ
うので、見た目、見えないんですよ。だから地味。あたしは、これにブルーベリー
(自家製、冷凍してある)を飾ることにしています。ブルーベリーの酸味とバナナの
甘味が、ヨーグルトと合わさって、とっても簡単だけど、おいしいいかにもホーム
メードなケーキです。バナナ切って、並べて、タネを入れて、上からブルーベリーを
振るだけ。終わり。
1477272323419.jpg

オトナ時間 オンナ時間

商品の詳細

 

 行正り香さん(電通にお勤めの後、退社されて料理研究家と、子ども向けのネット教育をやっていらっしゃる方、2人の子持ち)とともさかりえさん(女優さん、子持ち)の2人が、実生活で、とーっても仲良しだということで、2人のエッセイと料理と写真になっている本です。若い女性、同じくらいの小さなお子さんを育てている女性には、仕事もして(それも知名度のある仕事)、まあ、見れる外見で、楽しそうで、ギズギスしてなくって、すてきだなあ、って思うんでしょうか。

 

 あたし、子育て時代のたいへんな時にサラリーマンをやっていたので、こーんなエッセイ集になるようにおしゃれでも、ステキでも、忙しい中でも楽しみがあって、生き生きしてステキなおかあさん、なんて信じられないです。ネイルがどうの、料理がどうの、みたくれがどうの、リラックスのための花がどうのなんて余裕かましてる時間も気力もあったもんじゃない。今の子育ては、こーんなにおされにステキにできるんかいっ?と鼻息荒くなっちゃいます。ふーん、何か大きな幻想のような夢を描かせる本。んでーーー、仕事(それも、事務員じゃなくてだよ)もして、子どもも産んで、子育てもして、料理もしてが幸せなのよ、って、女性を追いつめそうな、そんな風に見るのは、ひがみかしらね。

 

2016年11月20日 (日)

キャラメルドームパン

キャラメルコーヒーを買ってから、せっせとキャラメルフレーバーパンを作ってお
ります。こういうのって、一度仕舞い込むと忘れちゃって、湿気っちゃって、発見さ
れて捨てることになりがち。ともかく、せっせと使うのだ。
 たぶん、キャラメルコーヒーにも糖分が入っているからだろうけど、なんだか膨ら
みがよくって、ドームのように丸い帽子みたいになっちゃいました。うちのキャラメ
ルフレーバーパン。
1477272245706.jpg

帰ってきた笑うナース

商品の詳細

 

 帰ってきた、ってあるので続編なんですけど、本編を読んでないです。図書館の「本日の返却棚」で見つけたマンガ?イラストマンガ?みたいな本です。普通のストーリーマンガは図書館では置いてないから、きっと違う範疇なんだと思います。

 

 看護師さんをやりながら、マンガ家をやっていた主人公の方、二足のわらじを履いたり、マンガ家さん専業になったりで、医療部門のあれこれを書いていたんだけど、40才になって、病棟に勤務する看護師さんじゃなくって、介護ステーションみたいなところに所属して、入院したりする病気じゃないけど、医療の見守りが必要な高齢者のお宅を定期的に訪問する訪問ナースのお仕事を、週に何日かすることになります。元々は取材のつもりで行ったら、あれよあれよと巻き込まれた感じ。

 

 訪問するナースの場合は、現場は病院じゃなくって、高齢者のうち。だから、ぜーんぶ病院の都合で看護ができた病院とはまったく違って、向こうの都合にものすごく左右されるわけ。だって、設備も部屋も、食べ物も、ぜーんぶ本人のところだからね。介護のヘルパーさんと間違われることもしばしば、家族の問題、生活のあれこれに直面しながらの看護になって、へえ、へえっていうことがいっぱい。こういう訪問看護みたいなことが、もっと進化して頻繁に活用できたら、高齢者や家族の不安もすごく軽減されるし、自宅で老いていくことができるんだろうなあ、って思います。一方、訪問するナース側は、先方の都合による看護なわけだから、当然ながら病院=看護者の都合による看護ができる、よりたいへんなことがいっぱい。すごい適応力や工夫力や臨機応変に対応する力が求められるんですよ。鍛えられる!って感じ。病気の種類も症状も、その出方も家の様子も、高齢者の性格もめちゃくちゃ幅がある中での訪問ナース(専門の科なんてない・・・)、たいへんだ、すごいなあってこといっぱい。たくましく立派です。

 

2016年11月19日 (土)

野菜天ぷら

休日のお昼の野菜天ぷら。前回、さつまいもを忘れちゃったので、今回はまずさつ
まいもを揚げました。野菜の天ぷらっておいしいけど、いっぱいは要らないです。で
も、イモとか、ごくごく小さいのを1本カットしても、結構あるんですよね。お店の
ように、1種類1個ずつ、きれいな感じにはどうしてもなりません。
 今回のヒットは、エリンギです。エリンギはカサの部分というより、茎??(って
いうのか)を食べるキノコなので、クキの立派なのを縦にカットして天ぷら。あー、
エリンギの天ぷらっておいしい!
1477272402830.jpg

夜想曲

商品の詳細

 

 太田さんです。オルゴールの修理っていう特殊な仕事をする男性が主人公です。どーんなオルゴールでも、なんとか直してしまう、っていう職人なんですが、オルゴールにまつわって、いろんなことが持ち込まれます。オルゴールの奥に秘密の手紙があったり、遺言で特別な人に譲るっていわれていたり。

 

 そんな連作短編集。気軽に楽しい。

 

2016年11月18日 (金)

焼きソーセージのマリネ

うちの朝ごはんは1回つくって3日くらい食べます。ので、週に2回くらい作れば
いい。で、朝手間のない、マリネ、チーズ焼き、スープ類などに固定。バリエーショ
ンは求めない!!もう20年以上、おんなじパターン。野菜豊富であれこれ、中身は
違うので、あたし自身はちっとも飽きません。オトコズは、飽きてるのか飽きてない
のかしらないけど、こーゆーもんだと思っているのか、何も言いません。ま、言わせ
ないっていう感じかも。
1477269577301.jpg


 マリネは豆のマリネ、サーモンのマリネ、ハムのマリネ、ゆで豚のマリネ、など、
たんぱく源の方はかわるけど、セロリ、たまねぎ、にんじん、きゅうりはお約束。あ
とはトマトが入ったり、豆が入ったり、あれこれです。マリネ作ろうと思ったけど、
豆マリネ食べたばっかりだし、ハムもサーモンもないよな、という冷蔵庫を眺めてい
て、生協でソーセージ(太目)が来てたのを発見しました。これ、ソテーして、粒マ
スと食べる朝ごはん(ピクルスや、コールスローつき)にすることが多いんだけど、
マリネの具がないので、これを使ってみることにしました。スライスして、油をひか
ない樹脂加工のフライパンでジージーと焼いて、マリネにポンと入れた焼きソーセー
ジのマリネ。意外に香ばしくって、おいしくいただけます。これも、ありだな

なぜこの人と話をすると楽になるのか

商品の詳細

 

 ニッポン放送のラジオのアナウンサーが、視聴者からのリアルな反応を入れんながら、コミュニケーションっていうことについて話した内容を本にしたものです。コミュニケーション障害=コミュ障っていう(自称、他称の両方)ふうに思っている人がいっぱいいる現実で、

 

 じゃあ、コミュニケーションって、どうすればいいの?何なんだろう?っていう本になっています。

 

 あたし「上司とのコミュニケーションに役立つ本」とか「コミュニケーション力をつけて出世しよう」(例です、例)なんていう本は、実は思いっきり眉唾だと思うのです。コミュニケーションって、出世とか、お金儲けの手段!?そう思うこと自体が、自己破綻しているんじゃないかと思うんですよ。

 

 この方は、最初に、そういう出世したいとか、お金儲けたいとか、何かのためのコミュニケーションじゃなくって、コミュニケーションは、それ自体が自目的、コミュニケーションすることのためのコミュニケーションの方法を考えるのだ、って言うのです。うん、そうだよね。それがコミュニケーションだと思う。そして、その結果を、どう使うかはまた別の話。恋人をつくるためとか、親を喜ばせるためとか、ツイッターのフォロワーを増やすためとか、なんでもありかも。

 

 あたしも普通にコミュニケーションに失敗したり、悩んだり、落ち込んだり、逆に楽しい気持ちになってり、仲よくさせてもらったりがあります。この人のいろんな覚悟、たとえば「嫌われてるかな、好かれているかな」ばっかりを考えない。そんなことは後から勝手についてくる、気にばっかりしないっていう覚悟のところ、「硬い芯のあるココロもいいけど、しなって折れないココロが欲しい」っていうたくましさと優しさ、他人に興味をもち、ほめて驚いて面白がる気持ちの問題だという話(ポーズじゃなくてだよ!)、増幅は可、捏造は不可っていう話術(増幅は可ですよ~>>笑)、そして、「がんばれ、わたしの中の勇気!」っていう優しさも好きです。気持ちいい本でした。がんばろ、あたし!

 

2016年11月17日 (木)

台湾ジャコセロリ

セロリの大束を買ったので(って、目につけば必ず購入するセロラーです)、野菜
スープにいっぱい使って、カレーにも使ってとあれこれ使っていますが、久しぶりな
台湾ジャコセロリにしました。どーってことない、セロリをコストコのしらす(大
パック)とごま油でいためて、辛くてすっぱい味をつけるだけです。でも、お弁当に
も、箸休めにもおいしくって、セロラーのあたしはもちろん、家族も大好き。セロ
リってえらいなあ。
1477491865122.jpg

贅沢のススメ

商品の詳細

 

 本城さんです。贅沢って何だろう??なんて考えながらよむ短編集です。本城さんはこれまで、スポーツ(サッカーとか野球とか、競馬―スポーツか??)とその記者の絡んだ小説を読んできたけど、これは、全然違いました。ある巨大ホテルチェーンのボスの養子で、ボスの意向にさからってボスの事業に参加せず、買収屋さんみたいなファンドをやっている、という設定で、その小さな、社員3人だけの買収屋さんが、贅沢なものは何かと、オーダー手作りワイシャツ屋さんや、家具作りの工房や、ワイナリーや、レストランの買収に乗り出す話です。といっても、マネーゲームだけに興味があるんじゃなくって、そこの店で若手が働いてみて、本当に贅沢なのか、虚偽の贅沢なのか考えるようになっています。

 

 いやー、数百万円の時計とか、全部手縫いのオーダーワイシャツとか、もちろんあたしの日常にはない、びっくりするようなものも出てくるけど、果たしてこういうものを所有していることが「贅沢か」というと、なんだか登場人物が豊かに見えないんですよね。マネーゲームに興ずることが贅沢ではないだろうし、その成功を見せつけることが贅沢でもなーんでもないなあって痛感します。

 

 贅沢ってなんだろう?何度も考えました。

 

 

 

 名言を見つけました。「買う理由が値段だけなら、買うな。買わない理由が値段だけなら買いだ」、うん、これいい。買い物する時の座右の銘にしようっと。

 

2016年11月16日 (水)

チャーリー

映画館に見に行った映画です。このところ、私としては頻繁に映画館に見に行って
おります。シングストリート、ハードビート、チャーリーで3本目。ちょっと空いた
夜に映画を見に行くっていうのも、悪くないなあ、いきなりでも見れるのが(舞台だ
と、そうはいかない)映画のいいところ。1000円~2000円くらいで見れるの
も、舞台よりずーっとお安くって手軽ですわね。

 今回は、老舗の名画座、大森キネカで見たインドの映画、チャーリーです。すごく
不思議な映画で、兄の結婚式というインドの伝統的な家庭では大イベントが近くなっ
て、自分も兄嫁の兄弟と結婚させられそうな、エキゾチックなお嬢さんがそこから逃
れた行った町で借りた部屋で前の住民がおいていった本を見つけるのです。その本を
夢中になって読んで、途中で終わっている先がどうしても読みたくなる・・・
 インドの都市の喧騒、お祭りの様子、そして南インドのふかーい緑と広大な自然、
いい加減なところ、不思議なところ、幻想的なところ、メチャクチャなところ、そし
てとても思いやりの深い人たち、いやー、映画だからこそできるチャレンジングな映
像がいっぱいで、楽しかったです。インド映画にしては、無意味な?歌や踊りが少な
めですが、ちゃんとあるのも笑える。なんで、めぐり合ってない2人がそこで踊る
か?唄うか?(爆)
 大森キネカって、昔からある名画座ですが、今は3つ大中小のスクリーンがあっ
て、映画大好きっていう映画館で(西友の上にあるんだけど)、おもしろーい!大
森って、なじみがなかった町だけど、勤務先から乗り換えなし、18分で行かれるこ
と&なんと、バス1本で自宅そばまで帰れるということがわかって、ちょっといいお
気に入りの映画館を見つけた感じもうれしかったです。楽しい映画の夜でした。
1477015977956.jpg

大きな熊が来る前におやすみ

商品の詳細

 

 また1冊、好みの島本さんに出会ったので、調子に乗って読んでみました。でも、そうそう神様はいい出会いばっかりは与えてくれないのね、っていう中篇集。ま、そうよね。

 

 島本さん、このところ、何冊か読んでいるけど、よかったのが最初の1冊と、もう1冊くらい。これは中篇で、ラブストーリー的なものなんだけど、ちょっと中途半端。でも、途中で挫折投げ出し(ているのもあるのよ、つまんなくって)にまではならない、真ん中ってことか。ふむ。

 

2016年11月15日 (火)

さつまいもとリンゴのサラダ

 いつも、ポテポテサラダと言っている、さつまいもとじゃがいもの両方を使ったポ
テトサラダもいいけど、ちょうど肉じゃが(じゃがいもだね)を作ったとことだった
ので、じゃがいもばっかりになっちゃうから、さつまいもオンリーにしました。オン
リーにすると、ちょっと甘い。ので、リンゴを入れてさっぱりにしようかと。あと
は、タマネギ、コーン、など適当です。お高めのキュウリもあったので入れてみまし
た。何も決まりはないです。ゆでたまご(面倒)を入れても、ツナを入れてもいいで
す。ともかく、イモ類がいっぱいあるので。リンゴがいい仕事してくれて、さっぱり
おいしいです。
1477269487510.jpg

よだかの片想い

商品の詳細

 

 島本さんです。島本さんは、最初に読んだ、超ノンキで鈍感なオットの話が妙にツボにはまって(あたし苦労してますよ、いやホントに)、その後、何冊も読んできて、あーだめだ、あーだめだ、と思いつつあきらめきれずに読んだり、途中挫折しちゃった本もあったりだけど、これはよかったです。なんだか泣けちゃいました。

 

 主人公は、生まれつき顔の半分に大きなアザがある女の子。このアザについては、ドライアイスを押し付けられる治療をされたり、いろいろされたけど、治らないで、地味―――にうつむき加減に勉強して、国立大学の物理学部の学生になっています。もちろん、それまでも思春期の頃とか、辛い思いをいっぱいしてきています。このおかげで、とても強い気持ち、まっすぐな気持ちをもつ女性に成長しています。

 

 

 

 この問題については、以前に本をご紹介したことがあります。2009年11月25日にご紹介している「自分の顔がゆるせない!」という本です。石井さん(顔にアザのあるジャーナリスト、男性)という方と中村うさぎさんとの共著です。考える上では、こちらもぜひ読んでみていただきたいです。この小説の主人公は女性、しかも年頃の女性です。どんだけ辛い思いがあっただろうなあと思います。そして、このある意味「異形」なわけですが、この「異形」に注目した写真集のモデルになったことから、映画監督と出会い恋をします。彼女の人を好きになる気持ち、驚くくらいまっすぐで強い気持ち、自分の気持ちにまっすぐだけど、決して妥協もしない気持ち、なんだかせつなくって、泣けました。

 

2016年11月14日 (月)

さつまいもご飯

栗ごはんもいいなって思うけど、あの手間を考えると、年に1度やればいいくら
い。めんどーなんだもーん!でも、さつまいもご飯(ぐーっと庶民的)ならかんたー
ん!さつまいもを小さくカットして、ごはんに入れて、ちょっと昆布と、お酒を入れ
て炊くだけ。かなり涼しくなってきたので、朝からご飯を炊飯器にセットするあたし
でも炊き込みご飯ができる季節になってうれしいです(あったかい時期は傷むのでで
きません。炊飯器の待ち時間14時間とかですからー朝7時にセットして炊き上がり
21時半とかですからねえー。やっと、炊き込みご飯、味ごはんができる季節になり
ました。うれしいな。
 まずはさつまいもご飯。黒ゴマがなくって、残念!
1476842791839.jpg

サイレントステップ

商品の詳細

 

 本城さんが続いています。これは、競馬の騎手、ジョッキーの世界の話です。あたし、競馬、全然知らないので、ジョッキーとか、厩舎とか、調教師とか、さっぱりわからないので、最初はとっつきにくいかな、って思ったんです。でも、そうでもなかったです。競馬、全然知らないわたしでさえも読めます。

 

 ある若手の騎手が、厩舎を移籍します。厩舎ごとに、所属して、そこの馬に乗る仕組みみたいなのですが、その厩舎には、超ベテランで上手な騎手がいるので、そこに移籍しても、いい馬には乗れないわけ。乗れなければ勝てないわけ。でも、希望して移籍するのは、自分の父親が落馬して亡くなった事故の真相をどうしても知りたいから。

 

 新しい厩舎に移籍して、いろいろ苦労する若手のジョッキーの成長と、真相を探ろうとする話に、スポーツ新聞の担当記者(彼女も競馬をあまり知らないという設定で読者とともに理解していくようになっている)が絡んでいくストーリー。ほおお、競馬って馬が走るから、馬の血統がどうのとか、体調とか年齢とかあれこれ言うらしいけど、人間が乗っているんだよね。人間の問題もあるんだねえ。ほおほお、自転車レースとか、バイクレースみたいなものに、生き物に乗るからさらに難しいわけだ。ほおおほお・・・という話題いっぱい、人間ドラマいっぱい。結構楽しみました。

 

2016年11月13日 (日)

しめさば

ぴっかぴっかのサバがあったので、しめさばを作りました。サバって、焼いてもよ
し、みそ煮もよし、揚げてもよし、で便利なんですが、生き腐れといわれるように、
傷むのが早いんですよね。とりあえず、すぐ食べないときは、しめさばです。しめさ
ばって冷凍もできるし、便利だわ。
 三枚におろして(きれいにおろしたければ魚屋さんに頼みます。皮はむかないでっ
て)、塩を振って、塩で締めてから、塩を軽く流して、目立つ骨を、ツンツンとつま
んで、あたしはすし酢につけちゃいます。かんたーん。それもジップロックに入れ
て、すし酢。終わり。少な目のすし酢で酢が回るのも、ジップロックのうれしいとこ
ろ。すぐ食べる予定がなければ、そのまま冷凍庫へ。いつでも、すっぱすぎない、優
しい酢のあじのしめさばが食べられます。あ、食べるときは、皮をぴーってはがし
て、小骨をちょっととってください。自家製しめさば、ツンとしないすっぱさで、お
いしいですよ。青紫蘇や、薬味いっぱいとつまむとおいしいです。押し寿司器にご飯
とショウガと重ねて、バッテラにしてもおいしです。なかなかやらないけどねえ。
1477269419454.jpg

ノーバディイノウズ

商品の詳細

 

 本城さんです。あたし、スポーツをほとんど見ないので、野球のルールも危ういのに、これ大リーグの選手の小説。大丈夫か?と思ったのだけど、面白くて一気よみです。

 

 大リーグでキングって言われてるすごい打者、韓国系のアメリカ人といわれている東洋系の選手が、実は日本人じゃないのか?っていう疑惑について、調べようとする記者と、ロクにインタビューにも答えないで、複数年契約を嫌い、あんまり有名どころじゃないチームにも移籍して、ガンガン打っている選手。

 

 打ち方が違う。左打ちとか右打ちも違うじゃないか。でも、どうも日本の野球教育を受けた感じもある。何十年かまえ、大阪で有望と言われた仲村っていう選手が、行方不明になっている。暴力事件があったらしい、あれこれ、あれこれ・・・いやーー、こんな風につながるとは。なんだか、バラバラだったパズルが少しずつつながって絵が見えてくるような気持ちよさと、早くちゃんとつながってほしい焦燥感とが、快感になって夜更かしして一気読みです。

 

2016年11月12日 (土)

おろし焼肉

 引き続き、コストコネタです。最初に、コストコ行ったときには、生鮮品はでかす
ぎて、無理!って買わないでいたのですが、同僚(オットさんがアメリカ人、コスト
コ大好き)の話とか聞いて、生鮮品に手を出してみたら、あれこれ、便利なんです。
まず、ホタテ貝柱の冷凍ガチガチ大袋。バラで冷凍されているので、お刺身においし
いんです。海鮮丼とか、チラシとか作るときに好きなだけ解凍できて、すごーく便
利。魚介だと、あとエビの冷凍ですね。これも便利―――!
 お肉は、なにせ大きいので、何種類も買えないけど、少しずつ試してみて概ね満足
しています。さくらどりっていう国産鶏肉シリーズは、どれも4つパックになってい
るのでそのまま冷凍しておいしいです。モモ肉、ムネ肉、ササミを買ってみて、今回
は手羽元を買いました。煮込み料理シーズンに使えます。
 前にも書いたけど、牛ヒキ肉(合いびきじゃなくってビーフ100%)があるのも
うれしい。牛ヒキ肉だけのハンバーグや、スコッチエッグ、チリコンカーンなど、お
いしいです。ステーキ肉や、焼き肉の牛肉は、オットが目をさらのようにして選んで
います(←おばさん度が高い)。タンの塊も買いたいと思ってるんだけど、まだ未挑
戦。牛タンステーキや、タンシチュー、タン焼きなんかしたいなあ。

 お財布にもやさしくって、おいしいとリピートしているのが、豚肉のバラ焼き肉
用。バラ肉のスライスなんだけど、スーパーのスライスの2倍以上の厚みがあって、
これは炒め物じゃなくって、ちゃーんと焼き肉になるわっていう厚さ。豚肉があま
くっておいしい、ギザギザのあるホットプレートで焼いて、少しでも脂身を落として
と言い訳をしつつ、野菜と一緒に焼いて、バラ肉なので、あっさり大根おろしと自家
製ゆずポン酢で食べます。これがおいしい!1パックがでっかいので、5回分くらい
にわけてラップして冷凍しておくと、遊んで帰宅した休日も、おいしいおろし焼肉
(だって、野菜をきって、大根おろしだけでいい)。遅くにスーパーに買い物行っ
て、いいお肉がないっ!なんてこともなくって安心なのだ。ブタバラ肉の分厚いスラ
イス、おろし焼肉で大満足中。
1476754760185.jpg

去り際のアーチ

商品の詳細

 

 これ、本城さんの短編集です。野球に関わる人って、こーんなにいるんだ。選手はもちろん、ウグイス嬢とか、監督とか、コーチとか、そうだよねえ。そういう人たちに焦点をあてて、ニーズの変化、自分の高齢化、仕事内容の変化などがあって、引退なのかどうなのかっていうあたりの人生を描きます。野球全然しらなくっても(ほーんとに知らないのよ、あたし)、それぞれの人生、それぞれの仕事、それぞれの感慨、楽しめます。

 

2016年11月11日 (金)

キャラメルアップルパイ

久しぶりにコストコネタです。鴨川の別宅の帰りにコストコによるようになって、
もう4-5年です。年会費の値上げも発表されて、年9-10回くらいしか行かない
から、一回400-500円の入場料ってどうなのよ、とも思うけど、なんだかまだ
通っています。だいたいコストコって安売りのお店じゃないので、すごーくお安いっ
ていう感じではないんですね。大量買いのお店ではありますが。
 定番になって買っているものも、一度買ってやめちゃっているものも、いろいろあ
りますが、まあ、1-2万円くらい買ってる感じかな。
 今回は、久しぶりに季節限定?のケーキを買いました。コストコのケーキは、定番
もの(ティラミスとか、スフレチーズケーキとか)を一通り買ったのですが、ティラ
ミスはマスカルポーネを買って作るし、業務スーパーでクリームチーズの1キロ箱を
買うようになって、チーズケーキも作るしで、最近、ちょっと買ってなかったのです
が、お友達との話で、聞いていたこともあって、ついつい購入。
 アップルタルトみたいのに、キャラメーゼがされていて、甘くって香ばしい!!
あ、これ、好きな味だあ!!リンゴの季節だから、作れるといえば作れるけどね。と
いうわけで、久しぶりのコストコスイーツ!あまっ!うまっ!
1476754691842.jpg

遊戯の終わり

商品の詳細

 

 名古屋の新人探偵、藤森さんのシリーズ。藤森さんが、探偵仕事の発注以上のことについて、どうしても気になっちゃって、さらに深く調べたいって考えるのが常。それに対して、所長の一宮さんは、藤森さんの行動を読みつつ、また、先も見えつつ、1日だけですよ、とか言って許可しては、新たなことがわかるっていう形が定番になっています

 

2016年11月10日 (木)

さつまいも入りとん汁

さつまいも、さといもがいっぱいあるので、トン汁という名の、根菜汁(多くの場
合、トンは入ってない)もよく作ります。イモ類、ニンジン、大根、ごぼう、こん
にゃく、油揚げ、なんでも野菜をいっぱい入れて、カブの葉っぱとかもあれば入れ
て、大なべで野菜煮。みそ味にします。根菜って、実はものすごーくダシの出る野菜
なので、ダシなんていれなくても、ほーっこりおいしいです。根菜いっぱい食べられ
て、体が中からあったまって、おなかの調子がよくなります。
 ムスコもまだ自宅にいるんですが(遠恋中なり)、飲み会だとか、なんだかとかで
遅い帰宅でも、このトン汁(もどき)があると、新聞読みながら飲んで(まったくオ
ヤジです)います。お腹がほっとするさつまいもいりトン汁です。
1476754576103.jpg

暗闇への祈り

 初めて読む作家さん、太田さん。どうも名古屋の方らしくって、名古屋が舞台です。著者の近影(って新しい本じゃないので、すでに近影じゃないと思うけど)を見ると、すーごく地味なおじさん。オタクっぽい。

 名古屋の探偵事務所が舞台。そこに転職してきた藤森涼子さんていう女性の新米探偵さんが主人公の連作集です。名古屋が舞台の小説って、実はあんまり読んだことないです。大阪とか福岡とか札幌とかあるけど、名古屋って、特色を出しにくいんじゃないかなあ。藤森さんのシリーズ、実はこれが2作目らしいけど、1作目が在住区の図書館で見当たらず、2作目からのスタート。新米探偵さんの成長物語にもなってる感じです。

Photo

2016年11月 9日 (水)

焼きいもは、だっちおーぶんで

さつまいもがたくさんあるので、焼き芋も何回も作りました。お友達に言うと、
えーーえーえー!焼き芋って買うもんだと思ってた。買うと結構高いんだよね、なん
ていうので、焼き芋を買う、っていう発想がなかったので、驚きです。
 焼き芋って、比較的厚手で、フタがしっかりできる鍋があれば、簡単にできます。
新聞紙を入れて、洗ったお芋を入れて、超弱火で長時間かけておく。それだけでいい
のです。新聞紙が燃えないか?こげないか?空焚きにならないか?とNちゃんに聞か
れましたが、お芋は中にたくさんの水分を持っているので、ゆーっくり加熱されるこ
とで、糖分があまーくおいしくなって、新聞紙はまるで水をくぐったように濡れちゃ
います。これで、おいしい蒸し焼き芋ができます。
 というやり方でいつも焼き芋を作っていましたが、最近はグリルに入れるダッチ
オーブンで焼き芋を作ります。15分か20分加熱して、あとは放置して寝てしまい
ます。朝、片付けようとダッチオーブンを触るとまだあったかいくらい保温性がいい
のです。6-7時間保温してくれている間に、じーっくり甘い焼き芋ができます。在
宅時間の多くを寝ているあたしとしては、ダッチオーブン(10分とか20分加熱―
これなら朝でも寝る前でも可能)加熱→放置はとてもありがたいです。エネルギー的
にも、ものすごくエコですわね。というわけで、焼き芋。スライスして付け合せにも
使っちゃっています
1477883252132.jpg

真綿荘の住人たち

商品の詳細

 

 これも島本さん。真綿荘っていう下宿?に大和君っていう新入生(大学1年)が入ってくる。どうも親の友達の親戚??か何か遠いつながりで、てきとーに親が頼み込んだ下宿だったのだ。ところが、この下宿、変わった女性ばっかり。大家さんはどうも、ヒモみたいな男がいて(下宿人)、美人な同性愛者で空いては女子高生、そのほか、いろいろ普通の学生下宿じゃない人たちがいて・・・っていう設定。その中で、のーんきで、比較的鈍感な大和君が暮らし始めるわけだ。大和君も学生生活が始まり、恋もし、友人もでき、みたいなところもあり、下宿のメンバーにもいろいろあり。

 

 やっぱり苦手。だから、どうした、どうなのよ、って思う。いろんな人がいて、いろんな人生があって、は、それで?あんまり共感できないんですけど。

 

2016年11月 8日 (火)

アジの南蛮漬け

別宅に行く途中に大きなスーパーがあり、そこに併設の市場があります。地元の野
菜や、魚があって、必ず立ち寄ることにしています。といっても、スーパーは夜遅く
まで開いているのに、その市場部分は早くに閉店しちゃって、仕事終わってから行く
ときとかはとても残念です。
 魚も、夕方行くと激安になっているんですが、ちょっとそれをのがすと、なーんも
なかったりして、なかなかタイミングが難しいです。今回は、中アジ、20尾くらい
入って200円なんていうのを見つけました。別宅では比較的時間があるし、生ゴミ
も畑に埋められるので、魚さばいたりもします。あじをから揚げにして、酢漬けにし
てジップロックにいっぱい入れてお持ち帰り。ぴっかぴかのあじ、20尾、うれし
い!
 お持ち帰りのあじ、別宅で食べる魚の鍋用のきんめ、白子、そして、加工用のサバ
と、あれこれ魚を買えるのも市場の喜びです。どれもびっくりするくらいお買い得で
す。
1476752497627.jpg

勁草

商品の詳細

 

 黒川さんです。「後妻業」で直木賞?だかとったあとの作品だと思います。勁草って、調べると、「風雪に耐える強い草。また、思想・節操の堅固な たとえ」ってあります。しぶといっていうのは、わかるけど、節操が堅固?っていうのは、よくわからない。だって、これ、振込詐欺、いや、かーさん助けて詐欺の話です。いやーうまくできてるんですね。この詐欺チームのシステム。すごいわあ。だます人、お金を受け取る人、運ぶ人、儲ける人、ぜーんぶ分断されていて、全貌がだれも見えない。だから、つかまってもイモヅル式に出てこない。しらないもーん。そしてそれらを統括するノウハウ、って、もしかしたら、まともなことに尽力したら、すごいビジネスができるマネジメント方法じゃないの?って思っちゃう。どうも働いている人、11人の自己管理能力とかが低くって、暴走リスクがあるけどね。ふえー、面白くって一気読み。この世界、知らなかったわーーー!

 

2016年11月 7日 (月)

毛無山

ぽっかり日曜日のエアロの予定がなくなってしまって、お天気もよさそうなので、秋の山にでかけました。お友達のAちゃんが、りょうちゃんにお勧めと教えてくれた、毛無山です。毛無山って、全国にあまたあるらしいのですが、お勧めされたのは、山梨県の本栖湖の西側にある1945mの毛無山です。以前に、本栖湖の隣の竜ヶ岳という山に登ったことがあるんですが、竜ヶ岳の隣が雨ヶ岳、その隣が毛無山です。このあたりでは、たぶん、わりと高い山です。本栖湖の隣ですから、富士山の真正面で、最初っから最後まで、バババーーーンと富士山です。
 麓というところの500円の駐車場(どうも山自体が個人の持ち物らしい)に車をおいて登ります。金鉱?があったらしいところで、その古い採掘跡とかもあります。コースタイムで3時間ちょっとくらいの登りで、ていねいに1合、2合って標識があります。たいした距離じゃないし(全行程あるいてから距離をみたら、7キロ半くらい、距離は短いです)、と思っていったら、ともかく高低差が1200m弱あるらしく、ずーっと急登に急登、ひたすら、登って登って登って登って、これがAちゃんが言ってた、りょうちゃんにお勧めかよ、と思いながら、大汗かいてのぼって、ずーっと富士山がめちゃくちゃ、全身雲ひとつなくきれいで、バババーンの頂上。気がつけば、同じ時に駐車場についた方や、途中の20代男子2人連れ、と最も体力ありそうな人たちをぜーんぶ抜いて頂上です。おにぎりを食べて、今度は、違う道をおります。頂上は、もう葉っぱがなくなっていましたが、途中は紅葉の盛り、とてもきれいな秋の山でした。
 温泉入って、ゆっくりしてたら、お約束の中央高速の渋滞。大月から永福まで事故車5台、故障者2台って、どんだけ止まってるのよ、の行楽シーズンの秋の山歩きでした。いやはや、太ももが疲れました。

1478468458513.jpg

余ったチリこんカーンでラザニア

あたし、豆が好きなので、チリコンカーンは大好きなおかずです。金時豆をいっぱ
い入れて、玉ねぎ、ひき肉、きのこ類、トマトソースで大量に作ります。カイエン
ペッパーを入れて、ピリ辛にしておくのがお約束。ペンネで食べたり、パンで食べた
りして、おお、まだあるぞ、と思ったので、ソースの1つにして、ラザーニアにしま
した。もう1種、ホワイトソースを作って、ラザニアとだんだんに積み重ねて、チー
ズを乗せて焼くだけです。
 ラザニアは、最近、ゆでなくてもいいのが、結構いっぱい出てきてますから、パリ
パリと積んでしまって大丈夫。2種類のソースが複雑に口の中で絡んでおいしいの
で、できれば、もう1種類ソースを用意するとおいしいです。もちろん、市販のパス
タソースでもいいと思います。ラザーニアは、うちのオトコズ、大好きで、おお
お!って喜んで、一皿、あっという間に消えていきます。こーんなにすぐ消えるのだ
から、ソースは使い回しで十分ですわ。
1475546892774.jpg

あしたの朝子

商品の詳細

 

 山口さん、たしか2冊目。千葉の館山の旅館の跡取り娘だったのが、婿をとって後を取るのがいやで、東京に家出してきちゃって、声優になろうと試験を受けるけど、あまりにも倍率が高くて、挫折。カフェにつとめて、そこで巡り合った人にナンパされて、結婚して、たくましく生きる朝子さん。働き者で、料理が好きで、刃物屋さんのおかみとして、住み込みの中卒の子どもたちの面倒も見て、自分の子どもも育て、お舅さんの世話もして、いやーたくましい!日本のおっかさんの女の一生物語。

 

 励まされるし、元気がでます。で、びっくり、山口さんのお母さんの物語なんですって!面白い!

 

2016年11月 6日 (日)

白和え

白和えって、お外で食べるとわりと甘いですよね。甘いおかずがあんまり得意じゃ
ないので(豆も甘くは煮ないし)、うちの白和えは超甘さひかえです。つまり、豆腐
入りの胡麻和えみたいな感じです。
 豆腐はキッチンペーパーに入れて、レンジでチンして水切りします。簡単です。あ
とは、野菜(今回は、ほうれんそう、にんじん、しめじ)それにこんにゃくを入れ
て、すりごまと砂糖とだし醤油、終わり。豆腐いり、胡麻和えですわね。これ、ひじ
きとか入れてもいいし、ぎんなんとか枝豆とか、れんこん、なんかもおいしいです。
しめじの他、シイタケなんかでもいいけど、色合い的ににんじんははずせないですわ
ね。あれこれ野菜を入れて、豆腐も小さいのを2つ使って、2回分くらいイッペンに
作ってしまいます。野菜の和え物好きだなあ!
1476241901036.jpg

クローバー

商品の詳細

 

 最初に読んだのがよかった島本さんですが、調子づいて読んでみてるんですが、どうもダメです。これも、華子っていうわりと自由奔放な姉と、冬治っていう地味な弟、二人は双子だけど、見た目も性格もすごーく違う。この2人が学生で、一緒に住んでいて、っていう設定。モラトリアムな2人が恋愛したり、あれこれあるっていう話だけど、こういうの苦手だ。どーでもいいや。

 

2016年11月 5日 (土)

ひじきのゆず胡椒マヨあえ

あと1か月くらいで今年のゆずこしょうの制作時期になってきました。となると、
1年前のものは使ってしまっていいよな、と思いはじめ、ゆずこしょう和えなんてい
うのも、惜し気もなく作れるようになります。今年も別宅のゆずはいっぱい実をつけ
てくれているので、たぶんたくさん収穫できると思います。(東京の家には、6年前
に植えたゆずの木があるんですが、6年目にしてたった1つ実をつけています。たっ
た1つ・・・ほーんと、ゆずって時間がかかるのねえ)
 ひじき、にんじん、れんこん、しいたけ、青菜(実はカブの葉っぱです)、などを
フライパンで軽くいため、だし醤油で味を軽くつけたのち、ゆずこしょう(自家製)
と、マヨネーズ(ちょっとだけ)で合えた、ゆずこしょうマヨ和え。和え物は夏場は
作りにくい(痛みやすいから)んですけど、この季節になると、根菜もおいしくって
うちの作り置きは、野菜の和え物ばっかりです。ゆずこしょうマヨ味、久しぶりだね
え、と箸が進みます。ひじきも野菜もいっぱい食べられます。
1476491787789.jpg

肉と衣の間に神は宿る

商品の詳細

 

 不思議なタイトルでしょ?何かと思ったら、おいしくって話題になっているトンカツ屋さんの娘さんのコンカツの物語です。お父さんの自慢だったサクサクとんかつをお兄さんが受け継いで、町で話題のトンカツ屋さん。彼女は、お客さんが、望んでいるご飯の量や味噌汁の味をひと目でつかんで、提供できる看板娘です。その彼女が、コンカツをすることになるのです。

 

 おいしいものを、その人にあった形で提供するって、実はとーっても難しいことですよね。独りよがりもだめだし、でも、相手の言うことばっかり聞いていてもダメ。人のことを考えるっていうことって、難しいよね。このお嬢さんの、働きものなところ、明るいところ、人を見る目の確かなところ、いいなあ。

 

2016年11月 4日 (金)

おうちピザ

久しぶりにおうちピザを作りました。ピザって作ってみると、ほーんと具が乗っか
らないのです。あれこれいっぱい用意した具が、のっからなくって余ってしまいま
す。それでも、うちのピザは具が多い!って言われるのですから、市販のピザがどれ
ほど具がちょっとかと思いますよ。宅配ピザのチラシとかよく入っていますが、それ
にしては高いですねえ。ケチなあたしは、とても注文する気になりません。おうちピ
ザ、簡単ですもの。
 今回は、半分はバジルソースをベースにネギとしらす、もう1枚はトマトソースを
ベースにタマネギ、ピーマン、ベーコンのよくあるタイプにしました。チーズを振っ
て、オーブンで15分焼きます。
 オトコズは、トマトベースのよくあるタイプに食いつきがいいです。あたしは、ネ
ギとジャコの組み合わせがおいしくって、(ジャコの塩気がちょうどいい!)、おい
しいおうちピザです。もちろんあまりはラップして冷蔵庫。お弁当にも(職場にレン
ジがあるので)、朝ごはんにも、飲んで帰って小腹がすいているときにも、おいしい
です。
1476241835504.jpg

おひとりさまの最期

商品の詳細

 

 おひとりさまの老後、が爆発的に売れて以来、男おひとりさまの本を書き、1人で死ねるかの本を書いてきた上野先生が、おひとりさまの死に方について、集大成的に書いた本です。おひとりさまって、独身、兄弟姉妹なしの上野さんは言いますが、たとえ配偶者がいても子どもがいても、結局は1人で死ぬんだと私は思うのです。というのは、配偶者の早い方は、片方が生きてるかもしれないけど、同年代なら相手だって、老化しているので介護を全面的に配偶者に頼むのはたいへん、子どもは同居して親の介護をするっていう意識は、私にはないし、子どもにもないでしょう。少子化の現状、子ども世代は子ども世代のことで手一杯なわけです。自分たちの生活、自分たちの経済を回していかなきゃならないんですよ。

 

 私の両親の子どもは、私一人です。で、彼ら自身は5-6人の兄弟がいたこと、親がさほど長寿じゃないことで、自ら介護責任を負ってきてないんです。でも、老いた親は子どもが支えてほしいってどこか思っている。でも、現代で少子化の先頭をいく私に、超高齢な両親がぶら下がるのが、無理だっていう現実が、なかなかわからないんですね。

 

 

 

 私の世代からはそうじゃないのです。自分だって少子化の子ども、自分の子どもも1人、やっぱり1人でいろんなサービスを組み合わせながら老いてヨロヨロ暮らし、死んでいくんだと思います。一人で死ぬことが「かわいそう」なことだという既成概念を捨て、きままに暮らし、自由に生きて、生をまっとうするという概念を持ち、それに合うように生きて行かなきゃならない、と強く強く思う本。実母を見ていると、情けなくって、いやになります。がんばろー、あたし。

 

2016年11月 3日 (木)

野菜天ぷら

休日のおひるに釜揚げウドンとか、お蕎麦とか(新そばの季節ですね、新そばをお
取り寄せしております)の時に、野菜のてんぷらを食べたい季節です。暑い時期はイ
ヤだけど、今頃なら、ちょっとだけ天ぷらしてもいいなあ、さつまいもあるし、と
思って天ぷらにしました。冷蔵庫をあさっても、ロクなものがなく、ナスとかぼちゃ
だけ。ニンジンもない→かき揚ができない。えーん!!と思って天ぷらにしたら、か
んじんのさつまいもを忘れました。オオバカ!!
1476241762848.jpg

shunkonカフェ雑記

商品の詳細

 

 このsyunkonっていうブログ、山本ゆりさんっていう若いお母さんの、料理レシピのブログなんです。あたし、この人のブログを見たり、図書館で本を見たりして、あー、こういう力の抜け方が、受けるんだなあって思うのです。この方、料理の勉強も仕事も特段したことなくって、主婦としても、幼い2人の女の子を育てているおかあさんで、かわいらしいんだけど、特段、すごーーく料理がうまいっていう感じはしないんです。若いだけあって、ガッツリした肉料理も多いし、若いだけあって、それがステーキとかじゃなくって、チキン料理でマヨネーズをいっぱい使っていたりする感じね。でも、書いていることとかが、かわいいし、普通の生活で、特にめずらしい調味料とか使わないし、しょうがもニンニクも、チューブをペって入れる、って言うところとか、実に身近な感じがするんだと思います。

 

 たぶんマンション暮らしで、もしかしたら賃貸暮らしで、ステキな憧れるキッチンじゃなくって、ごく普通のキッチンで、子育てしながら、食費にかけられるお金だって普通で、おいしく楽しく、でも、面倒なことしすぎないで暮らしたいっていう感じが、同じ層に「うん、うん!」って言ってもらえるんだろうなって。

 

 だって、このシュンコン???って何か?と思ったら、高校の時の部活でバスケット?とかやっていてシャツに春魂って書いてあったというシュンコン。料理となーんの関係もない(爆爆)。そういう地元の友達とか、高校の時の友達とか大切にしていて、実に背伸びもあんまりしない、チキンを焼いて、マヨネーズとタレをチャッチャッて作って食べる、っていうのがレシピなんですよ。それでも、毎日、コンビニ弁当買うより、おいしい楽しいよ。たいへんじゃないよ、っていうメッセージ。友達と家族と、そして読者に感謝して、たいへんな日常も笑って楽しく過ごしたいっていう、普通にかわいい、普通にいい人なんだよね。

 

 ま、レシピ集はそんな感じなんだけど、そこで書いていた料理とは関係ない、友達のこと家族のこと、おばーちゃんのことなんかが人気で、それを集めたのがこの本。クリームシチューはご飯のおかずになるかどうか、っていう、世の中的には実にたわいないのが副題。でも、身の丈にあった暮らしをそこそこ楽しみましょっていうメッセージが伝わってきます。そして、この方がそうだとは全く思わないけど、以前に紹介した「マイルドヤンキーが消費を変える」っていうのにも通じる世界を感じます。いや、山本さんはヤンキーでもないだろうし、マイルドヤンキーでもないと思うよ。でも、共通する世代の暮らしを感じます。

 

 私は全然ヤンキー世代じゃないけど、でも、50代も半ばを過ぎても、マダームな暮らしとは縁遠く、普通におかず作ってチキン焼いて(爆)、暮らしています。一億総中流はウソだし、暮らしが徐々に豊かになり50代や60代にもなれば、マダームな暮らしっていうのも全く非現実的。そんな中で、決して贅沢な食材でもないし、普通の食べ物を、スーパーでお安めに買えるものを使って、日々の食卓を普通に楽しみましょっていうメッセージは、たぶん全世代に受けるんだと思う。そして、クリームシチューで米のご飯が食べられるかどうか、なんていう話題を楽しんでいれば幸せっていうのが、ラクチンなんだと思う。あたしも、もちろんラクチンです。

 

2016年11月 2日 (水)

スパイスカレー

3種のスパイスで作るカレーの本を見てから、うちのスパイスカレーは、ターメ
リック、コリアンダー、それに唐辛子の粉、この3種類で作ります。ターメリックっ
て、ウコンと同じなので、カルディでウコンを買っています。あとは、塩と、トマト
缶、こしょう、しょうが、ネギでできちゃいます。
 玉ねぎを炒めて(ここでショウガとにんにくを入れておきます)、そこにスパイス
を投入して香りを出します。あとは、鶏肉とスープ終わり。セロラーなので、勝手に
セロリがあれば入れちゃうし(葉っぱも)、スパイスも、好みで量をどんどん変え
ちゃうけど、基本はこれだけ。シンプルで、ちゃんとスパイシーで、おいしいスパイ
スカレー。なのに、ものすごく簡単。ちゃんと辛いカレーになっておいしいです。
1476527988706.jpg

死の天使はドミノを倒す

商品の詳細

 

 初めて読む太田さんという作家さんです。読みやすい展開とストーリー仕立てで、軽いエンタメになっています。

 

 お兄さんは、ゲーム原作のような軽い小説の作家さん、最近売れなくなって、離婚して生活資金にも困っている。弟は辣腕の人権派の弁護士だけど、行方不明。父親が亡くなったことで、遺産をわけてなんとか生活したいと思う兄は、弟の行方を探し始めます。

 

 ところが、弟の行方を捜しているうちに、自殺を助けてあげたということで逮捕されている死の天使、と弟との関わりがわかってきて・・・・うーむ、どんどん弟を探すというよりは、死の天使事件のことを調べることになっていくわけです。

 

 容疑者とか犯罪者とのことを徹底的に調べて、人権を守ろうとする兄=弁護士と、なんであんな悪人を弁護するんだ、殺したのは事実だろうと思う庶民=弟の気持ちが錯綜します。人が人を裁くこと、死ぬ自由、死のうとする人の気持ち、それを助けたいと思う人、いろんなことをボンヤリと考えるエンタメです。

 

2016年11月 1日 (火)

スペアリブの梅干し煮

スペアリブが、100g70円って、ものすごくお安くなっていたそうで、オット
が大量に買ってきました。スーパーが好きで、オオゼキが好きなんですよね。なんだ
か、おばさん化してます。ま、おばさん同士が暮らしているのも、気楽なんでいいん
ですけど。肉好きなおばさん(爆)
 彼が大好きなのが、梅干し煮です。圧力鍋で簡単にできるし、保存もきくので、作
り置き品に便利です。
 見た目は、スペアリブが小さくなっちゃうし、色あいも地味ですけど、骨離れもよ
くって、おいしいですよ。って、あんまり作ったっていう話は聞かないけど、何度も
ご紹介しているおかずです。スペアリブって、あんまり買わないのかなあ。
1476491677109.jpg

トリダシ

商品の詳細

 本城さんって、新聞記者だった人の作品。トリダシ??って鶏のダシ?みたいなタイトルなんだけど。「とりあえず、記事を出して」っていうスポーツ新聞のデスクのトリガイさんのあだ名です。トリガイさんなんだけど、出せ出せっていうから、トリダシになっちゃったんだろうね。

 舞台はスポーツ新聞の記者とデスクです。デスクって、自分で取材するというより、取材記者からあがってくる記事を、取捨選択(あるいは、修正加筆)して記事にする役割らしく、つまり取材記者から記事があがってこなければ、どうしようもないわけ。だから、出せ出せっていうらしい。として、デスクは1人じゃなくって、この小説の舞台となっている大手新聞系列のスポーツ紙では、3人のデスクが当番制で、デスクをやっているらしい。まあ、ずーっと毎日だとたいへんだよね。

 そして、ネタはプロ野球。あたし、スポーツネタ本はとても苦手で、堂場さんの本もスポーツ小説は読まないんだけど、これは、スポーツネタ、いわゆる精神論も技術論も、根性論もなく、スポーツを取材するスポーツ新聞の現場ネタなので、ギリギリ読める感じです。

 トリガイさん、いや、トリダシさんの元で働くいろんな取材記者と、そのスクープ合戦、やりとり、駆け引きなど、へえっへえっへえ!の本です。野球音痴なあたしでも、あー、、この常勝を期待されているジェッツといかいう球団がジャイアンツっぽいなあ、くらいはわかるし、コーチ人事とか監督人事、ドラフトの高校生の大リーグへの憧れ、など様々な話題は、スポーツネタとしてではなく、駆け引きと報道のネタとして読めます。へえっ!へえっ!

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »