2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« かるでぃのサンラータンでサンラータン麺 | トップページ | パンケーキの朝 »

2016年10月11日 (火)

おむつ党走る

商品の詳細

 偶然手に取った沖縄の方が、沖縄の介護施設を舞台に書いたものがたり。著者略歴を見ると、黒テントに参加していた方だとか。その後、身内の介護問題で、沖縄に戻り、介護の体験等を踏まえて、こういう小説ができたっていうのです。

 沖縄の言葉が満載で、もともとのーんびりしている気風に加えて、認知症や物忘れもあって、さらにのーんびりしている高齢者たち。彼ら、彼女らの、人生の苦労、戦争の苦労、今と昔の記憶が混在しながらもあれこれ考えて、妄想している姿。なんだか愉快で、かわいくってーいや、現実に付き合わなきゃならない身近な高齢者に対しては、なかなかそうも思えないけどー独特のテンポと笑いがあって、偶然、いい本に出会ったなああ!って思います。こういう出会いがあると、本を読んでて楽しいって思います。

« かるでぃのサンラータンでサンラータン麺 | トップページ | パンケーキの朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63029839

この記事へのトラックバック一覧です: おむつ党走る:

« かるでぃのサンラータンでサンラータン麺 | トップページ | パンケーキの朝 »