2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« むね肉で酢鶏 | トップページ | グランドジョー »

2016年10月26日 (水)

なくしたものたちの国

商品の詳細

 角田さんです。絵が松尾さん、あたしは、申し訳ないんですが、絵には感動してないです。角田さんはとても感動したみたいだけど。すいません。

 小さい時の、こういう感覚をちゃんと覚えている大人、理解できるとか、今でも感じるっていうのは、ウソくさい。でも、そうだった自分やそうだった子ども時代をちゃんと覚えている、そういう理解ができるってすてきだと思う。この子は、小学校の動物舎に居た山羊のゆきちゃんとか、人形とか、人が普通離せない人の言葉がわかった、ということ。7-8歳まで。でも、隣の席の子の言葉はわかんないんだけどね(爆) でも、ある日、突然、全然わからなくなっちゃうの。ゆきちゃんはメエメエとしか言ってないように聞こえちゃう。

 

 あたしは、曜日に色があるように思ってた。どんな色だったかわからないけど、たぶんに親がいる曜日とか習い事がある曜日とか、そういうのが背景にあったんだろうけどね。曜日に色、今はないけど、そういう気分がちゃんとあった子供のころ。そんなことを思い出しながら、読みました。ちょっと切ない、ちょっとステキな話。

« むね肉で酢鶏 | トップページ | グランドジョー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/63165467

この記事へのトラックバック一覧です: なくしたものたちの国:

« むね肉で酢鶏 | トップページ | グランドジョー »