2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ボクとアールと彼女のさよなら | トップページ | ゴーヤとセロリのエスニックあえ »

2016年10月 3日 (月)

さよなら、ニルヴァーナ

商品の詳細

 窪さんです。これ、読みにくいんですよ。神戸の少年A事件をモチーフにしているんですけど(少年Aが本を出したりして、いろいろ話題になったり、批判が出たりしましたねええ)、別に少年Aのその後を追うわけでも、追うことについて書いているわけでもないんですが、とても読みにくいです。

 半分くらいたったところで(あたしの理解が悪いのか、ボケーっと読んでいるのか)、あ、そういう風に各登場人物が絡んでくるのね、とは思うけど、だから???なのです。

 そういう事件の被害者も、そして、加害者の家族もある意味、運命的なもので、どう避けられたとか、責任がどうのこうのということじゃないんだけど、人を失い、人にこれだけそしられるってことは、とてもとてもたいへんで乗り越えられるかどうか難しい、できないかもしれないこと、そしてその周りの人も。

 そして、ただの事件というだけじゃなくって、いろんな論や神が出てきちゃったような事件だったので、その後もいろんな人が崇拝したり、貶めたりあれこれ、あーー、少年A事件って何をもたらしたのか、どれだけの人を苦しめたのか、って思う。小説としては、読みにくいし、わかりにくいし、その読みにくさが、辛いです。

« ボクとアールと彼女のさよなら | トップページ | ゴーヤとセロリのエスニックあえ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/62665315

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、ニルヴァーナ:

« ボクとアールと彼女のさよなら | トップページ | ゴーヤとセロリのエスニックあえ »