2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アニノマスコール | トップページ | 星星の火 »

2016年10月23日 (日)

ピーマンの肉詰め

 栗原はるみさんが、季刊?のすてきレシピ→harumi という雑誌を出して、20年
になるそうです。すごーい!買ったことないけど、時々、本屋さんで立ち読みした
り、図書館で見たりします。彼女の「あたしの暮らし、ステキで
しょーーーー!!!」っていうのは、ちょっとうーんざりなんですが、食材を丁寧に
扱う料理のある一部分は、すごいなあって思うことがあるのです。
 で、20周年とかで特集になっていて、どーでもいいけど、ご家族が一番好きなお
かずをリクエストするっていうのがあったのです。もう、お皿2枚も3枚も重ねて、
凝った手間のかかった料理もいっぱいしてきただろう彼女のムスコさんやお嬢さん
が、これが好きって言ったのが、「唐揚げ」「マーボ春雨」とかなんですよ。もちろ
ん、下味つけたり、ちょっとしたおいしさを追求していて、そりゃ、うちのから揚げ
よりステキにおいしいんでしょうけど、でも、から揚げとマーボー春雨っていう、ご
く普通のおかずなんですよ。そういうなんですねえ。
 そして、家族のお弁当に人気っていうのが、これまた平凡なピーマンの肉詰めって
あって、まあ、あまりの普通さにちょっとニヤっとしちゃったのです。そうだ、ピー
マンの肉詰め、最近作ってなかったなあ、と大きめのピーマンがあったので、作りま
した。どーってことないです。ポイントは、ハンバーグとかと同じように、よく練る
ことかな、それだけ。あとは、しっかりつめて(肉は焼くと縮むから)焼くことだけ
です。どーってことない、普通の家庭のおかず。もちろんお弁当にも。
1475546829221.jpg

« アニノマスコール | トップページ | 星星の火 »

コメント

こんにちは、ご無沙汰してます。

私も栗原さん風の暮らしはちょっぴり苦手です(^_^;)
むかし妹(当時専業主婦)に絶賛されて買ったレシピ本に、生のかぼちゃを千切り、ひたすら千切りして作るサラダが載っているのを見て絶望しました。
なんであんな固いものを千切りしなくちゃいけないんだ。

でも、卵の帽子のっけはすごく良かったです。
野菜炒めの上に薄焼き卵を乗せて、その上にかつお節とお醤油かけて食べるの。
確か息子さんの好物だったと思います。
炒める野菜が2種類くらいしかなくても、卵の帽子をのっけるだけで、野菜炒めがバージョンアップ!
一人でご飯食べる時に、よく作ってます(作るというほどではないが)
実際、手間がかからなくても大好きなものってありますよね。

さざえさん、こんにちわ。コメントありがとうございます。お返事、とっても遅くなってごめんなさい。うん、かぼちゃの千切り、見たことあります。ムリーーー!!手が痛いですよね。卵のっけは、高菜チャーハンか何かで見たことがあって、結構おいしいですよね。彼女は卵好きですよね。コレステ問題を抱えるあたしには、辛いですけど(笑) あのステキのちょっと押し付けはあたしはしんどいのですが、丁寧な手順とか、美味しい物好きのところは、いいとこどりで見ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/67791396

この記事へのトラックバック一覧です: ピーマンの肉詰め:

« アニノマスコール | トップページ | 星星の火 »