2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JOY | トップページ | 日本のいちばんながい日 »

2016年9月22日 (木)

老後の資金がありません

商品の詳細

 垣谷さんです。もうすぐ定年っていう50歳半ばの夫婦。オットさんは会社員、奥さんはパート勤め。ぼんやりしているなあ、って思っているムスメ(雑貨店でバイト中)が、なんだか地方の旧家のぼっちゃんと結婚することになった。相手のおうちとの釣り合い?とかで、結婚費用を300万円とか負担しなきゃならなくなった。

 

 えーえーえー!今ドキ、地味婚でいいじゃない?って思うけど、のーんきなオットは、「出してやれよ」「娘が肩身の狭い思いをしないようにさ」なんて言ってる。50代後半で、稼げるお金が見えてきているこの時期に、虎の子の貯金を使うなんて!って思うんだけどなあ。

 おまけに、オットの親がなくなって、ロクに人も来ないのに大きな葬式をさせられて、数百万!えーえーえー!そう、この年代って、ちゃんと考えないと「人並みな結婚式をさせてやらないと」とか「親の葬式も恥ずかしくないように」なんて、退職金も年金も、潤沢だった時代の文化を背負って、人並み人並みっていう幻想にとらわれて、中流階級が崩壊した今がわかってないっていう、ぼーんやりオットや、その親族のせいで、虎の子の1300万円の貯金がほとんどなくなっちゃう話です。

 うーん、もうこれ読むと、痛くて、怒りがこみあげてきて仕方がないんです。私が自分を投影している50代のパート主婦が、パートしながら子どもを育て、節約してやっと貯めてきた貯金を、まあ、いいじゃないかとロクに考えもせず使っていく子供や、オット。いやーー!!

 

 小説だから、極端なんでしょうけど、大なり小なりこんな感じの部分って誰にでもあるからーもちろん、あたしにもあるからー読んでて、こんなにイライラするんだろうと思うのです。あたしたちが、どういう時に生きていて、どういう未来を生きるのか、っていう認識は、過去しか知らない人間には、難しいのだろうけど、過去からも、今からも知れることはいっぱいあると思う。いつも、それを考えていたいと思ってます。ま、最後には、女性はみーんなたくましくって(ダメダメって思っていたぼんやり娘も)、男は女に引きずられてなんとかやっていくんですけどね。賢く、たくましく生きなきゃ!

« JOY | トップページ | 日本のいちばんながい日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/62604572

この記事へのトラックバック一覧です: 老後の資金がありません:

« JOY | トップページ | 日本のいちばんながい日 »