2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 老後の資金がありません | トップページ | アフロ記者が記者として・・・・ »

2016年9月22日 (木)

日本のいちばんながい日

 

 モックンが昭和天皇を演じて話題になった、昭和20年8月の終戦までの、あれこれの物語。天皇が、穏やかに苦しみながら、自分はどうなってもいい、日本の人たちが再度、自分の国を再建できるためなら、どこにでもいくから、なんでもするからとポツダム宣言を受託することを言うというのは、ある意味感動なんだと思います。軍関係者が、国体の保持だとか、天皇制の維持だとかを、宣言受託の条件にしようともめているのに、という中では。そういうことを描いた映画なんですがーつまり軍だって、自分のことを考えてたわけじゃない、天皇だってそうだ、っていうことでしょうけどー

 

これらの日程を見てみると、結果論ではあるのですが、もう数日、こういうことについて、速やかに決断できてれば、長崎が、とか広島がとか、毎日の空襲で、毎日の大陸の戦闘で、1日何万人もの人が苦しんでいたのが、と思うととてもやりきれないのです。それらの1人1人の命があり、喜びも悲しみの将来も、夢もあり、家族もあったのだと思うと、国体だとか、誰それがどうしただとか、あっちの見栄、こっちのプライドの張り合いがどうしても、どうしてもくだらなく思えちゃうのだ。そんなこと言っている間に、広島だよ、長崎だよって。わかってやってたことじゃないんだけどね。そんな気持ちがぬぐえないんですよ。見ながら。はあ。

 

« 老後の資金がありません | トップページ | アフロ記者が記者として・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/67309936

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のいちばんながい日:

« 老後の資金がありません | トップページ | アフロ記者が記者として・・・・ »