2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いつもの豆サラダ | トップページ | サテナムでエスニックサラダ »

2016年7月16日 (土)

沈みゆく大国アメリカ 逃げ切れ日本の医療

商品の詳細

 堤未果さんです。一貫して、日本とアメリカに視点をおいて、その経済、政治の潮流と、そこでの問題点を指摘してきている堤さんです。今回は、前作「沈みゆく大国」の後段に医療問題を書いていたところを拡大的に、日本の国民皆保険制度という世界的にも超すごい制度が、今どうなっているか、今、どういう危機的状況にあるかを警告する形になっています。

 よく、アメリカへ行くと医療費がすごい、保険に入っていなければ何百万、何千万円もかかる医療が受けられなければ病気になっても医者にかかれない。そして、保険もとっても高い、とかいいますよね。日本は、もちろん完全ではないけど、一応、国民皆保険制度があります。完全ではないけど、でも、それがあるだけでも、すごいことなんですよね。でも、この皆保険制度が保険、じゃなくて社会保障という制度だったのが、どんどん骨抜きにいろんな面からされている実態と、そこに喰いこんできている資本の論理をあばきます。あぎゃーーー!!!もういかんわーー!って思うようなあれこれ。あたしたち、どんだけ粗末にされ、命をお金にさらされ、搾取されればいいんだろうか、と思うあれこれです。

« いつもの豆サラダ | トップページ | サテナムでエスニックサラダ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/61574468

この記事へのトラックバック一覧です: 沈みゆく大国アメリカ 逃げ切れ日本の医療:

« いつもの豆サラダ | トップページ | サテナムでエスニックサラダ »