2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マルガリータで乾杯を | トップページ | 贖い »

2016年7月11日 (月)

書店ガール5

商品の詳細

 

 ドラマにもなった碧野さんの書店ガールシリーズの第5弾です。売れると、この勢いでともかく続編を出して売ってしまおうという魂胆って出がちで、そうなると質が落ちるっていうはありがちなんだけど、碧野さん、そうはさせません。

 

 主人公はどんどん変わって、今回は取手の駅中書店の店長を任されることになった若い書店員が主人公。駅中の書店だから、みーんな急いでささーっと買って、おつりをうけとるのももどかしい感じ。あとは通学や塾の途中によってくれる高校生とか。そんな駅中書店で、吉祥寺店のようなお客様との交流や本の情報交換ができるんだろうか、と悩み書店員さんが、いろいろ工夫しながらがんばる物語になっています。

 

 ほーんと、碧野さんって、本と本屋さんが好きなんだなあ、本を作っている人を大切に思っているんだなあ、ってわかるし、本にかかわるいろんな人たちの苦労や、工夫や、がんばりを取り上げていて、元気になるいい本です。こういう風にいろんな展開ありで、続いてほしいシリーズです。

 

« マルガリータで乾杯を | トップページ | 贖い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/66417652

この記事へのトラックバック一覧です: 書店ガール5:

« マルガリータで乾杯を | トップページ | 贖い »