2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カリフラワー入りのピクルス | トップページ | ゆるい生活 »

2016年7月18日 (月)

察しない男と説明しない女

商品の詳細

 

 男はこうで、女はこう、って読むとそーんなことないじゃん、って思う男も、女も(あたしだ)もいるだろうけど、著者も言っているように、男の要素と、女の要素が両方入っているのが人間で、その要素の配分の違いがそれぞれあって、あたしは、このくらいまざっているな、とか、相手(オットだったり、ツマだったり、恋人だったり、友人だったり、いろいろだけど)も、こっちの要素がこのくらい、こっちの要素がもっと多い、とか理解してみると、なーるほどな、って思うことがありそうな話。そして、それは固定的なものじゃなくって、習慣とか訓練とかで、長年のうちには変わってくるようなものだけど、なーるほどなあって思うこといっぱい。あたしは、たぶん、仕事ガラ、比較的男性的な要素を多めにもっているおばさんなんだろうけど、それでも十分、女性的な説明しない情緒や雰囲気で察するところを育ちからいっぱい持っていると思う。でも、それに頼らないで理屈っぽくしようと思っているところもある、そう思って自分を見てみると、これはこうだなあ、これはあっちだなあ、要素が混ざってるなっていうところが見てとれる。身近な家族や、仕事仲間や友人を見ても同じ。へえへえ、そうやって見てみると、自分の要素と異なる人(人間はみんな異なるからねえ)に対して、違うアプローチもありかな、とも思える。ふーん。

 

« カリフラワー入りのピクルス | トップページ | ゆるい生活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/66056917

この記事へのトラックバック一覧です: 察しない男と説明しない女:

« カリフラワー入りのピクルス | トップページ | ゆるい生活 »