2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 最後のイチゴで、ベリーベリージャム | トップページ | ロンゲストライド »

2016年6月 3日 (金)

ハードラック

商品の詳細

 薬丸さんが続いています。今回は、失職して、派遣切りにあって、日当仕事でネットカフェで暮らすようになった男性が主人公。アパートでシェアして住もうという誘いにのったばっかりに騙されて、なけなしのわずかな貯金もぜーんぶ取られてしまい、何かしてやろうと、同志を募って軽井沢のお金持ちの家に忍び込んだ。

 あれれ?どうやらはめられて殺人事件の犯人にされそうだし、お金はさして取れなかった。そこから、彼の無実を証明しようとする闘いと、警察の犯人を捕まえようとする動きがガゼン動き出します。

 いやー、この小説の展開はいろいろなんだけど、底辺に流れる、派遣切りとかにあうことで、ヒトは容易に転落の人生につながるということ、今は仕事も家庭も家があっても、あっと言う間に全部が失われてしまう可能性があるということがよーくわかります。仕事なんて、倒産しちゃったり、首になっちゃったりしたら終わり。家庭も、ただ、夫婦の合意の上にあるだけなので愛想つかされれば終わり。家は、ローンが払えなくなれば人手にわたるわけです。あー、家のローンは返しておこう、という問題じゃなく、すぐそばにある別の人生。そして、それにつけこむいっぱいの社会システム?振り込め詐欺の出し子だったり、演技者だったり、それを取りまとめる黒幕たち。ブラックな世界が口をあけてそこにあるということ。普段、縁がないように思えても、実はすぐそばにあるんだなあ、ということです。それを個人でリスクヘッジするのは限界がありますよね。せめて、家のローンを返して、多少の貯金をもって、ってことでしょうか。でも、そーんなのすぐなくなる気がする。家だって、家だけあっても、電気もガスも使えなければ暮らせないもんなあ。田舎に自給自足の家でしょうか。でも、ガソリン代がなければ暮らせない田舎。ふー。

« 最後のイチゴで、ベリーベリージャム | トップページ | ロンゲストライド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/60978179

この記事へのトラックバック一覧です: ハードラック:

« 最後のイチゴで、ベリーベリージャム | トップページ | ロンゲストライド »