2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 菜の花食堂のささやかな事件簿 | トップページ | 6月の別宅ー梅の収穫 »

2016年6月20日 (月)

うめ婆行状記

商品の詳細

 

 急逝された宇江佐真理さんの最後の長編です。急逝の報道があったとき、たしかこの作品が新聞連載中で、ご病気とか全然しらなかったので、えーえーえー!だって、今週も書いていらしたじゃない!?ってびっくりしたのです。

 

 このうめさんというのは、商売屋の娘があれこれあって、同心の嫁になって、うるさいオットさんや家族の世話をして、子供も4人産んで、やっと義父母を見送り、ケチで強欲な義姉にあれこれもっていかれたのもガマンして、オットが急逝しちゃったのです。同心は、長男が継いでいるし、娘たちも嫁に行ったし、気づまりな生活をやめて、生まれて初めてひとり暮らしして、気ままに暮らしたいわと、その時代ではびっくりな50歳過ぎて、ひとり暮らしをはじめる、そんなばあちゃんなのです。

 

 このうめさんが、ひとり暮らししながら出会う近所の人、実家の甥の問題、はじめて自分で梅干しをつけてみる話、同心の家で、あれこれ気づまりだったのが、町屋の娘に戻ったように、のびのびと暮らす様子。感じる寂しさ、うるさいばっかりと思っていたオットのこと、思いのほか思いやってくれてたんだなあ、と今更ながら感じること、しゃかしゃかしたばーちゃん(といっても、あたしとたいして変わらない年代)のウメさんの一人暮らしです。

 

 この物語、あれこれあるんですが、突然、終わっているんです。未完のままで。うめさんが、宇江佐さん、ご自身に見えてきて、どこかで元気に、シャキシャキの婆さんをやっていらっしゃると思いたいです。

 

 

 

« 菜の花食堂のささやかな事件簿 | トップページ | 6月の別宅ー梅の収穫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/65935679

この記事へのトラックバック一覧です: うめ婆行状記:

« 菜の花食堂のささやかな事件簿 | トップページ | 6月の別宅ー梅の収穫 »