2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あしたのパスタはあるでんて | トップページ | いわしと水菜のパスタ »

2016年5月30日 (月)

喝!迷える女子の人生相談

商品の詳細

 湯山玲子さんって、何している人か良く知らないんですけど、大手の出版社に勤めた後、独立した人らしいです。これは、ana-canの連載で好評だったんですって。30代前後の女性が、「誘い方がわからない」とか「ロクな男に会えない」とか「劣等感でいっぱいだ」とか、まあ、ありがちで、ありがちだけど、しょーもない悩みを湯山女史に相談するという形になっています。

 これに対して、湯山さんが言うのは「自分の道をちゃんと貫きましょう」「人がどう思うかじゃなくって、自分の中身を自分で磨きましょう」とか「専業主婦はリスクが大きいですよ」「そういうのに頼るのじゃなくって、自分が自立すれば、ふさわしいオトコも友人も出てきますよ」「面白そうな人には、自然に友人ができるんですよ、自分を高めましょう」ということを一貫して言いつづけます。「本命にしてもらえない」とか、「してもらえない!?」って思っちゃうけど。そういう悩みにガツーンと、暖かくも厳しい喝を入れてくれます。

 

うん、結婚してほしくって、なんとか認められたくって、相手に合わせてばっかりの女性(30代じゃなくっても、40代でも50代でもいますよねー)、相手に合わせている、ということも意識できてなくって、「一緒に居られたら楽しいからいいの」というのとか、どこかイライラします。あたしは、相手が面白い世界をもっていなくって、「一緒にいられるだけでいいいわ」って、くっついてこられたら、ジャマ臭くってたまらない。うるさくってたまらないですよ。魅力ないもん。そして「聞いて聞いて」ってしょーもない自分語りばっかりの話、みたい人。男女にかかわらず、うっとおしいですわねー。自分の好きなことも興味もなくって、一緒にいられたらいい、だけみたいな恋愛は、中学生くらいのガキでしょ。大人なんだからさー、もっと自分のもっている中身や、会話が魅力的で、いろいろ知ってて考えていて、そういう人と話していたいなあ、一緒にいたいなあ、もっと知りたいなあ、って思える人になろうよ、って思うのです。この湯山さんの喝!すっきりします。

« あしたのパスタはあるでんて | トップページ | いわしと水菜のパスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/60978140

この記事へのトラックバック一覧です: 喝!迷える女子の人生相談:

« あしたのパスタはあるでんて | トップページ | いわしと水菜のパスタ »