2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 虹色と幸運 | トップページ | ベリーベリーのジャム »

2016年5月12日 (木)

甘辛チキン

これも先日のつくおきっていう本で見ました。ムネ肉にフォークで穴をあけて、砂
糖(!)と塩をすり込んで、そぎ切りにしておく。その後、片栗粉をつけて揚げ焼き
にします。つくおきの場合には、小麦粉より片栗粉の方が、ベチョっとしないんで
すって。ほおーーー!!砂糖をすり込むっていうのも、へえへえ・・・

 そして、つくおきではこの段階で、ケチャップと豆板醤などのタレを絡めてしまう
のですが、私は帰宅後、そのくらいはできるので、揚げ焼きの状態で天ぷら紙にいれ
て保存。あとはタレの材料をまぜて朝でかければ、帰宅後、あっという間に甘辛味に
絡めたチキンになります。あたしより、家族の誰かがちょっとでも早く帰っていた
ら、タレ絡めるくらいなら、失敗もなくできるので、(頼まれて失敗されたり、不満
に思われると双方が不幸です)簡単です。つくおきって、全部自分がやらない場合で
も、作業を分解することで問題なく、誰でも手が出せるようにできることもメリット
です。
 ちょっとエビチリに似た味のチキンですが、卵入れても、青菜添えてもいい感じ。
こういう技を知って、あれこれ展開を考えるのもつくおきの醍醐味。ほおお、ゆで卵
とかもよさそうだなあ。
1457670800985.jpg

« 虹色と幸運 | トップページ | ベリーベリーのジャム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/64394201

この記事へのトラックバック一覧です: 甘辛チキン:

« 虹色と幸運 | トップページ | ベリーベリーのジャム »