2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« れんこんとひじきと大根葉のゆず胡椒マヨあえ | トップページ | 彼女は秘密の女ともだち »

2016年5月 1日 (日)

県民ごはん作ってみました 1と2

商品の詳細商品の詳細

 偶然、図書館で見たイラストマンガ。絵は下手です。あたし、仕事ガラ、日本中に出張があって、もう10年以上前に47都道府県ぜーんぶに足を踏み入れて降りて仕事してしまいました。その前、7-8年は高知県が、一つ残っているわーと思っていたくらいなので、46都道府県は、かなり前に回っちゃっています。そのくらい、あっちこっちに仕事で行く人生です。

 といっても、仕事ですから、観光的なことは全然なくって、できれば地元の物を食べたいなあ、なんて思うくらい(それもできないこともあります)の地味な移動です。こういうその土地土地の食べ物のネタ。それを作ってみようとする話題、嫌いじゃないです。

 作者さんは、どうも愛媛在住。女性らしいです。両親とご兄弟と暮らしていらっしゃる。あれこれ、地域の特徴のある食べ物を作って食べてみようとするわけです。

 

 といっても、郷土食っていうのは、基本、郷土の産物があっての郷土食なので、その地域の特産物を使ったりするわけ。まあ、この時代、あれこれお取り寄せもできるので、特殊なものじゃなければ、なんとかなるものも多いんですけどね。そこで、沖縄のサンターアンダーギーとか、秋田のきりたんぽとか作ってみたりするわけです。北海道のチャンチャン焼きとかね。ふむふむ・・・作り方はかなーりいいかげん、テキトー派なんですが、あたしが、ふーんって思うのは、その郷土食の言われとか、きっかけとか、そういうのを調べてみてる点。郷土食っていうのは、たとえば、きゅうりの味噌汁?って思うけど。それはでっかいきゅうりが特産だったりするわけ。普通のきゅうりをわざわざ味噌汁にしているわけじゃないよね。とか、そういう話。なーるほどねえ。絵もヘタだし、家族のつっこみもたいして面白くないし、イラストマンガとしては、実に大したことないんだけど、各地の食のことだけ、ちょっとふーん、

« れんこんとひじきと大根葉のゆず胡椒マヨあえ | トップページ | 彼女は秘密の女ともだち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/60607885

この記事へのトラックバック一覧です: 県民ごはん作ってみました 1と2:

« れんこんとひじきと大根葉のゆず胡椒マヨあえ | トップページ | 彼女は秘密の女ともだち »