2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヴィンセントが教えてくれたこと | トップページ | さつまいもの植え付け »

2016年5月19日 (木)

パラドックス13

商品の詳細

 東野さんです。こういうSFチックなのって、苦手感がいっぱいなので、読まず食わず、ちがった、食わず嫌いで放置してありました。ある日、13秒だけ世界がなくなっちゃう、という話です。13秒??

 なんだか、その原理はさっぱりわかりませんが(←当たり前)、世界がなくなるのです。そして、その前13秒間に死んだ人だけが、(って後でわかるんだけど)、その動物が一切いなくなり、人間がぜーんぶ消えた(死んでしまって遺体があるのではなく、消えちゃう)世界に残るのです。その数、とりあえず、東京周辺で13人。

 

 死滅した、いや、消滅した世界で生きている人に出会い、この世界を生き延びようとするときに、一体、秩序とは?正義とか?って思うと、確かに根本的に、何が正しいのか、どういう選択がいいのか、わからないんですよ。元の人間社会の正義感をもっても、あてはまらないじゃないか、っていうことがいっぱい。でも、人間の頭って、そうそうコロっと変えられるわけはなく、なんてところが、極限状態を描くことで、当たり前のことをもう一度疑い、何を求めるのかを考えられます。まあ、全体、うまいエンタメ小説になっていますから、十分、SF嫌いのあたしでも楽しめます。一気読み。

« ヴィンセントが教えてくれたこと | トップページ | さつまいもの植え付け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/60878484

この記事へのトラックバック一覧です: パラドックス13:

« ヴィンセントが教えてくれたこと | トップページ | さつまいもの植え付け »