2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ベリーベリーのジャム | トップページ | 休日の朝のパンケーキ »

2016年5月13日 (金)

時限発症

商品の詳細

 仙川さんです。2015年11月にご紹介した「侵入」という検疫官、西條亜矢のシリーズの2冊目です。仙川さんのこの検疫官のシリーズと、新人の新聞記者シリーズ、文庫書き下しで、楽しみにしています。

 今回は、意外なところから物語が始まります。都内で小料理屋さんをやっているシングルマーザーのお父さん75歳。国際ジャーナリストだったんだけど、最近は近所で囲碁を楽しんでいたのが、どうしてもと取材の依頼を受けて、アフリカ取材にでかけました。娘は心配して反対もしたんだけど、エボラの地域じゃないということなどから、でかけて、まあ無事に帰国したと成田から電話があったものの、あと数時間で帰宅するはずが、その後行方不明。連絡もないし、電話もつながらない。えーーー!?

 というところから、とんとんとストーリーが展開します。テンポもよく、なぜ?どうして?と不思議な気持ちになって、読者をひっぱります。

 あれよあれよと、国際的な問題と、テロの話になっていく仙川さんらしい、ジェットコースター的なストーリーと、実はその中で翻弄されるのは、ごく普通の娘を持ち、店をきりもりするシングルマザーなんだという現実が、ちょうどよくミックスされていて、一気読みの楽しい展開です。

 いや、仙川さん、いいなあ。このシリーズ続けてほしいです!

« ベリーベリーのジャム | トップページ | 休日の朝のパンケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/60681713

この記事へのトラックバック一覧です: 時限発症:

« ベリーベリーのジャム | トップページ | 休日の朝のパンケーキ »