2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジェラシックワールド | トップページ | ロールキャベツ »

2016年5月20日 (金)

悲嘆の門(下)

商品の詳細

 先日、ご紹介した悲嘆の門の下巻です。

 連続猟奇殺人事件と言われた事件が、全国各地で起こり、なーんと、パトロール会社の美人女性社長が惨殺死体として見つかる、という最悪のことが起こります。美人社長にあこがれていた、学生、幸太郎君は、自分の目と、そして人間としての存在を捨ててでも、この犯人を知るために、ガーゴイルの力を借りようと思うのです。

 このガーゴイルの不思議な力と、この世界に入った人たち、そして、その世界の門の設定は、あたしのようなリアルな凡人には、ちょっとわかりにくいのですが、わかろうとするよりは、そーなんだあーーとあたかも、空が青いんだあーみたいに所与の物として読むしかないです。

 そんな風に読んでいくと、これだけ、何もかもネットであれこれ取沙汰されて(もちろん玉石混交で)、そのつながりがいっぱいある世の中で、大切なのは、それでも、人間同志のことで、それが憎しみも愛も、支え合いも、思いもあるんだ、ということと、じゃあ、正義って?人を裁けるのは誰なのか、という問題まで思います。

 下巻はちょっとファンタジーの世界の要素が強くなりすぎな感で(あたしには)、もっとリアルな世界を描いた方が、凡人にはわかりやすいなあ、と思うことがあれこれ。宮部さんご自身はこういうのがお好きなんだろうなあってわかるんですけどね。

« ジェラシックワールド | トップページ | ロールキャベツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/60878490

この記事へのトラックバック一覧です: 悲嘆の門(下):

« ジェラシックワールド | トップページ | ロールキャベツ »