2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大根とハムのマリね | トップページ | バジルパン »

2016年4月28日 (木)

夢より短い旅の果て

商品の詳細

 

 先日、ご紹介した柴田よしきさんの「愛より優しい旅の空」が、鉄道ミステリーの2巻目だったのです。あたし、よしきさん、ほぼ全部読んでるつもりだったのが、おおー、このシリーズは知らなかったわ、ということで1巻を読みました。主人公の女の子が、鉄道「旅」研究会に入りたいために、その大学と一緒にやっている優秀な女子大に入学して上京して、会員になるために一つ、体験レポートを書くことになった、その最初の鉄道が、東急こどもの国線っていうところから始まります。あたし、関東西部で育っておりますので、東急こどもの国線っていう、長津田から、こどもの国までの間に1駅だけある電車知っているんですよ。寝るヒマもないくらい、5分とか8分くらいの短い路線なのです。そこから、スタートしたので、このタイトルなんだと思います。従兄弟のタカ兄ちゃんの行方不明ネタも1巻では謎のままで(2巻を先に読んじゃっているので、結末はわかっているんですが)、それでも、氷見線や飯田線、ゆいレールなど、あたしも知っている路線を乗って、いろいろ考えたりしていく様子は、とても面白いです。特に、飯田線!!あたし、何回も乗ったことがあるんですが、仕事で乗っているので、駅一つ一つ、こーんないろいろあるなんて知らなかったです。ともかく、長くて、各駅に止まるのが多くって、綺麗な路線なんですけどねえ。ゆいレールも、沖縄では必ず乗りますので、駅名が全部言えるし、(あ、あたしって、結構鉄オタかも)、楽しいです。

 

 柴田さんも、結構鉄道好きなんだなあ、って思いながら楽しい鉄道旅と、ミステリーを楽しみます。このシリーズ、もっと続いて欲しいなあ。

 

« 大根とハムのマリね | トップページ | バジルパン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/64980311

この記事へのトラックバック一覧です: 夢より短い旅の果て:

« 大根とハムのマリね | トップページ | バジルパン »