2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マーボ白菜 | トップページ | 聖なる黒夜 »

2008年2月 7日 (木)

プロヴァンスの贈り物

プロヴァンスの贈りもの

 都会の慌しい暮らしに疲れた人が、フランスの片田舎の素朴な人と自然に癒されるっていう安直な構図の映画じゃないかなあ、と思って期待値低く借りてきました。

 ま、そうです(大笑)

 そうなんだけど、プロヴァンスの圧倒的な自然、それを守って育ててなくなった主人公のおじさんとの記憶、周囲の人たち、大きなお尻で陽気な近所のおばさん、ワインづくり、なんていうのがふんだんに盛り込まれていて、期待値低かったせいか、結構楽しく見ることができました。

 いやーすごいねえ、フランスのど田舎って。いいなあ。ヨーロッパって結局、相当田舎なんだよね、ごく一部の限られたところを除くとね。その田舎の自然ぶりがすごいわ。田舎なんだけど、家も自然も暮らしも、町も豊かなんだよね、そういう田舎の豊かさ、日本はどんどん失われているような気がする。いくら都会が豊かそうに見えても(実はそうでもないと思うけど)、そういう周辺部、底上げがないと、日本って全然豊かじゃないよなあ、と思いながら、うーーっとり見るフランスの田舎。

 そして、このタレ目の俳優。ラッセル・クロウ。決してタイプじゃないけど(笑)、こういうタレ目って、憎まれないよねえ。45度以上下がっているよね。どこか、許せるように見えちゃう、性格悪い人なんだけどね。で、最近、オットがたれ目になってきたのを思い出す。決してタイプじゃないけど。うむうむ。

 というわけで、期待値低く見ると、結構楽しめる。少なくとも、先日ご紹介した、「ライトアップ」よりまし。

« マーボ白菜 | トップページ | 聖なる黒夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11799/9896554

この記事へのトラックバック一覧です: プロヴァンスの贈り物:

« マーボ白菜 | トップページ | 聖なる黒夜 »